閉じる

ニュース・フラッシュ

著者名: 栗原健一

ボリビア:Morales大統領、ウユニの大規模プロジェクト4件を視察

 2018年1月9日付け地元各紙によると、Morales大統領は、4つの大規模プロジェクトの進捗を確認すべく、ポトシ県ウユニ市を訪れた。4つのプロジェクトのうち3つは電力公社(ENDE)の、1つはリチウム公社(YLB)の案件である。
 ENDEによれば、このうちウユニの太陽光発電プロジェクトは、105ha・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:政府、5千名の不法鉱業事業者合法化を達成

 2018年1月15日付け地元各紙によると、Kuzcynski大統領とGrossheimエネルギー鉱山大臣は、Ayacucho州で実施された1,226名の事業者に対する合法化証明書授与式に出席した。式典においてGrossheim大臣は「現政権は零細事業者のニーズに合わせた包括的かつ柔軟性の高い合法化プロセスを導入し、当・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Cerro Corona銅・金鉱山、ピット拡張を計画

 2018年1月15日付け地元紙によると、Gold Fields La Cima社は、Cerro Corona銅・金鉱山(Cajamarca州)において、新たな鉱化エリアへの接近を目的としたピット拡張を計画している。同社が提出した3度目の技術根拠報告書によれば、ピットは既に承認されている76.24haから79.02ha・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Southern Copper社、Tia Maria銅プロジェクトプラントの建設予定地変更を検討

 2018年1月12日付け地元紙によると、Southern Copper社は、Tia Maria銅プロジェクト(Arequipa州)における選鉱処理プラント建設予定地の変更をエネルギー鉱山省に対して申請した。本プラントの建設には、合計1,400mUS$にのぼるプロジェクト投資額の48.7%に相当する682mUS$が投資・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:2017年12月の国内争議状況

 憲法に基づき設立された独立・自立的監査機関であるオンブズマン(Defensoria del Pueblo)事務所は、2017年12月の国内社会争議状況を公表した。
 報告によると、国内社会争議総件数は169件で、このうち係争中の案件は119件、潜在状態の案件は50件だった。
 また、新規案・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:政府、Las Bambas銅鉱山から太平洋までの鉄道建設は2,400mUS$と試算

 2018年1月11日付け地元紙によると、Kuczynski大統領がMMG社に対してLas Bambas銅鉱山からの鉄道による鉱物輸送を要請した件に関して、Labo鉱山副大臣は、鉄道建設案に関してはエネルギー鉱山省による実現可能性評価が必要だとしつつ、鉄道が開通すればApurimac州から太平洋までの約600kmをつな・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:2017年11月、同年最高の鉱業投資額を達成

 2018年1月5日付け地元紙及びエネルギー鉱山省によると、2017年11月の鉱業投資額は515mUS$で前年同月比54.8%の増加となったほか、2017年内の他の月との比較で最高値を達成した。
 また2017年1月から11月までの累計鉱業投資額は4,254mUS$で、前年同期比で13.8%増加した。この・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:ウユニの炭酸リチウム産業化プラント進捗

 2018年1月3日付け地元紙によると、Rafael Alarcónエネルギー大臣は、2018年第1四半期中にリチウムの産業化に関するプロジェクトが完了すると述べた。建設中のウユニの塩化カリウムの産業化プラントは、3月までに完成予定で、年間350,000tが生産される予定である。
 また、次のフェーズであ・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Angela Grossheim新エネルギー鉱山大臣が就任

 2018年1月9日、Kuczynski大統領は新内閣発足を発表し、エネルギー鉱山大臣を含む複数の閣僚交代が実施された。
 新たにエネルギー鉱山大臣に就任したAngela Grossheim氏は弁護士で、今回の大臣就任までエネルギー副大臣を務めていたほか、2016年には経済財務省に勤務していた。
続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Jinzhao Mining社、Pampa de Pongo鉄鉱石プロジェクト操業開始認可に期待

 2018年1月8日付け地元紙によると、Jinzhao Mining Peru社のLescaro副社長は、Pampa de Pongo鉄鉱石プロジェクト(Arequipa州)の鉱山建設開始に必要な許認可を、遅くとも今後3~4か月内に取得し、2018年下半期には建設を開始したい考えを示した。
 Lescar・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Yanacocha金鉱山、2018年は減産の見通し

 2018年1月9日付け地元紙によると、Minas Buenaventura社は、Yanacocha金鉱山(Cajamarca州)における2018年の金生産量は470,000~545,000ozとなり、2017年の生産見通しであった530,000~545,000oz(約16.5~17.0t)を下回る見通しを示した。 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:ペルー政府、鉱業投資誘致活動を強化

 2018年1月9日付け地元紙によると、エネルギー鉱山省のCuadra鉱業促進部長は、同省は2018年、南北アメリカやヨーロッパ、アジア等においてペルー鉱業への投資誘致キャンペーンを強化する方針を示した。
 Cuadra部長は、ペルー政府は様々な公的機関や民間団体を通じて世界の主要都市におけるペルーへの投・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Michiquillay銅プロジェクト入札、2月20日の実施を再確認

 2018年1月5日、Labó鉱山副大臣は、2018年2月20日に計画されているMichiquillay銅プロジェクト(Cajamarca州)の入札について、予定通り実施する方針を示した。
 Labó副大臣は、先の2017年12月20日に予定されていた入札日の変更は、(大統領罷免投票を巡る)政治情勢を懸念・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:2017年11月鉱産物生産量

 2018年1月4日、エネルギー鉱山省は2017年11月の鉱産物生産量を発表した。
 同月の主要鉱産物生産量は、前年同月比で銅3.76%増、亜鉛9.23%増、鉛5.63%増、鉄29.28%増等だった一方、金1.31%減、銀3.96%減、錫12.69%減等となった。
 他方、2017年1~11・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:2018年鉱業投資は100億US$の見通し

 2018年1月2日から5日付け地元各紙によると、Labó鉱山副大臣は、2018年にはQuellaveco銅プロジェクト(Moquegua州)、Mina Justa銅プロジェクト(Ica州)、Pampa de Pongo鉄プロジェクト(Arequipa州)、Toromocho銅鉱山拡張プロジェクト(Junin州)、Co・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Cerro Verde銅鉱山、粗鉱処理量の増加を検討

 2017年12月29日付け地元紙によると、Sociedad Minera Cerro Verde社は、エネルギー鉱山省に対して、Cerro Verde銅鉱山(Arequipa州)の選鉱プラントにおける鉱石破砕量を20%増加するための申請書を提出した。同社の技術根拠報告書(ITS)によれば、20mUS$を投資して一次硫・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:政府、違法鉱業キャンプに介入・破壊

 2017年12月28日付け地元紙によると、内務省、警察、国家自然保護区管理局(SERNANP)等の代表団らは、Ucayali州に位置するEl Sira保護区の緩衝地帯に存在していた2か所の違法鉱業キャンプ地や浚渫機を破壊したほか、違法鉱業従事者1名を逮捕した。
 今回の取締りは、動植物の保護や自然保護区・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:環境評価監査局(OEFA)、San Ignacio de Morococha社に対して排滓流出を想定した緊急対応の策定を命令

 2017年12月28日、環境評価監査局(OEFA)は、San Ignacio de Morococha社に対して、Puntuyacu川の汚染防止を目的として、San Vicente鉱山(Junin州)の選鉱プラントとLa Esperanza排滓堆積場をつなぐパイプラインからの流出事故を想定した、緊急対応システムを策定・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ