閉じる

ニュース・フラッシュ

著者名: 中山 健

リオドセ、2007年第2四半期収益パフォーマンス過去最高に

 リオドセは、7月31日、2007年第2四半期営業報告を発表した。それによると第2四半期の売上げは2006年同期比45.2%増、前期比15.9%増の89億US$を、また、EBITは2006年同期比77.4%増、前期比27億US$増の44億US$を記録した。 非鉄部門の売上げは2007年第1四半期に引続き鉄鉱石部門を抜き・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

アルゼンチン・カナダのジュニアカンパニー、Chubut州でウラン鉱区拡大

 8月6日付け地元紙等は、カナダのジュニアカンパニーであるCalypso Acquisition社はアルゼンチン南部のChubut州で更に12のウラン鉱区を獲得したと報じた。同社はすでにChubut州で450,000haのウラン鉱区を所有していたが今回新たに112,342haの鉱区を獲得したもので、2008年はじめから・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

アルゼンチン・Salta州政府ウラン生産計画を州議会に提出

 8月9日付け地元紙等は、Salta州鉱業省Ricardo Alonso次官が同州の将来のウラン生産計画案を地方議会に提出したと報じた。次官の発表は環境へのリスクを伴わないウラン鉱石開発計画と鉱業省と環境省との間での準備される規制について報告したもの。また環境保護主義者により曲解されている鉱山開発についても明確にしたと・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

チリ・Collahuasi鉱山、2010年までに銅年産65万t体制に拡張

 2007年8月3日付け地元紙等は、Collahuasi鉱山は2010年までに現在の銅年産45万t体制から65万t体制に拡張すると報じた。 報道によると、SX-EWプラントの生産能力はそのままで選鉱処理能力を現在の130,000t/日から170,000t/日まで増強し65万t体制まで拡張する計画で現在FSを実施中。更に・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

COCHILCO、2007年銅価格予測3.2US$/lbに上方修正

 COCHILCO(チリ銅委員会)は2007年の銅価格予測を2.8US$/lbから、2007年はじめの予測より0.4US$高い3.2US$/lbに上方修正した。これは2006年の平均価格3.05US$/lbを上回るものである。また2008年の銅価格も2.4US$/lbから2.7US$/lbに修正した。2007年のモリブ・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

ブラジル・リオドセ、海外戦略による新規プロジェクト -ペルーのリン、アルゼンチンのカリ、オーストラリアのウラン-

 2007年8月2日付け地元紙等の報道によると、ブラジル・リオドセのAgnelli社長は、リオドセの海外戦略の一貫として、アグリビジネス向けの肥料原料としてペルーのリン鉱石、アルゼンチンのカリの開発、またオーストラリアにおいてオランダのDioroと共同で原子力発電所燃料用のウラン開発を行うと発表した。 Agnelli社・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

ブラジル政府、6百万US$でMato Grosso州空中物理探査を実施

 2007年7月23日付け地元紙等は、ブラジル連邦政府およびMato Grosso州政府が共同で同州の120,000km2における空中物理探査を実施すると報道した。調査は連邦地質サービス局(CPRM)が実施し、経費約6百万US$を両者が折半して負担することになっている。120,000km2のうち既に46,000km2は・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

アルゼンチン・Mendoza州の鉱業活動規制、同国原子力エネルギー計画にも影響

 7月19日付け地元紙等によるとアルゼンチン原子力エネルギー委員会(CNEA)は先にMendoza州が決定した鉱業活動における硫酸ほかの化学物質の使用を禁止した法律を非難した。 同国の原子力発電計画によると2010年までに国内電力供給を強化するため原子力発電量を倍にすることになっているが、Mendoza州が制定した鉱業・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

アルゼンチン・Mendoza州で鉱業投資撤退の動き

 7月13日付け地元紙等によると、カナダのジュニアカンパニーであるPortal Resourcesのアルゼンチン子会社Portal del Oroは、アルゼンチンMendoza州の金鉱床探査への投資を凍結すると発表した。 Portal ResourcesはMendoza市の南86kmにあるポーフィリー銅鉱床を対象とする・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

ブラジル・中南米諸国での鉱山労働組合活動活発化とブラジルへの影響

 7月12日付けブラジル地元紙は、金属価格高騰でチリ、メキシコ、ペルーおよびボリビアの鉱山労働者組合は雇用主に対して労働環境の改善を求めて活発な動きを見せていると報道した。 世界最大の銅生産国であるチリでは、世界第3位の銅生産を誇るCollahuasi鉱山において7月9日から4日間ストライキが決行された。当初組合側は、・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

ブラジル・先住民保護区の鉱業、開放の動き

 6月24日付けブラジル地元紙等によると、ブラジルでは先住民保護区での鉱山業開放が起きようとしている。憲法で先住民保護区内での鉱業活動は禁じられているものの、実際には保護区内で192もの非合法採掘が行われており、その実態は政府も把握出来ていない。このため政府は、先住民保護区内での鉱業活動解放に踏み切るべく現在法案作成を・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

チリ・Esperanza銅・金鉱床、Antofagasta社が開発を承認

 Antofagasta社は2007年7月2日チリ第Ⅱ州のEsperanza銅・金鉱床の開発を承認したと発表した。埋蔵量は、銅換算カットオフ品位0.2%で5.35億t、銅品位0.55%、金品位0.23g/t、また資源量は銅カットオフ品位0.2%で11.3億t、銅品位0.45%、金品位0.16g/t、モリブデン品位0.0・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

チリ・CODELCO総裁、年金基金資金の導入を肯定

 7月6日付け地元紙等によると、CODELCOのArellano総裁は、7月5日にCESCO(銅と鉱業研究センタ-)で開かれた会合の席で、Villarzu前CODELCO総裁が総裁時代に提案したCODELCOへの年金基金資金導入を支持する発言を行ない注目されている。 Villarzu元総裁は、2005年10月にGabr・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

チリ・地元紙、南米における中国の資源獲得を報道

 6月20日付地元紙は中国がラテンアメリカで資源を買いあさっていると次のように報道した。 中国国営公社Aluminum Corportion of China(Chinalco)は、6月11日、カナダ資本のPeru Copper社を買収したと発表、ペルー鉱山業界への進出にまた大きな足懸りを残した。今回の買収は同社がこれ・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

アルゼンチン・Mendoza州でなおも続く鉱業反対運動

 7月5日付け地元紙等によると、Mendoza州では6月中旬鉱業活動におけるシアンおよび水銀の使用を禁止する法案が成立したが、環境保護団体は依然として鉱業活動に反対するよう地元民に呼びかけている。 法案成立後も鉱業当局は従来どおり鉱業権の承認を行なっているが、Mendoza州鉱業省担当者は、余りにも過激すぎるとなかば諦・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

アルゼンチン・インド政府、カリ資源に注目

 2007年6月22日付け地元紙等は、インド政府はアルゼンチン共和国Neuquen州のカリ資源に強い関心を持っており、インド政府代表団を現地に派遣し予備的調査をしていると報道した。アルゼンチンNeuquen州鉱業省担当者は、「インド政府はトランスアンデス鉄道(アイデア段階)を経由してアルゼンチンの鉱物資源を太平洋側の港・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

ブラジル・Rio Grande do Norte州でタングステン鉱業復活

 2007年6月26日付け地元紙等は、ブラジルRio Grande do Norte州政府は、同州のタングステン鉱業に対して支援を行っていることを報じた。 Rio Grande do Norte州経済開発省担当者は、「1970年代Rio Grande do Norte州ではタングステン鉱業が活発であったがその後衰退して・・・ 続きを読む
鉱種:
タングステン レアメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

CVRD、18.8億US$の転換社債発行

 CVRDは6月19日、同社の子会社であるVale Capital Limitedを通じて、2010年償還期限18.8億US$の2シリーズの転換社債を発行すると発表した。2010年6月15日の満期には米国預託株式(American Depositary Shares)に転換される。RIOシリーズの12.96億US$は年・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

チリ・CODELCO、San Antonio鉱床開発決定、Salvadorディビジョン2021年まで存続

 6月15日付け地元紙等によると、CODELCOはSalvadorディビジョンが管轄するSan Antonio鉱床の開発にゴーサインを出した。Salvadorディビジョンの主体をなすEl Salvador鉱山は2011年に閉山されるものの、これに代わってSan Antonio鉱床の操業により同ディビジョンは2021年ま・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

チリ・CODELCO・Gabriela Mistral(旧Gaby)プロジェクトの操業を9か月後に開始

 2007年6月20日付け地元紙等によると、CODELCOはGabriela Mistral(旧Gaby)プロジェクトに906百万US$を投資してきたが、その開発工事も最終局面を迎えており、2007年12月には完成する予定で、2008年3月に最初のSX-EWカソードが出荷される。 現在、Gaby鉱山会社はCODELCO・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ