閉じる

ニュース・フラッシュ

著者名: 栗原健一

ペルー:Buenaventura社、2019年第3四半期にSan Gabriel金プロジェクトプレFSを計画

 2019年4月17日付け地元紙によると、Buenaventura社は、2019年第3四半期にSan Gabriel金プロジェクト(Moquegua州)のプレFSを終える見通しを明らかにした。同社のGobitz社長によれば、本プロジェクトでは全ての地質工学的調査を終えたほか、坑内採掘による手法が確定しているものの、プロ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Moquegua州、資源採掘企業に対する新たな税制の導入を提案

 2019年4月16日付け地元紙によると、Moquegua州のCuevas知事は、鉱山企業を中心とする資源採掘企業の純利益に対し、新たに10%を課税するための税制を導入したいとの考えを明らかにした。さらに、既に複数の鉱山企業に本税制の提案書を送付し、企業からは「内容を検討する」との回答を得ているとコメントした。
 知・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Barrick Peru社、Lagunas Norte金鉱山拡張を中止

 2019年4月15日付け地元紙によると、Barrick Peru社CEOのFumagalli氏は、Lagunas Norte金鉱山(La Libertad州)拡張プロジェクトについて、Barrick本社(カナダ)の投資基準を満たさなかったため建設の承認を得られず中止されたことを明らかにした。
 本プロジェクトでは6・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Hochschild Mining社、Apurimac州、Cusco州における探鉱を計画

 2019年4月11日付け地元紙によると、Hochschild Mining社は、今後12か月間、ペルー南部の新たなエリアにおける探鉱を計画している旨明らかにした。Bustamante社長によれば、Apurimac州南部のAzuca金・銀プロジェクトやHuacullo金・銀プロジェクトにおいて探鉱を実施中で、鉱物の分類・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:国会、鉱業投資における税安定契約の条件統一を提案

 2019年4月11日付け地元紙によると、国会のエネルギー鉱山委員会は、鉱業投資に適用される3種類の税安定契約の間に存在する条件の違いを撤廃して統一するための法案を承認した。
 具体的には、現行の法令では契約の種類によっては、税安定の適用日が契約締結日ではなく投資計画の承認後と規定されている。一方、本法案が国会の本会・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Toromocho銅鉱山拡張プロジェクト、操業開始前倒しの見通し

 2019年4月10日付け地元紙によると、チリで開催されたCesco Week 2019に出席したChinalco社のWang商業・ロジスティクス担当副社長は、Toromocho銅鉱山拡張プロジェクト(Junin州)の操業開始が2020年となる可能性を示した。本プロジェクトに関しては、2018年9月の時点で進捗状況は2・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Las Bambas銅鉱山争議、続報:封鎖解除で合意達成も協議は継続

 2019年4月9~14日付け地元各紙によると、4月8日から9日にかけて、Apurimac州Cotabambas郡Challhuahuacho区Nueva Fuerabamba村のRojas村長が、区内の58の村の代表者らと協議した結果、Las Bambas銅鉱山へのアクセス道(Manantialesエリア)及びYav・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ