閉じる

ニュース・フラッシュ

著者名: 原田武

モロッコ:Achmmach錫プロジェクト、資源量増加のためのボーリング調査を開始

 2019年7月30日付けのメディアによると、豪Kasbah Resources社が、モロッコのAchmmach錫プロジェクトの資源量増加のためのボーリング調査を開始した。主要鉱化帯であるMeknes Trendに並行して賦存するSidi Addi Trendの鉱化の連続性の確認が主目的である。Achmmach錫鉱床の・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マリ:Goulaminaリチウムプロジェクトの開発許可申請

 2019年8月1日付けメディアによると、豪Mali Lithium Limitedがマリに所有するGoulaminaリチウムプロジェクトに係る開発許可手続きが、次の承認段階に移行した。2019年4月上旬に開発許可申請を提出して以来、マリの地質鉱山局(DNGM)により、すべての技術的要件および規制要件が満たされているこ・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:Kipushi尾鉱コバルト回収プロジェクト、豪Cape Lambert Resource社が資金拠出を断念

 2019年8月14日付けメディアによると、豪Cape Lambert Resource社が実施しているDRコンゴのKipushi鉱山の尾鉱からのコバルト回収プロジェクトについて、同社は本プロジェクトへの資金拠出を断念し、シエラレオネのMarampa鉄鉱石プロジェクトに専念する旨の発表があった。
 同社のSage社長・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:ERG・Metalkol RTRプロジェクト、最初のClean Cobalt Performance報告を発表

 2019年8月12日付けEurasian Resources Group(ERG)の発表によると、ERGはDRコンゴMetalkol RTRプロジェクトに係る初のClean Cobalt Performance報告を発表した。この報告は、経済協力開発機構(OECD)によるサプライチェーンのデューデリジェンス指針に準拠・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:北部BushveldのIronveld鉄・バナジウム・チタンプロジェクトの売却

 2019年8月12日付け英Ironveld PLC社の発表によると、南ア・北部Bushveld、Limpopo州に位置するIronveld鉄・バナジウム・チタン鉱床の資産売却について、複数の企業が関心を持ち、守秘義務契約が結ばれた。同鉱床の資源量(金属含有量)としては、高純度の鉄鉱石27百万t、バナジウム1,400百・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:銅・コバルト生産者が加Katanga Mining社の第2四半期の損失が増加

 2019年8月6日付け、加Katanga Mining社の2019年第2四半期(6月末締め)報告によると、同期のグロス損失は94.8mUS$となり、第1四半期の92.5mUS$を上回った。同社の第2四半期銅カソード生産量は53.7千tで、前期56.4千tよりわずかに減少した。銅価格の低下も影響して、第2四半期の銅収入・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:Glencore、DRコンゴの世界最大のコバルト鉱山における生産停止へ

 2019年8月7日付けのプレスリリース等によると、Glencoreの上半期の調整後EBITDAは32%減少した。同社のIvan Glasenberg CEOは、「上半期の業績は、わが社が力を入れてきた資産の操業上・コスト上の問題にとどまらず、わが社のコモディティミックスにとって厳しい経済状況を反映している」とコメント・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ