閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:

DRコンゴ:2019年1月から11月の鉱業生産実績、銅16%増、コバルト18%減

 2020年1月9日付けメディアによると、DRコンゴ中央銀行の発表値として、2019年1月から11月の銅生産量は前年同期比15.9%の増の1.308百万tであった。コバルト生産量82,220tは前年同期比18.3%減、金生産量31,847kgは前年比6.3%の減であった。
 DRコンゴにおける銅生産量について、201・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:政府、金生産の申告強化について言及

 2019年12月26日付けメディアによると、ザンビア政府は銅の副産物としての金からの政府収入の強化を図ることを検討している。鉱山省Mulenga次官による発言の中で、金生産の申告を行っている鉱山は、加First Quantum Minerals社のKansanshi銅・金鉱山のみ(2018年の金生産は4,200kg/・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:Glencore Katanga社、Kamoto鉱山の尾鉱のための用地取得を合意

 2019年12月20日付け、Glencoreの子会社・加Katanga Mining社の発表によると、同社は、DRコンゴKamoto鉱山(Katanga社が75%シェア所有)の新規尾鉱を含む鉱山インフラのための用地に係る合意書を国営企業Gecamines(Kamoto社の25%シェア所有)と締結した。Katanga社・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:ERG社CEO、銅・コバルト生産拠点の進展について語る

 2019年12月6日付けメディアによると、Eurasian Resources Group(ERG)のSobotka CEOが同社のDRコンゴにおける生産アセットについて、次のとおり語った。Metalkol RTR銅・コバルトプロジェクト(Lualaba州)は、2018年から操業を開始し、コバルトの世界第2位の生産者・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:Lusaka高等裁判所、KCMの仮清算人による鉱区売却に対して差し止め命令を出す

 2019年11月29日付けメディアによると、ザンビア銅生産者Konkola Copper Mines(KCM)社の仮清算人が同社の鉱業権を売却しようとしたことに対して、ザンビアのLusaka高等裁判所が差し止め命令を出した。2019年5月に、国有企業ZCCM-IH(KCMのシェア20.6%所有)が仮清算人を立てたこと・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:Glencore、Mutanda銅・コバルト鉱山の操業中止を早める

 2019年11月26日付けメディアによると、DRコンゴのMutanda銅・コバルト鉱山(Glencore所有)が予定を早めて操業を休止し、メンテナンスに入った。銅やコバルトの抽出に使用する硫酸の供給が困難になったことが理由である。既に8月にはGlencoreから2019年末からの2年間の操業休止が発表されていた。
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:Kamoa-Kakula銅プロジェクト等について政府に進捗を報告

 2019年11月25日付け加Ivanhoe Mines社の発表によると、同社がオペレーターとなるKamoa-Kakula銅プロジェクト(同社シェアは39.6%)の進捗状況について同社マネージメントクラスから、DRコンゴの首相、鉱山大臣及びポートフォリオ大臣に進捗状況を報告した。「DRコンゴ政府は、Kamoa-Kaku・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:Konkola銅製錬所、2週間遅れの再開

 2019年11月27日付けメディアによると、ザンビアKonkola Copper Mines(KCM)社の銅製錬所(銅生産容量311千t/年)が12月第1週に生産再開する予定。メンテナンスのために10月初めから操業停止していたが、予定していた11月15日よりも2週間遅れて生産再開になる。
 親会社であるインド系グル・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ