閉じる

ニュース・フラッシュ

著者名: 原田武

DRコンゴ:2019年1月から11月の鉱業生産実績、銅16%増、コバルト18%減

 2020年1月9日付けメディアによると、DRコンゴ中央銀行の発表値として、2019年1月から11月の銅生産量は前年同期比15.9%の増の1.308百万tであった。コバルト生産量82,220tは前年同期比18.3%減、金生産量31,847kgは前年比6.3%の減であった。
 DRコンゴにおける銅生産量について、201・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱業協議会、経済危機に対処すべく政府による早急な措置を訴える

 2020年1月13日、南ア鉱業協議会の声明によると、南ア経済と社会の現状を好転させるには、南ア政府による緊急措置が必要であるとし、取り組むべき施策を整理した。特に、国有電力会社Eskomの問題と電力供給危機は南ア経済にとって最大のリスクであるとし、緊急の改革と再編が必要であり、短期的な電力供給のためには、民間部門によ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Sibanye-Stillwater社、尾鉱からの金回収を行う南アDRDGold社の過半シェアを取得

 2020年1月10日付け南ア金・PGM生産者Sibanye-Stillwater社の発表によると、同社は南アDRDGold社のシェアを既存の38%から50.1%にするオプションを行使した。DRDGold社は尾鉱からの金回収を行う鉱山会社であり、南アにてErgoプロジェクトとFar West Gold Recoveri・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Rio Tintoミネラルサンド生産者RBM鉱山が操業を再開

 2019年12月30日付けメディアによると、Rio Tintoの南アRichards Bay Minerals(RBM)鉱山(同社74%シェアを所有)は、2019年12月初めから周辺コミュニティの暴動の激化のため採鉱作業を休止し、操業を縮小していたが、段階的に操業を再開し、1月初めにはフル操業に戻る予定である。同鉱山・・・ 続きを読む
鉱種:
ミネラルサンド
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:国有電力会社Zesco、電力料金の値上げが承認される

 2019年12月28日付けメディアによると、ザンビアのエネルギー規制当局は、国有電力会社Zescoによる2020年1月からの電力料金の値上げを許可し、平均で113%の値上げになる。Zescoによると、同国の電力不足は、2019年9月時点で750MWであったものが、11月時点では810MWに拡大しているため、発電プラン・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:政府、金生産の申告強化について言及

 2019年12月26日付けメディアによると、ザンビア政府は銅の副産物としての金からの政府収入の強化を図ることを検討している。鉱山省Mulenga次官による発言の中で、金生産の申告を行っている鉱山は、加First Quantum Minerals社のKansanshi銅・金鉱山のみ(2018年の金生産は4,200kg/・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:鉱物ポテンシャルマッピングのための協定をロシアと締結

 2019年12月19日付けメディアによると、ロシア国営地質調査会社JSC Rusgeology社がDRコンゴ鉱山省とダイヤモンドや金を含む探査の協定を締結した。DRコンゴ北部にてダイヤモンド鉱床の抽出のほか、北西部にて金、タンタル、ニオブ、マンガン、ニッケル、ボーキサイトなどの鉱徴のマッピングを行うとする。また、協定・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト タンタル ニオブ ニッケル マンガン
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:Glencore Katanga社、Kamoto鉱山の尾鉱のための用地取得を合意

 2019年12月20日付け、Glencoreの子会社・加Katanga Mining社の発表によると、同社は、DRコンゴKamoto鉱山(Katanga社が75%シェア所有)の新規尾鉱を含む鉱山インフラのための用地に係る合意書を国営企業Gecamines(Kamoto社の25%シェア所有)と締結した。Katanga社・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:AngloGold Ashanti社、マリSadiola金鉱山を売却

 2019年12月23日付けメディアによると、AngloGold Ashanti社のDushnisky CEOは、マリのSadiola金鉱山(同社41%シェア所有)をドバイ・ベースのAllied Gold社に105mUS$で売却した。本条件は、同氏が2018年11月に新CEOになった直後に売却予定としていた3つの大型案・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ルワンダ:中国、鉱物資源探査技術協力事業開始

 2019年12月9日付けメディアによると、中国が3年間の技術協力として、地化学探査実施のために専門家派遣を開始した。衛星画像解析を活用して国内の鉱物ポテンシャル地域を抽出し、地化学探査を行う。本調査は、2018年7月に中国・習近平国家主席がルワンダを訪問した際に、ルワンダ石油ガス・鉱山局と締結した同意書に基づく技術協・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:ERG社CEO、銅・コバルト生産拠点の進展について語る

 2019年12月6日付けメディアによると、Eurasian Resources Group(ERG)のSobotka CEOが同社のDRコンゴにおける生産アセットについて、次のとおり語った。Metalkol RTR銅・コバルトプロジェクト(Lualaba州)は、2018年から操業を開始し、コバルトの世界第2位の生産者・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マダガスカル:鉱業審議会が鉱業税の増を批判

 2019年12月17日付けメディアによると、マダガスカル鉱業審議会は、先の鉱業法ドラフトについて、新規投資の障害になり既存鉱山の操業を脅かすことになると厳しく批判した。12月第2週、Ravokatra鉱山大臣が報道において示した案文では、ニッケル、コバルト、貴金属、貴石のロイヤルティを2%から4%に増やすことを計画し・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル 貴金属
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:米人権擁護団体がコバルト零細採掘の児童労働問題を提訴

 2019年12月16日付けメディアによると、ワシントンDCにて、人権擁護団体International Rights AdvocatesがApple、Alphabet(Googleの親会社)、Dell Technologies、Microsoft、Teslaといった技術系企業を相手に、DRコンゴにおける児童労働に関す・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

モザンビーク:Momaチタン鉱山、生産量の目標値を下方修正

 2019年12月17日付け英Kenmare Resources社の発表によると、同社が所有するMomaチタン鉱山(モザンビーク北部に位置)によるイルメナイトの2019年の生産目標値の下限を最大3%下げるとした。当初の目標値を900千t~960千tとしていたところ870千t~900千tに下げることになる。2019年には・・・ 続きを読む
鉱種:
チタン
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

加:南アImplats、PGM鉱山会社North American Palladium社の買収を完了

 2019年12月13日付け南アImpala Platinum Holdings Ltd.(Implats)の発表によると、同社は加PGM鉱山会社North American Palladium社(NAP)の買収を完了した。NAPは加ON州にてLac des lles鉱山を操業しており、2019年は220千oz~235・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱物資源エネルギー省、電力供給のための提案について公募を開始

 2019年12月13日付けで、南ア・鉱物資源エネルギー省は電力供給に関する緊急措置として、「リスク軽減のための電力購入プログラム」(Risk Mitigation Power Purchase Program)を進めるとし、現在の需給ギャップ(3,000MW)を埋めるべく、短期的にグリッドに接続できる電力供給の提案R・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱業協議会、民間の発電事業の推進に向けた政府の取り組みを要請

 2019年12月12日付けで、南ア・鉱業協議会が電力問題に関して、声明を発表した。国営電力会社ESKOMによる計画停電がステージ6(6,000MWの不足、ここ10年で最も深刻なレベル)に達した12月9日には、坑内採掘を行う鉱山において、夜間及び早朝の作業が停止したが、その後のステージ4の影響もあり、大半の鉱山が1週間・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:FQM、不正送金疑惑に対して国際調停の手続きを開始

 2019年12月13日付けメディアによると、ザンビア国有会社ZCCM-IHが加First Quantum Minerals社(FQM)を相手に起こした不正送金に係る訴訟に対し、FQMはロンドンでの仲裁手続きを開始する模様。ZCCM-IHが2016年10月に起こした訴訟であり、問題にする不正送金とは、FQMの現地子会社・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:コバルトの追跡を可能とするブロックチェーン・ネットワークにGlencoreも参画

 2019年12月12日付けメディアによると、GlencoreがRSBN(Responsible Sourcing Blockchain Network)に参加することを表明した。RSBNは、IBMのブロックチェーン・テクノロジーを活用し、鉱物の原産地から最終製品までの追跡を可能にするため開発中のネットワークであり、自・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マダガスカル:鉱山大臣、新鉱業法案について語る

 2019年12月10日付けメディアによると、マダガスカルのFidiniavo Ravokatra鉱山大臣が新鉱業法案について語った。新鉱業法案においては、ニッケル、コバルト、貴金属、宝石のロイヤルティを、現在の2%から4%に引き上げ、鉱業活動からの政府収入増を狙うとした。また、同法案の中には、市場性のある鉱産物に対し・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト その他 ニッケル 貴金属
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ