閉じる

ニュース・フラッシュ

著者名: 原田武

DRコンゴ:英ジュニアAfrican Battery Metals社、Kisinka銅・コバルト地域の初期探鉱を再開

 2019年4月12日付け英African Battery Metals社のプレスリリースによると、同社はDRコンゴのKisinka地域の初期探鉱を再開する。面積は53km2程度でLubumbashiの東方35~40kmに位置し、DRコンゴのメジャーな銅・コバルト地帯のトレンドに含まれる。蟻塚からのサンプルの地化学異常・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ジンバブエ:ロシア公社との新規白金族鉱山の開発に40億US$の契約を完了

 2019年4月10日付けメディアによると、ロシア公社とジンバブエ公社のJV会社Great Dyke Investment社による新規白金族鉱山の開発に係る契約が完了したと、ジンバブエKambamura鉱山省副大臣が語った。詳細は伏せたものの、同社により2014年から続くプロジェクトであり、鉱山及びインフラに40億US・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) パラジウム プラチナ ロジウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ジンバブエ:政府は鉱業投資促進を追求する考え

 2019年4月10日付けメディアによると、先週ジンバブエの首都ハラレにてHarare Indaba(Ivesting in Resources and Mining in Zimbabwe)が行われ、その席上でKambamura鉱山省副大臣は、資源に恵まれながら、その恩恵が経済に反映されていないとし、鉱業セクターへの・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ナミビア:Haib銅プロジェクト、製錬試験を発注

 2019年4月11日付け、加Deep-South Resources社のプレスリリースによると、同社所有のアフリカ最大規模の銅プロジェクト・ナミビアHaib銅鉱床(現在プレF/S中)の製錬試験を行うべく、南アMintek社及び豪METS Engineering社と契約締結を行ったとの発表があった。貯鉱されている鉱石1・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:長期化するストライキの影響でSibanye Stillwater社の金生産量が減少

 2019年4月9日付けメディアによると、南ア・米国Sibanye-Stillwater社の2019年の第1四半期の金生産量は104千oz(3.2t)となり、2018年同期生産量の36%に相当する。2018年11月から続くSibanye金鉱山のAMCU(鉱山・建設労働組合連合)によるストライキの長期化が原因となっている・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:RBM社のジルコン・ルチル鉱山建設、Rio Tintoが463mUS$の投資を承認

 2019年4月8日付け、南ア最大のミネラルサンド生産者RBM社のプレスリリースによると、同社所有のジルコン・ルチル鉱山の拡張をRio Tinto(同社の74%シェアを所有)が承認した。総額463mUS$の投資となるZulti South鉱山の開発は、既存のZulti North鉱山の品位が低下している中で、選鉱・製錬・・・ 続きを読む
鉱種:
ジルコニウム チタン
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:2018年の鉱業法の改正がカッパーベルトの銅硫化鉱開発に影響

 2019年4月4日付けメディアによると、DRコンゴ・カッパーベルトに位置するKinsevere銅鉱山を操業する中国MMG社は、現在行われている酸化鉱採掘後の硫化鉱開発の見直しを検討している。同鉱山は2018年に酸化鉱から、銅量8万t/yを生産しており、2024年まで同規模の生産を続ける予定。その後のマインライフ延長の・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:鉱山部門からの2018年政府収入が倍増

 2019年4月4日付けメディアによると、2018年のDRコンゴの政府収入のうち鉱山部門は1,570mUS$となり、対前年比91%増となったと、同国の財務省から発表があった。一方、石油・ガス部門の収入は165.6mUS$で対前年比19%減であった。アフリカトップの銅生産国かつ、世界トップのコバルト生産国であることが20・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マダガスカル:グラファイト生産プラント、英Tirupati社が運転を開始

 2019年4月1日付けメディアによると、英Tirupati Graphite社がマダガスカルSahamamyプロジェクトにてフレーク状グラファイト3千t/yの生産プラントの運転を開始したとのこと。同プラントは2020年頃までには21千t/y規模まで拡張する予定。一方で、同社は同国において6千t/yのプラントをVato・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:Kamoa-Kakula大型銅プロジェクトの拡張を加Ivanhoe Mines社が計画

 2019年3月27日付けメディアによると、加Ivanhoe Mines社が39.6%を所有するDRコンゴ・Kamoa-Kakula銅プロジェクトの開発計画において、最終的には粗鉱生産量18百万t/y(銅量で最高74万t/y)になる計画であり、実現すればチリEscondida銅鉱山に次ぐ世界第2位の生産規模になる。同プ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ボツワナ:T3銅・銀鉱床のFSを終了、2021年からの生産を目指す

 2019年3月28日付け豪・英MOD Resources社の発表によると、ボツワナ東部に位置するT3銅・銀鉱床のFSを終了し、資本コスト182mUS$を見込むとのこと。埋蔵量34.4百万t(品位:Cu 1.0%、Ag 13.2g/t)であり、露天採掘で、マインライフ11.5年を想定し、平均して銅量2.8万t/y、銀1・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱業協議会、Mining Charterに係る法的レビューの申し立てを行う

 2019年3月27日付け南ア鉱業協議会の発表によると、同協議会は2018年9月に公表された鉱業憲章(Mining Charter)について、法的なレビューを行う申請を鉱物資源省に提出した。これまで、鉱物資源省と業界との間では、BEEによるシェア基準(26%又は30%)を過去において一度でも満たした場合、鉱業権の更新や・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:南ア鉱業協議会によると電力値上げは9万人の職を脅かす

 2019年3月25日付け南ア鉱業協議会(Mineral Council)の発表によると、先日規制当局の承認を得た電力公社Eskomの電力料金値上げによる鉱山業界への影響は深刻であり、約9万人の職を脅かすことになるとの試算を公表した。3年間の段階的な電力料金の値上げは現在の料金の29.5%以上の値上げになる。2018年・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 プラチナ
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:英African Battery Metals社がHanetiニッケル探鉱プロジェクトに参入

 2019年3月15日付け英African Battery Metals社のプレスリリースによると、同社は英Katoro Gold社が100%保有するタンザニア・Hanetiニッケルプロジェクトへの参入を決めた。契約上、Katoro Gold社の新規株式(最大10百万株、10万£相当)を購入し、最大12.5万£を拠出す・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) コバルト ニッケル リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:南ア・英Jubilee社がSable亜鉛精錬所を買収し、テーリングからの金属回収を進める

 2019年3月21日付け南ア・英Jubilee Metals Group社のプレスリリースによると、ザンビア中央部に位置するSable亜鉛精錬所(Sable Zinc Kabwe Ltd.)を、Glencoreの子会社から買収した。Jubilee社は、融資とエクイティファイナンスにより、今回の取引に係る12mUS$と・・・ 続きを読む
鉱種:
バナジウム 亜鉛
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:豪Walkabout社がLindi Jumboグラファイト鉱山のオフテイク契約について語る

 2019年3月12日付けメディアによると、豪Walkabout Resources社は、2019年第2四半期中にLindi Jumboグラファイト鉱山(タンザニア南東に位置)の4万t/yに係るオフテイク契約を締結したいとした。既に中国やドイツなどの複数の企業とは拘束力のない契約を結んでおり、今後拘束力のある契約とする・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:豪Winmar社社長がLuapula銅・コバルト処理施設の生産再開について語る

 2019年3月12日付けメディアによると、豪Winmar Resources社は同社が50%権益を所有するLuapula処理施設からの生産をスタートする意向を示した。同施設は、DRコンゴ・Katanga州に位置し、2014年に80mUS$を掛けて建設された銅・コバルトのリーチングプラントであり、粗鉱25万t/yの処理・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

モザンビーク:豪Triton社、Anquabeグラファイト鉱床のオフテイクに係るMOUを中国Jinhui社と締結

 2019年3月14日付け豪Triton社のプレスリリースによると、同社が100%権益所有するモザンビークのAnquabeグラファイト鉱床について、中国Qingdao Jinhui Graphite社と資金調達及びオフテイクに係る拘束力のないMOUを締結した。Anquabe鉱床はモザンビーク北東のCabo Delgad・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:労働裁判所が金・白金鉱山へのストライキ拡大を却下

 2019年3月15日付けメディアによると、南ア労働裁判所が、AMCU(鉱山・建設労働組合連合)から出されていたストライキの要請を却下した。同組合連合は、2018年11月末からSibanye-Stillwaterの金鉱山にてストライキを続けており、他の白金・金鉱山に拡大させる計画であったが、今回、そのストライキの拡大が・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 プラチナ
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ジンバブエ:Karo Mining社の白金鉱山・製錬コンプレックス事業が進捗

 2019年3月8日付けメディアによると、キプロス共和国をベースとするKaro Mining社がジンバブエのグレートダイクにて白金族鉱山開発プロジェクトを進めており、既に72孔12,000mのボーリングを完了し、現在はグレートダイク西端でのボーリングに移行している模様。2018年、同社はジンバブエ政府とプラチナ鉱山・精・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ