閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:

メキシコ:豪Azure Minerals社、Alacrán銅プロジェクトにおいて有望な銅鉱床を捕捉

 2020年3月23日付け地元紙によると、豪Azure Minerals社は、Sonora州に保有するAlacrán銅プロジェクトにおいて新たに有望な銅鉱床を捕捉したと発表した。Gregors地域において4本のボーリング調査が実施された結果、ボーリング孔の6.0m間でCu 2.3%、同孔の30m間でCu 0.68%、1・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:2020年主要各社の探鉱投資額

 2020年2月17日付け地元紙は主要4社による2020年の国内探鉱投資額を報じており、合計額は200mUS$を超えることが見込まれ、金属価格の上昇により、前年より投資額を増加させる企業も存在する。各社の2020年探鉱投資額は以下のとおり。
・墨Fresnillo社:135~140mUS$
 高額な探鉱投資計画を発・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:Oaxaca州San Pedro Quiatoni市先住民族がアンパロ訴訟に勝訴、米・加3社による探鉱継続は認められず

 2020年2月17日付け地元紙によると、Oaxaca州San Pedro Quiatoni市の先住民族によるアンパロ訴訟(憲法保護請求)に関し、同州第一地方裁判所はDon David Gold社(米Gold Resource社の現地法人会社)、Minerales El Prado社(加Chesapeake Gold社・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:加Telson Mining社、Campo Morado多金属鉱山の操業を再開

 2020年1月29日付け地元紙によると、加Telson Mining社がGuerrero州に保有するCampo Morado多金属鉱山が生産を再開し、採掘及び粗鉱処理量が本格操業の段階に達した。同鉱山は以前、地元コミュニティとの緊張関係や退職者の多さ、Manzanillo港への輸送が容易でないこと、亜鉛価格の下落等に・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:2020年注目の探鉱プロジェクト

 2020年1月28日付け地元紙は、2020年国内鉱業部門にとって重要となる各社の探鉱プロジェクトとして、以下5件を取り上げている。
1.Las Chispas金・銀プロジェクト(加SilverCrest Metals社、Sonora州)
 加SilverCrest Metals社は2020年に計125,000mの・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

ニカラグア:加Calibre Mining社、国内各鉱山で精力的な活動を進める

 2020年1月20日付け地元紙は、加Calibre Mining社・Russell Ball社長によるニカラグアにおける同社の活動状況に関する発言を伝えている。
 ニカラグアにおいては、B2Gold社が約10年前に同国で近代的鉱山活動を開始するまでは零細鉱山しか存在せず、未だ残る未探鉱の鉱物資源ポテンシャルはCal・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:環境天然資源省、米Argonaut Gold社のCerro del Galloプロジェクトの環境影響評価を非承認

 2020年1月14日付け地元紙によると、環境天然資源省(SEMARNAT)は、米Argonaut Gold社が保有するCerro del Gallo金・銀・銅プロジェクト(Guanajuato州)が周辺環境や地域経済に悪影響を及ぼすと判断し、同プロジェクトの環境影響評価および土地利用変更許可を非承認とした。SEMAR・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

パナマ:加First Quantum社の2019年銅生産量、過去最高に

 2020年1月9日付け地元紙は、加First Quantum社の2019年銅生産量が過去最高に達したほか、2020年の生産量は最大25%増加する見込みであることを報じている。同社の2019年銅生産量は計702千tで、同年10月に生産を開始したCobre Panamá鉱山が銅60千tと貢献し、全体生産量は2018年より・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:AMLO大統領、鉱山分野は開発と環境のバランスを追求すると強調

 2020年1月9日付け業界紙によると、Andrés Manuel López Obrador(AMLO)大統領は定例記者会見において、鉱業は雇用創出に加え、国の経済の強靭化に寄与する重要な分野であり、持続的な開発が必要であると述べ、特にメキシコ北部の雇用創出につながっていると付け加えた。
 また、同大統領は、環境大・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:国内3件のメガプロジェクト進捗状況

 2020年1月8日付け地元紙によると、投資額1,000mUS$を超える国内3件のメガプロジェクトについて、生産量が合計で年間銅290千t、金17.1t(550千oz)、銀279.93t(9百万oz)、亜鉛40千tと大幅増加が期待されているが、開発が中断しているプロジェクトや、生産開始までに最低でも5年が見込まれている・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:2019年10月の鉛・亜鉛生産量が増加

 2019年12月16日付け地元紙は、国内の亜鉛及び鉛生産量が増加傾向にあると報じており、10月生産量は前年同月比で鉛22.7%(11,649t)、亜鉛12.2%(35,056t)、銀11.6%(320,581kg)とそれぞれ増加した。この理由は各社による2019年第4四半期の結果が出るまで明瞭ではないものの、Fres・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:加Pan American Silver社、La Colorada鉱山新鉱床の資源量を発表

 2019年12月11日付け地元紙の報道によると、加Pan American Silver社は同社がZacatecas州に保有するLa Colorada鉱山において2018年に発見された新鉱床の探査結果を発表した。予測鉱物資源量は72.5百万t、品位:Ag 44g/t、Cu 0.17%、Pb 2.02%、Zn 4.40・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:2019年9月の鉱業生産量、前年同期比5.2%減

 2019年11月29日付け地元紙は、国立統計地理情報院(INEGI)の統計をもとに、8月に1.0%増加した国内鉱業生産量が9月に4.2%減少に転じたことを報じた。また、前年同月比では5.2%の減少となった。生産量が減少した主な鉱種は、コークス(22.3%減)、硫黄(13.2%減)、蛍石(12.7%減)、鉛(12.0%・・・ 続きを読む
鉱種:
フッ素/蛍石 亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:2019年第3四半期の国内鉱業プロジェクト投資額が増加

 2019年11月19日付け地元紙によると、2019年第3四半期の国内鉱業プロジェクト投資額は新規プロジェクトにより増加した。生産開始時期が2025年以内と正式に発表されている鉱業プロジェクトは現在計24件で、合計投資額はおよそ7,450mUS$となり、前年同期のプロジェクト件数20件、合計投資額7,110mUS$から・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 リチウム
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:亜鉛生産量、大幅増の可能性

 2019年11月4日付け業界紙は、世界第6位のメキシコ亜鉛生産量(世界の鉱業の趨勢2019 メキシコ参照)は更に順位を上げる可能性があると報じている。同紙推計では、メキシコには6つの主要プロジェクトが存在し、その他にも商業生産に至っていないプロジェクトを含め資本投資額は1bUS$を超えており、今後、150千t/年以上・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

中南米:加Pan American Silver社、保有資産の売却は行わず

 2019年11月7日付け業界紙によると、メキシコ、ペルー、ボリビア、アルゼンチンに鉱山を保有する加Pan American Silver社は、同社が保有する資産の売却は行わないことを明らかにした。同社は2019年2月のTahoe Resources社買収(2019年1月16日付 ニュース・フラッシュ:Pan Amer・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:投資環境の不透明性が増すも、生産量は増加(2019年11月:社説)

 2019年11月5日付け地元紙は、メキシコに投資を行っている鉱山企業関係者のコメントを引用し、メキシコ鉱業の現状を紹介している。概要は以下のとおり。
・Andrés Manuel López Obrador(AMLO)大統領の任期中、規制強化、許可手続きの煩雑化、税を含めた政策の変更に対する懸念が残る現状において、・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:墨Peñoles社、安全性をより高めるため各鉱山でデジタル化を推進

 2019年10月17日付け地元紙によると、Zacatecas州において開催された安全管理シンポジウムにおいて、墨Peñoles社CEOは、今後2年間で同社が国内に保有するすべての鉱山において完全デジタル化を行うことを発表した。従来のシステムではデジタル信号を受信できないため、インフラをすべて変更する必要があり、投資額・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:国内複数ジュニア企業の近況

 2019年10月11日付け地元紙は、各ジュニア企業の近況を以下のとおり報じている。
〔探鉱プロジェクト〕
・加Silver Bull Resources社は、Sierra Mojada亜鉛・銀プロジェクトにおいて実施しているボーリングプログラムにおいて、17.1m間において品位:Ag 120g/t、Cu 0.43・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:停滞していた貴金属鉱山開発が進展する可能性

 2019年10月5日付け地元紙は、計577mUS$の資本投資が見込まれる5つのプロジェクトから、2021~2023年の間に266千oz/年の金(換算)生産が開始する可能性があると説明している。概要は以下のとおり。
 米Argonaut Gold社がBaja California Sur州に保有するSan Anton・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ