閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:

チリ:Teck社、COVID-19に対応しQuebrada Blancaフェーズ2の建設を一時中断

 2020年3月18日付け地元紙によると、Teck Resources社は、新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)の伝播を制限する努力をしているチリ政府を支援するため、Quebrada Blancaフェーズ2(QB2)の建設活動を一時中断することを発表した。一時中断する期間は2週間であり、その後再評価される。QB・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:CODELCO、2020年の投資額3.65bUS$を承認

 2020年3月11日付け地元メディアによると、CODELCOの役員会は2020年の投資額として3.65 bUS$を承認したと報じた。この額は、過去2年間の投資額(2019年3.63 bUS$、2018年3.55 bUS$)を上回る。内訳は、大型開発プロジェクト1.617 bUS$、継続中プロジェクト1.812 bUS・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:NuevaUnión社、プロジェクトの最適化のため152mUS$を投資

 2020年2月20日付け地元メディアによると、NuevaUnión社(Teck Resources社50%、Newmont社50%)は、プロジェクトの最適化を目的にLa Fortuna(El Morro)鉱床での2つの試掘活動に152mUS$投資するため、環境評価局(SEA)に環境影響評価(EIA)を提出した。当初、・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:加Capstone社、Santo Domingo銅・鉄・金プロジェクトにおいてコバルトの生産を追加したPEAを発表

 2020年2月19日、加Capstone社は、1年前に発表したSanto Domingo銅・鉄・金プロジェクトの技術レポートにコバルトの生産を加えた予備的経済評価(PEA:Preliminary Economic Assessment)を発表した。ベースケースは、税引き後NPV 1.03bUS$(割引率8%)、IRR・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石 コバルト
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:2019年チリ銅生産量は前年比0.8%減の5.78百万t

 2020年2月8日付けで地元メディアは、Cochilcoが発表した2019年チリの銅生産量について、前年比0.8%減の5.78百万tであったと報道した。CODELCOの生産量は5.6%減少し、前年の1.8百万tから過去11年間で最低の1.7百万tに、Escondida鉱山は鉱石品位低下が原因で、2018年の1.24百・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:BHP、Escondida銅鉱山がアンデス高地帯水層からの採水を止め、全量海水利用に

 2020年2月4日付けでBHPは、Escondida銅鉱山がMonturaqui盆地の地下水を採水するための環境認可手続きを中止したことを発表した。同鉱山は、認可が失効した2019年12月31日まで同盆地から約1,400L/秒で地下水を採水しており、2020年から最大428L/秒で採水するための環境認可手続きを開始し・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:Teck社、Quebrada Blancaフェーズ2に使用する再生可能エネルギー118MWの購入契約を締結

 2020年2月3日付け、Teck Resources社は、AES Gener社と長期の再生可能エネルギーによる電力購入契約を締結したことを発表した。操業を行う現地会社Compañía Minera Teck Quebrada Blanca S.A.(CMTQB)は、既にAES Gener社と21MWの太陽光発電による・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:チリ・鉱業審議会、新税制により鉱業が地方に434mUS$の税収をもたらすと予想

 地元メディアによると、鉱業審議会(Consejo Minero:チリで活動する大手17社の鉱山会社組織)は、現在国会で審議されている税制改革法案に、「地方で実行される10mUS$を超える大規模な投資プロジェクトに対して1%課税」が含まれているとコメントした。環境影響評価システム(SEIA)に登録されているプロジェクト・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:Cochilco、2020年の銅価格を2.85US$/lbと予想

 2020年1月30日、Cochilcoは2020年の平均銅価格について、前回予想(2019年7月の2.9US$/lb)から下方修正し、2.85US$/lbと発表した。これは2019年の平均価格2.72US$/lbに比べ、13¢高い。2021年については、2.95US$/lbと予想している。Cochilcoの説明による・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:Cochilco、2030年までの国内銅生産を予想 ピークは2027年の7.3百万t

 2020年1月27日付けの地元メディアによると、Cochilcoは2030年までの年間国内銅生産量を、2030年には2019年比20.5%増の7.04百万tとなるが、生産量のピークは2027年の7.33百万tと予測している。カソードを生産するSxEwプラントが31から19に減少し、10年間で生産量は52.6%減少する・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:Cochilco、銅鉱業における水とエネルギー消費予測に関するレポートを発表

 2020年1月23日、CochilcoはAdolfo Ibáñez大学工学部との共同研究の成果として、同大学において2030年までの銅鉱業における水とエネルギー消費予測に関するレポートを発表した。鉱山会社の海水淡水化プラントの建設に伴い、2030年には鉱山における海水利用は水消費の47%、11m3/秒にまで増加し、陸・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:BHP、2019年下半期の生産実績、2020年の見通し、Spence銅鉱山拡張工事の進捗を発表

 2020年1月21日付けで、BHPは2019年下半期の銅生産量が885千t(7%増)に達し、同社の2020年会計年度(2019年7月~2020年6月)の推定値1,705~1,820千tは変更されないと発表した。Escondida銅鉱山の2019年下半期の銅生産量は602千t(4%増)であり、選鉱プラントの改良によるパ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:CODELCO、2bUS$の社債を発行

 2020年1月7日、CODELCOは、現在の歴史的低金利を利用しニューヨーク市場において1bUS$の社債(10年債、利回り3.175%)を新規発行、ならびに2019年9月に既に2bUS$発行している30年債(利回り3.958%)を1bUS$再発行し、2.8倍のオーバーサブスクリプションがあったことを発表した。これによ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:CODELCO、MTTコンソーシアムが落札した海水淡水化プラント建設をキャンセル、24か月以内に再入札

 地元紙によると、2019年12月19日、CODELCOは、11月4日にMTTコンソーシアム(丸紅:50%、Transelec:30%、Techint Chile:20%)が落札したChuquicamata鉱山、Radomiro Tomic鉱山、Ministro Hales鉱山に水を供給する海水淡水化プラント建設プロジ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:2019年の国内探鉱投資は13%増加、世界第4位の見込み

 2019年12月16日、Cochilcoの発表したレポートによると、2019年のチリ国内の探鉱予算額は総額653.5mUS$、前年との比較で約77mUS$(13%)増加し、世界ランキングで第4位となる見込みである。同レポートでは、プロジェクト件数318件(銅54%、金25%、リチウム4%等)、108社が識別され、その・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:Anglo American、Los Bronces銅鉱山で淡水の利用を止めると発表

 チリ国内中央部が直面している干ばつによる水不足問題に対し、鉱業セクターは海水の利用、水のリサイクルという2つの方法で対処している。2019年12月9日付けの地元メディアによると、Anglo AmenricanのRene Muga総務・広報担当副社長は、同社はチリ国内の水の状況について十分理解しており、飲用水の消費が優・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:NuevaUnión社、7.2bUS$の計画を練り直す

 2019年12月7日付けの地元メディアによると、NuevaUnión社(Teck Resources 50%, Newmont Goldcorp 50%)は、先週、プロジェクトの調査に携わっていた約120名の労働者のうち80名を解雇したことを発表した。当初、2019年年末に環境影響評価(EIA)手続き開始を予定してい・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:Teck Resources社のQuebrada Blanca IIプロジェクト、デモの影響及び遺跡の発見による遅延と投資額減少の予想

 2019年12月6日付けの地元メディアによると、Teck Resources社のFraser Phillips上級副社長兼投資家向け広報及び戦略分析担当は、デモ活動はQuebrada Blanca IIプロジェクトのスケジュ-ルとコストに影響を及ぼすと述べている。現在、港から標高4,200mの地点にあるプロジェクト建・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:2028年までに見込まれる鉱業投資額は72bUS$を超える

 2019年12月3日、COCHILCOの発表によると、今後10年間(2019~2028年)で見込まれる鉱業投資額は総額72.503bUS$(44件)で、前年同時点での今後10年間(2018~2027年)に見込まれる投資額(総額65.747bUS$、44件)に比べ、6.756bUS$増加した。内訳は、リストから外れたプ・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:銅価格の下落によりCODELCOの2019年Q1~Q3余剰金は前年同期比57%減

 2019年11月29日、Araneda CODELCO総裁の発表によると、2019年第1四半期~第3四半期間の剰余金は総額603mUS$で、前年同期に比べ57%減少した。Araneda総裁は、剰余金減少の原因として、銅価格低下、製錬所操業再開の遅れ、労働者組合との団体交渉を挙げた。同期間の銅平均価格は2.74US$/・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ