閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:

ペルー:Minsur社、Mina Justa銅プロジェクト2020年に生産開始

 2018年8月3日付け地元紙によると、Minsur社は、Mina Justa銅プロジェクト(Ica州)における生産を2020年第4四半期に開始し、数か月間のランプアップ期間を経て2021年初頭にフル生産体制に入る見通しのほか、Marcobre社を引き続きオペレーターとする方針を明らかにした。
 本プロジェクトには総・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:2018年第1四半期の鉱物輸出額

 2018年7月18日付け地元紙は、鉱業冶金省のデータによれば、2018年第1四半期の鉱物の輸出額は668.2mUS$で、前年同期比で24%増となったと伝えた。亜鉛、金、アンチモン、鉛、タングステンの輸出が好調で、錫、銀、銅等は不調であった。輸出の67.8%がアジア14か国に向けられ、その内訳は、韓国184.9mUS$・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン タングステン 亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:2018年6月鉱産物生産量

 2018年7月30日、エネルギー鉱山省は2018年6月及び上半期の鉱産物生産量を発表した。
 2018年6月の主要鉱産物生産量は、前年同月比で銅1.58%減、金2.57%減、亜鉛1.68%減、鉛14.59%減と軒並み減産した。このうち銅については、Cerro Verde社による2018年6月の生産量は9.3%の増産・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン 亜鉛 鉄鉱石
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Cerro Verde銅鉱山生産量

 2018年7月26日付け地元紙によると、Freeport-MacMoRan社は、Cerro Verde銅鉱山(Arequipa州)の選鉱処理能力を409,000tpdに拡張するための許認可を2018年3月に取得し、同年6月における処理能力が平均385,300tpdとなったことを明らかにした。
 さらに、Cerro ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:MMG社、Las Bambas銅鉱山は減産も同社全体では増産を達成

 2018年7月25日付け地元紙によると、MMG社は、2018年上半期において、ペルーのLas Bambas銅鉱山が減産したものの、同社全体の銅生産量は前年比で3%増加したことを明らかにした。
 MMG社の2018年上半期生産量は、銅265,149t、亜鉛105,361t、鉛22,207tで、亜鉛は前年のおよそ3倍、・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン 亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Anglo American社、Quellaveco銅プロジェクト開発決定を発表

 2018年7月26日付けエネルギー鉱山省及び地元紙によると、7月26日、Vizcarra大統領は、Anglo American Peru社のLuis Marchese社長、ペルー三菱商事の宇根洋次郎社長と共に、Quellaveco銅プロジェクト(Moquegua州)の開発決定を発表した。大統領府で行われた記者会見には・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Marcobre社、Mina Justa銅プロジェクトにおける追加ボーリング調査を計画

 2018年7月20日付け地元紙によると、Marcobre社(Brecaグループ)は、Mina Justa銅プロジェクト(Ica州)において63mUS$を投資し、より多くのボーリング調査実施を目的とした探鉱計画の変更を申請した。エネルギー鉱山省に提出された申請書によれば、同社は約100か所の試錐座や設備エリアの位置変更・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Hudbay社、Constancia銅鉱山における銅の回収利率向上を目指す

 2018年7月18日付け地元紙によると、Hudbay Minerals社(本社トロント)は、2018年第2四半期におけるConstancia銅鉱山(Cusco州)の銅生産量は26,817tで、前年同期比10%減となったことを明らかにした。
 また、銀の回収率は前年同期比で若干低下したものの、金の回収率は増加したこと・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:La Oroya精錬所とCobriza銅鉱山、買収期限の再延長を承認

 2018年7月16日付け地元紙によると、Doe Run Peru社の従業員団体が、Cobriza銅鉱山(Huancavelica州)とLa Oroya精錬所(Junin州)の買収に必要な139mUS$のうち、80%に相当する112mUS$を中国企業のSamsel Group社とShunxing Internation・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:ペルー鉱業石油エネルギー協会(SNMPE)会長、金属価格下落に言及

 2018年7月12日付け地元紙によると、ペルー鉱業石油エネルギー協会(SNMPE)のDe la Flor会長は、中国と米国の貿易摩擦を主な要因とする銅価格の下落は、鉱業投資には影響しないとの見通しを示した。
 会長は、金属市場のファンダメンタルに基づき、銅価格は長期的に上昇する見通しであるとしたほか、短期的にも国内・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Panoro Minerals社、Cotabambas銅金銀プロジェクト探鉱を継続

 2018年6月27日付け地元紙によると、Panoro Minerals社(本社バンクーバー)は、Cotabambas銅金銀プロジェクト(Cusco州)のMaria Joseエリア及びPetro Davidエリアで実施した6本のボーリング調査の追加結果を発表した。同社のShaheen社長は、本調査によって両エリア共に、・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Vizcarra大統領、Tia Maria銅プロジェクトについてコメント

 2018年6月25日付け地元紙によると、Vizcarra大統領は、Tia Maria銅プロジェクト(Arequipa州)について、政府にとって現時点における優先案件ではないとし、本プロジェクト実施の可能性については、適切な時期に地域住民や地方自治体と共に検討したいとの考えを示した。
 さらに、年内に地方選挙が実施さ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Aruntani社、Utunsa金プロジェクトにおける生産を開始

 2018年6月25日付け地元紙によると、Aruntani社のDel Castillo社長は、Utunsa金プロジェクト(Apurimac州)における生産を3月に開始したことを明らかにした。本鉱山では今後5年間にわたり、年間80,000oz(約2.5t)の金を生産するほか、1日あたりの粗鉱処理量は15,000~20,0・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Cerro Verde銅鉱山、選鉱処理量拡大の認可取得

 2018年6月25日付け地元紙によると、Cerro Verde銅鉱山(Arequipa州)は、C2選鉱プラントの粗鉱処理量を、240,000tpdから280,000tpdに拡大するための許認可をエネルギー鉱山省より取得したことを明らかにした。
 本プラントは硫化鉱の銅やモリブデンを対象としており、より自動化が進めら・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:住友商事、Yanacocha鉱山に参画

 2018年6月20~22日付け地元各紙によると、住友商事は、Yanacocha鉱山(Cajamarca州)を操業するMinera Yanacocha社の権益5%を、48mUS$で取得することで、Newmont Mining社、Buenaventura社と合意したことを発表した。これにより、Minera Yanacoc・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Auryn Resources社、2018年第4四半期にSombrero金・銅プロジェクトでボーリングを開始

 2018年6月20日付け地元紙によると、Auryn Resources社(本社バンクーバー)は、第4四半期から、Sombrero金・銅プロジェクト(Ayacucho州)における最初のボーリング調査を開始する計画を明らかにした。同社のBebek社長は、地表調査の結果、新たに99m間で品位:Cu 0.42%及び105m間・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Doe Run Peru社従業員団体、中国企業の資金提供によるLa Oroya精錬所とCobriza銅鉱山買収を発表

 2018年6月18日付け地元紙によると、6月14日、Doe Run Peru社の従業員団体は、Cobriza銅鉱山(Huancavelica州)とLa Oroya精錬所(Junin州)の買収に必要としていた資金を確保したと発表した。
 従業員団体代表のCastillo氏によると、中国企業のSamsel Group社・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:三菱商事、Quellaveco銅プロジェクト権益40%に増加でAnglo Americanと合意

 2018年6月14日付け地元各紙によると、Anglo Americanは、三菱商事が保有するQuellaveco銅プロジェクト(Moquegua州)の権益を18.1%から40%に増加することで両社が合意した旨明らかにした。
 Anglo Americanによれば、Quellaveco銅プロジェクトを所有するAngl・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Volcan社、Animon鉱山とIslay鉱山の操業を再開

 2018年6月14日付け地元紙によると、Volcan社は、子会社Chungar社が操業しているAnimon亜鉛・鉛・銅鉱山及びIslay亜鉛・銀鉱山(共にPasco州)は、安全上の理由により5月末から操業を停止していたものの、安全確認が完了したことから操業を再開したことを明らかにした。
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:ペルー政府とSouthern Copper社、Michiquillay銅プロジェクト権益移譲契約を締結

 2018年6月13日付け地元各紙によると、6月12日、ペルー政府とSouthern Copper社は、Michiquillay銅プロジェクトの権益移譲契約を締結した。投資額は約2,500mUS$にのぼる。
 Southern Copper社のGonzales社長は契約の調印後、2019年の詳細設計から初期投資を開始・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ