閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:

豪:Caravel社、WA州Caravel銅プロジェクトにおける資源量更新を発表

 2019年2月13日、WA州でCaravel Cuプロジェクトを推進する豪Caravel社は、同プロジェクトの資源量更新を発表した。Caravelプロジェクトはパースの北北東120kmに位置しており、今回更新された総資源量は366.3mt、品位:Cu 0.35%(カットオフ品位:0.25%)で、資源量中の金属Cu量は・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

メキシコ:Southern Copper社、2018年に前年比倍増の利益を達成

 2019年2月12日付け業界紙によると、Southern Copper社(SCC社)は、金属価格の回復と生産増に加え、コスト削減等により2018年の利益が前年比で2倍以上増加したと発表した。
・メキシコとペルーで事業を展開している同社の売上高は前年比6.6%増の7,097mUS$となり、前年729mUS$であった純・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン 亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

パナマ:加First Quantum Minerals社、Cobre Panamá銅鉱山の操業開始を発表

 2019年2月14日付け地元紙等によれば、加First Quantum Minerals社は、同社がパナマに保有するCobre Panamá銅鉱山の鉱石処理施設での処理開始を発表した。2月7日、初期供給速度4,000~5,000t/hの鉱石が一次粉砕装置に投入された。その後、銅精鉱の生産を含め、他の処理工程も順調に稼・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

ペルー:Toquepala銅鉱山の選鉱プラント、4月にフル操業開始

 2019年2月12日付け地元紙によると、Southern Copper社のLarrea社長は、Toquepala銅鉱山(Tacna州)の選鉱プラントが2019年第2四半期初頭にフル操業に入るとの見通しを明らかにした。2018年末時点における本プラントの稼働率は60%だった。Toquepala銅鉱山拡張プロジェクトでは・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:2018年12月鉱産物生産

 ペルー・エネルギー鉱山省によると、2018年12月の鉱産物生産量は、前年比で銅2.50%増、鉛8.36%増、錫29.88%増、鉄鉱石5.11%増だった一方、亜鉛3.88%減、金9.78%減、モリブデン8.75%減となった。
 このうち銅に関しては、主にSociedad Minera Cerro Verde社やMin・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン 亜鉛 鉄鉱石
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

豪:NSW州政府、金属鉱物資源に焦点を当てた「NSW Minerals Strategy」を発表

 2019年2月7日、NSW州計画環境省はNSW州における鉱物資源への投資を促進することを目的とした「NSW Minerals Strategy」を発表した。この戦略では、石炭などの化石燃料資源ではなく、銅、銀、金、レアアース、白金族、コバルト、リチウム、チタン、ジルコニウムなど、今後先端技術における利用が期待される金・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) コバルト ジルコニウム チタン リチウム レアアース/希土類
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

PNG:Bougainville自治州政府、Panguna銅・金鉱山の新企業設立法案を州議会に提出、利害関係者は拒否

 2019年2月6日付の地元メディアは、PNGのBougainville自治州政府は同自治州内のPanguna Cu・Au鉱山の再稼働を推進するための新企業設立を含む3つの法案を州議会に提出したと報じた。新企業はBougainville Advance Mining Limitedという名称で、同法案により同社は既存の・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

メキシコ:Telson Mining社、Campo Morado鉱山からの精鉱盗難により2~300mUS$/yの損失発生

 2019年2月12日付け業界紙によると、加Telson Mining社(本社:バンクーバー)は、定例の記者会見において同社がGuerrero州に保有するCampo Morado鉱山からの精鉱輸送中の盗難事件により、年間売上高の7%に相当する2~300mUS$の損失が発生しているとの見解を示した。盗難事件の中には、研究・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ