閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:

カザフスタン:KAZ Minerals社のKoksayプロジェクト、中国NFC社が権益19.4%を取得

 2018年6月8日付の地元報道等によると、KAZ Minerals社は、中国有色金属建設(NFC)がKoksayプロジェクトに7,000万US$を投資することで合意したと発表した。これに伴い、NFC社は同プロジェクトの権益19.4%を取得する。
 NFC社による投資は、FSを含むプロジェクト関連文書の作成等に充てら・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:RCC社、Dzhusinskoe鉱床坑内掘り鉱山の操業許可を取得

 2018年6月4日付の地元報道等によると、ORMET社(Russian Copper Company(RCC)社傘下)は、2018年5月、Dzhusinskoe多金属硫化物鉱床(オレンブルク州アダモフカ地区)における坑内掘り鉱山第一フェーズ施設の操業許可を沿ヴォルガ連邦管区地下資源利用局より取得した。このプロジェクト・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

カザフスタン:KAZ Minerals社の2018年第1四半期の生産実績

 2018年4月26日付の地元報道等によると、KAZ Minerals社の2018年Q1の銅生産量は6万7,300tで、前期(6万5,200t)比3%増、前年同期(5万2,100t)比29%増となった。生産量増加は、Bozshakol鉱山とAktogay硫化鉱選鉱プラントの生産拡大を継続したことによる。2018年の銅の・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Norilsk Nickel社の2018年第1四半期の生産実績

 2018年4月26日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社の2018年第1四半期(Q1)の生産実績は、以下のとおりである。
 ニッケル総生産量は5万4,000t(前年同期比1%増)、自社原料によるニッケル生産量は5万3,000t(前年同期比8%増)であった。生産量増加は、生産施設再配置により、北極圏・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル パラジウム プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

カザフスタン:BAST社、Maxut鉱床の鉱石年間処理能力を3.5倍増へ

 2018年4月25日付の地元報道等によると、鉱業企業BAST社は、東カザフスタン州Maxut鉱床の銅・ニッケル鉱石年間処理能力を3.5倍増の140万tに拡大するため、2019年中に新規処理施設(鉱石年間処理能力100万t)を建設する予定である。
 Maxut鉱床は、中規模での鉱床であり、硫化鉱中のカテゴリC1+C2・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Norilsk Nickel社、Bystrinsky採鉱選鉱コンビナートの銅精鉱の初ロットを中国に出荷

 2018年4月23日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel 社は、Bystrinsky採鉱選鉱コンビナート(Bystrinsky GOK)の製品の初ロット(銅精鉱1,500t)を中国の取引先に出荷した。4月末までにさらに3,000tの出荷を予定している。現在、製品の優先販売先は中国となっているが、他のア・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ウズベキスタン:AGMK、2021年にはYoshlik II銅鉱床の操業開始へ

 2018年3月20日付の地元報道等によると、ウズベキスタンの銅生産独占企業Almalyk Mining-Metallurgical Complex(AGMK、タシケント州)は、2021年にYoshlikⅡ銅鉱床(タシケント州ピスケント地区)の操業開始を予定している。坑内掘による開発(年間採鉱能力200万t)で、鉱床の・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

カザフスタン:AMK社の2017年実績

 2018年3月20日付の地元報道等によると、Aktyubinsk Copper Company(略称AMK、Russian Copper Company傘下、カザフスタン・アクトべ州)の2017年の業績に関して、銅精鉱(純分)生産は5万8,000t、亜鉛精鉱(純分)生産は5万2,000tとなり、生産計画をそれぞれ2%・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:RCC社の2017年実績

 2018年3月28日付の地元報道等によると、Russian Copper Company(RCC社)の2017年の業績に関して、収益は1,300億RUBで前年比6%増、純利益は162億RUBで前年並みであった(ロシア会計基準)。
 2017年の生産量は、銅カソード18万3,000t(前年比3%増)、銅線材10万4,・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Rosgeologia社、沿海地方の金・銅有望エリアで探査予定

 2018年3月16日付の地元報道等によると、Dalnevostochnoe PGO社(ウラジオストク市、Rosgeologia社傘下)は、2018~2020年にMalakhitovaya鉱床域(沿海地方)の金含有斑岩銅鉱化の探査を行う。
 この探査はRosgeologia社と極東連邦管区地下資源利用局(Dalned・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ウズベキスタン:Rio Tinto、ウズベキスタンでの銅探査の可能性

 2018年3月5日付の地元報道等によると、ウズベキスタン政府が豪英Rio Tintoとの協力再開に取り組んでいる。ウズベキスタン国家地質鉱物資源委員会(Goscomgeology)は、ナマンガン州Gava有望エリアでの銅発見に向けた地質探査ライセンス(5年間)を2012年にRio Tintoに供与したが、同社は地質探・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ウズベキスタン:ロシアRosgeoperspektiva社、ウズベキスタンで銅及び金の探査を開始

 2018年2月14日付の地元報道等によると、ロシアのRosgeoperspektiva社(チェリャビンスク市)が2018年からウズベキスタン・ナヴォイ州において金及び銅の有望エリアの調査を開始する。
 ウズベキスタン国家地質鉱物資源委員会(Goscomgeology)によると、Rosgeoperspektiva社と・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:バシコルトスタン共和国で大規模な銅・亜鉛鉱床を発見

 2018年2月9日付の地元報道等によると、Severo-Kavkazskoe PGO社(Rosgeologia社傘下)は、2017年、Novopetrovskayaエリア(バシコルトスタン共和国)における硫化銅鉱床の探査を完了し、絹雲母・緑泥石・石英組成の変質岩の中に、多層化した脈状鉱染・濃集鉱染・塊状の硫化銅鉱床を・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

カザフスタン:KAZ Minerals社の2017年生産実績

 2018年1月25日付の地元報道等によると、KAZ Minerals社の2017年生産実績は以下のとおりであった。
 2017年の銅生産量は、前年(14万4,000t)比80%増の25万9,000tであった。この増加は、Aktogay鉱山における硫化鉱からの銅生産開始(同鉱山の銅生産量は2017年9万t、2016年・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Norilsk Nickel社の2017年生産実績と2018年生産予想

 2018年1月31日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社の2017年生産実績と2018年生産予想は以下のとおりであった。
【ニッケル】
 2017年のニッケル生産量は21万7,000t(前年比8%減)であり、利益率の低い外部原料処理の削減等によるものである。また、自社原料によるニッケル生産量は2・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) ニッケル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Rosgeologia社、ムルマンスク州で白金族金属の大規模鉱徴を発見

 2018年1月12日付の地元報道等によると、North-West PGO社(Rosgeologia社傘下)は、2017年、ムルマンスク州Monchegorsk鉱産地方(Nittis-Kumuzhya-Travyanaya及びNyud-Moroshkovoeエリア)において、ニッケル52万5,000t、銅46万4,00・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル パラジウム プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

キルギス:KAZ Minerals社、Bozymchak鉱床の生産を再開

 2017年11月3日付の地元報道等によると、KAZ Minerals社は、キルギス政府の決定により2017年11月2日より3か月の予定で一時停止されたBozymchak銅・金鉱床(キルギス)における操業を11月3日に再開した。同社によると、操業停止の取り消し通知をキルギス政府から受領し、採鉱選鉱コンビナートはフル生産・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Norilsk Nickel社の2018~2020年の戦略

 2017年11月20日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社は、2018~2020年の自社原料によるパラジウム及びプラチナの年産量を約100~105tと予想している。また、2018~2020年のニッケル年産量は21万~21万5,000t、銅年産量は40万~42万t(Bystrinskyプロジェクトを除・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル パラジウム プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Norilsk Nickel社、クラスノヤルスク地方の生産施設を近代化

 2017年11月3日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社のNadezhda製錬プラント(NMZ)では、粗銅生産工程の改良を目的とした銅マット連続転化施設の建設が予定されている。同施設における粒状銅マットの日産量は2,400tとなる。NMZは世界最先端のニッケルプラントの一つで、Norilsk Nic・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

カザフスタン:KAZ Minerals社の2017年第3四半期及び1~9月期の生産実績

 2017年10月26日付の地元報道等によると、KAZ Minerals社の2017年第3四半期(Q3)及び1~9月期の生産実績は以下のとおりであった。
 2017年1~9月期の銅生産量は19万3,300tで、前年同期(9万8,600t)比ほぼ倍増となった。2017年Q3の銅生産量は、Aktogayプロジェクトの生産・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ