閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:

中国:2020年1~2月分銅製品輸出入への感染拡大の影響

 安泰科によれば、2020年1~2月、中国の銅精鉱輸入量は対前年同期比1.38%減の376.78万tとなった。銅精鉱の輸出は無かった。銅地金の輸入量は対前年同期比8.35%増の60.11万t、輸出量は対前年同期比1.93%減の5.55万tとなった。銅スクラップの輸入量は対前年同期比48.82%減の11.95万t、輸出量・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

セルビア:紫金鉱業の海外鉱山生産・建設事業は安定稼働

 安泰科によれば、新型コロナウイルス肺炎感染症の広がりが世界的に深刻化し、欧米各国も厳しい状況に直面するなか、紫金鉱業集団の海外での生産・建設事業は全体的に穏やかに運行している。3月16日までに、当集団の国外13か所の鉱山では、同感染症の症例や感染の疑いのある症例等は出ていない。生産や建設事業は計画通りに進捗し、稼働中・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:江西銅業社の生産能力が95%まで回復、鉛亜鉛生産量が年度計画の112.9%を達成

 安泰科によれば、2020年3月4日、江西省所属企業のうち生産関連企業は、全てが生産・操業を再開した。操業復旧率は、現在95%に達している。従業員の復帰率は96%に達し、10億元以上の重要事業110件は全てが建設を再開した。江西銅業集団の操業率は、いちばん低い時期の65%から95%に戻った。鉱山や製錬も安定生産状況に達・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:新型コロナウイルス肺炎感染による圧力が緩和されるも、銅製錬企業は依然として課題を抱えている

 安泰科によると、中国国内で広まった新型コロナウイルス肺炎感染が2020年1月下旬より各業界に大きな影響を与えている。銅製錬企業では、国内各省・市・県等が実施する隔離検査により貨物の輸送、積み下ろしが滞り、また、消費の停滞により企業活動に影響がでている。感染拡大防止措置の強化により、各地域では生産再開の延期や地方から戻・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:非鉄金属企業の生産再開状況

 現地報道によれば、中国有色金属工業協会が会員企業1,093社に実施した調査によると、2020年2月26日までの企業の生産再開率は76.5%で、2月19日と比べて9.2ポイント増加した。現場に復帰した従業員は72.4%となり、同5.4ポイント増加した。非鉄金属製錬及び銅アルミニウム材生産企業241社へのアンケート調査結・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 ベースメタル アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2020年第2四半期の非鉄金属市場は、次第に回復する見込み

 現地報道によれば、中国有色金属工業協会は2020年第1四半期において非鉄金属業界は製品価格の低下、コスト上昇、企業経済利益の減少等課題を抱えると予測した。中央政府は感染による影響を緩和するため、より良い政策を公表しており、新型コロナウイルス肺炎による感染拡大が有効に規制されることによって、最終消費者企業は生産を再開し・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2020年1月、国内銅カソード生産状況について

 安泰科によると、2020年1月のサンプル企業22社の銅カソード生産は対前年同月比4.2%減の650千tで、対前月比14.5%減少した(修正後12月のデータは760千t)。2020年1月は、中国旧正月休暇、環境保護による生産規制さらに新型肺炎感染拡大が、銅カソードの生産に影響を与えており、対前年同月や前月と比べ、ともに・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2020年銅スクラップ・アルミニウムスクラップ・鉄鋼スクラップの輸入ライセンス量(第3回分)を公表

 安泰科によれば、2020年第3回分の銅スクラップ・アルミニウムスクラップ・鉄鋼スクラップのライセンス量が発表された。銅スクラップの輸入量が4,620t、アルミスクラップの輸入量が1,440t、鉄鋼スクラップの輸入量が2,670tと設定され、第2回分と比べ大幅に減少した。第2回の輸入ライセンス量は銅スクラップ2万6,5・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

米・中国:中米貿易協議「第1段階」ベースメタル市場への影響は限定的

 2020年1月15日、米中両国は、米国で貿易協議「第1段階」の合意文書に署名した。中国は今後2年間で2017年比で総額200bUS$相当について米国からの輸入を増やす。主にエネルギー、農産品及び工業製品の調達である。
 エネルギー市場分野では、主に原油、LNG、化学工業製品及び石炭について過去2年間で52.4bUS・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 ベースメタル 鉄鉱石 ニッケル
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2019年12月銅カソード生産状況

 安泰科によると、2019年12月のモデル企業22社の銅カソード生産量は、対前年同月比4.0%増の76.0万t、対前月比3.5%増加した(修正後の11月生産量は73.4万t)。同月における国内製錬所は点検計画の実施予定がなかったため、銅カソードの生産量に対する影響は少なかった。年末になると年間生産計画を達成するため、一・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

DRコンゴ:中国有色集団社、DRコンゴDeziwa銅・コバルト鉱山とLGSプロジェクトの操業開始

 現地報道によれば、、中国有色集団社はDeziwa鉱山及びLualaba銅製錬プロジェクト(LGS)に投資・建設し、2020年1月15日Kolwezi市で開山式を開いた。中国有色集団社は1998年にザンビアに進出しており、海外で次々と銅鉱山、湿式銅製錬所、乾式銅製錬所を建設したほか、アフリカで初の海外経済貿易協力区を設・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

セルビア:中国能建企業、Timok銅・金プロジェクトの土木建築工事を落札

 中国能源建設株式有限公司傘下の天津分公司は、セルビアTimok銅・金プロジェクトの土木建築工事(変電所1か所を含む)を落札した。当該事業は紫金鉱業社によるものである。Timok銅・金プロジェクトはセルビアの東部に位置し、当該国の行政及び鉱業の中心都市であるBor市から約5km、ベオグラードから245kmに位置している・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:中国黄金集団資源有限公司、傘下の銅鉱山資産を売却処理中

 安泰科によれば、2019年12月31日、北京財産権取引所からの情報として、中国黄金集団資源有限公司は、1元の最低譲渡価格でDaolundaba(道伦达坝)銅鉱開発有限公司の63%株式権益を入札にかけ、売却する。Daolundaba銅鉱開発有限公司は、2001年に内モンゴル自治区シリンゴル盟で設立し、主に金多金属鉱床、・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:中国五鉱集団有限公司、海南でRio Tintoと探査合弁会社を設立

 安泰科によれば、中国五鉱集団有限公司は、Rio Tintoと探査合弁会社を共同設立し、2019年12月30日に海南省三亜で開業式を行った。本合弁会社は、五鉱Rio探査有限責任公司と称される。
 同社の工商登記は2019年8月23日に手続きを終え、三亜市オリジナリティー産業団地を登録地としており、登録資本金は2億元で・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2020年銅スクラップ輸入認可ライセンス(第1期分)発行

 現地報道によれば、2019年12月23日、2020年固体廃棄物輸入制限類認可ライセンス(第1期分)が発行された。銅スクラップの輸入に関わるライセンス量は27万885tで、2019年に輸入した銅スクラップの平均品位80%で推計すると、おおよそ金属量21.7万tに相当する見込み。今回発行した輸入許可ライセンスは、2020・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2019年11月、国内銅カソード生産状況について

 安泰科の調査研究データによると、2019年11月のサンプル企業22社の銅カソード生産は対前年同月比8.9%増の738千tで、対前月比4.3%減少した(修正後10月のデータは770千t)。2019年11月、江西銅業社は1号フラッシュ製錬炉の稼働を一時停止、48日間をかけ定修を実施したが、他の製錬所は定修を実施しなかった・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

加:中江西銅業社、1.116bUS$でPCH社の100%株式権益を買収

 安泰科によれば、江西銅業傘下の江西銅業(香港)投資有限公司(JCCI社)は、PIM Cupric Holdings Limited(PCH)社の株式権益を買収すると発表した。加Pangaea Investment Management Ltd.(PIM)社は、当該企業の100%の権益を保有している。当該買収事業の取引・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:玉龍銅鉱山第2期事業は、2020年10月に生産開始予定

 現地報道によれば、西部鉱業社の責任者は、2019年第3四半期の成果交流会で同社傘下の製錬企業3社(青海西豫有色金属有限公司、青海銅業有限責任公司、西部鉱業株式有限公司亜鉛業子会社)を紹介した。そのうち西豫有色社は、2017年7月に鉛製錬技術の改善を行い、電解鉛の生産能力を100千t/年に引き上げた。青海銅業社は100・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

DRコンゴ:中国有色鉱業集団のDeziwa銅・コバルト鉱山、2つのLCS乾式製錬プロジェクトが同時に生産開始

 安泰科によれば、2019年11月18日、中国有色鉱業集団有限公司(以下、中国有色集団)は、DRコンゴで投資建設しているDeziwa銅・コバルト鉱山の試運転に成功した。その2日後の11月20日、隣接するLCS乾式製錬所の試運転も順調に開始した。当該製錬所は、中国有色集団と雲南銅業社の共同投資案件である。Deziwa銅・・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

エクアドル:Mirador銅鉱山の最初の精鉱を中国に輸出

 現地報道によれば、Mirador銅鉱山で採掘された19千tの銅精鉱は、Mirador鉱山からGuayaquil港に運ばれ、中国国内での製錬向けとして、輸出の準備に入った。Zamora-Chinchipe省に位置するMirador銅鉱山開発事業は、エクアドルにとって大規模な単体鉱山の開発事業である。中国鉄建公司は銅陵有・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ