閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:

中国:1~5月の固体廃棄物輸入量、前年同期比半減、2021年より全面輸入禁止へ

 現地報道によれば、生態環境部は6月30日に行った定例会見で、海外からの廃棄物輸入関連状況について説明した。2017年以降、海外からの廃棄物輸入禁止政策における固体廃棄物輸入政策の改善が順調に進み、固体廃棄物の輸入種類や数量が大幅に減少している。
 2020年1~5月の固体廃棄物輸入量は前年同期比45.3%減の322・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト その他
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

ペルー:中国銅業有限公司傘下Minera Chinalco Peru社、Toromocho銅鉱山の第2期建設事業再開

 安泰科によれば、中国銅業有限公司傘下のMinera Chinalco Peru社のToromocho銅鉱山の第2期建設・試運転事業が再開した。新型コロナウイルス感染拡大防止のため鉱山作業員の75%が退避し、最低限の人員で鉱山操業を行っていたが、外出禁止令の延長で深刻な影響を受けていた。第2期事業の中断期間中、同社は、・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:紫金鉱業が巨龍銅業50.1%の権益を買収、チベットにおける銅鉱資源開発も視野に

 安泰科によれば、紫金鉱業集団は全額出資子会社であるチベット紫金鉱業を通じ、チベット巨龍銅業の権益50.1%を、38.83億元で取得すると発表した。巨龍銅業の銅金属保有量は795.76万tで、モリブデン金属量37.06万tを含有している。2019年末時点の国内全体の銅埋蔵量は11,443.49万tあり、うち紫金鉱業が保・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム ボロン/ホウ素 モリブデン
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:2020年5月、国内銅カソード生産状況について

 安泰科によると、2020年5月のサンプル企業22社の銅カソード生産は前年同月比7.7%増の67.8万tで、前月比2.7%増となった(4月の修正後データは69.7万t)。5月は、中国アルミ寧徳公司ら製錬企業の点検作業の実施、赤峰金剣銅業有限責任公司の移転作業が生産量に影響した。生産量の増加率は前月比では縮小、前年同月比・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

中国:中国、2019年新規ボーキサイト資源量2.01億t増加へ

 安泰科によれば、中国自然資源部の「2019年国内地質探査成果通達」によると、2019年国内地質探査投資額は172.11億元となった。2019年末時点で、有効な非石油天然ガスの探査権は11,373件(うち新規登録503件)、登記探査面積は17.39万km²であった。探査の成果として、国内79か所の鉱徴地が新たに発見され・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト フッ素/蛍石 亜鉛 鉄鉱石 アルミニウム/ボーキサイト タングステン マンガン モリブデン リン
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ