閉じる

ニュース・フラッシュ

著者名: 萩原崇弘

ポルトガル:国際銅研究会(ICSG)、2012年及び2013年の銅需給予測を発表

2012年4月26~27日、ポルトガル・リスボンにて国際銅研究会(ICSG)が開催され、世界経済の不透明感が続く中、世界の銅の需給、最近のトピック等について各国代表、業界団体、コンサルタント等50余名が参加し、議論が行われた。 ICSG統計委員会では、2012年の銅地金生産量は対前年比2.5%増の2,014万9,000・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
萩原崇弘

英:LME、企業価値向上のため手数料値上げ及び独自のクリアリングハウス設立へ

LME公表資料等によれば、LMEの取締役会は、2012年3月1日からヘッジファンド、商社等の非会員の金属取引手数料をこれまでの7ペンスから約7倍の50ペンスまで大幅に値上げすることを承認したとのことである。また、同時にLME独自のクリアリングハウス「LMEclear」を設立することについて、取締役会が段階的な承認を行っ・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
萩原崇弘

ザンビア:ザンビア鉱業協会「政府は税制遵守監査を独立した国際的監査法人に依頼すべき」と主張

報道によると、ザンビア鉱業協会は、ザンビア政府が国内操業中の企業に対して予定している税制遵守監査(tax compliance audit)について、税法に則ってきちんと納税しているかを調べるのであれば個々の企業の自主的な監査で十分であることから、独立した国際的監査法人に依頼するべきだと強く主張している。 2011年9・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
萩原崇弘

EU:EU金融商品市場指令改正案公表、高頻度取引やコモディティ取引に照準

2011年10月20日、EUは金融商品市場指令(the Markets in Financial Instruments Directive:MiFID)及び規則(Regulation)の改正案を公表した。これまでEUは、金融危機後の構造改革の一環として、2007年に施行されたMiFIDの見直しについて2010年12月・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
萩原崇弘

英:レアアース投資セミナー開催、レアアース供給を楽観視

2011年10月5日、ロンドンにおいてGlobal Mining Finance主催のレアアースに関する投資セミナーが開催された。その中でByron Capital Markets社は、レアアースに関する技術開発の進展、新たな鉱床の発見・開発計画、2011年7月以降のレアアース価格の下落傾向などを理由として、今後はレア・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
萩原崇弘

ポルトガル:国際銅研究会、国際ニッケル研究会、2011年及び2012年の需給予測を公表

2011年9月26~28日、ポルトガル・リスボンにて国際銅研究会(ICSG)、国際ニッケル研究会(INSG)が開催され、足下で金属価格が大幅に下落した中、世界の銅・ニッケルの需給、最近のトピック等について各国代表、業界団体、コンサルタント等50余名が参加し、議論が行われた。 ICSG統計委員会では、2011年の銅地金生・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル ベースメタル レアメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
萩原崇弘

加:MEG、2011年非鉄金属探鉱開発費の予測を発表

カナダ資源調査会社MEG(Metal Economics Group)は、2011年の非鉄金属に係る探鉱開発費について、前年比50%増の170億US$超と発表した。国別のトップはカナダであるが、地域別ではラテンアメリカの探鉱活動が予想以上に盛んであり、鉱種別では大方の予想どおり金への探鉱投資が2年連続全体の半分を占め、・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
萩原崇弘

DRCコンゴ:Gecaminesが銅等の生産拡大に必要な追加投資資金捻出のためJV監査予定

DRCコンゴ(コンゴ民主共和国)国営鉱山会社Gecaminesは、銅及びコバルト生産メジャーとして再浮上するべく、9.3億US$(約710億円)を投資し、銅の年生産量を2016年には10万t、10年以内に15~16万tまで増加させる計画で、その投資資金を捻出するため、既存の30件程のJVについて外部監査法人に委託して監・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
萩原崇弘

アフガニスタン:米国地質調査所、資源量100万t規模のレアアース鉱床を発見

米国地質調査所(US Geological Survey:USGS)は、アフガニスタンの鉱物資源評価を行ったところ、同国の政情が不安定なHelmand地方に少なくとも100万tの資源量を含むKhanneshinレアアース鉱床を発見したと発表した。USGSによれば、同鉱床は主にランタン、セリウム、ネオジム等の軽希土類を含・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
萩原崇弘

南ア:加Great Western Minerals社、中国企業とのJVによるレアアース分離プラント建設合意

企業発表及び報道によれば、加Great Western Minerals社(GWM社)が南ア・ケープタウン北西に位置するSteenkampskraalレアアース鉱山の開発において、中国Ganzhou Qiandong Rare Earth Group(GQD社)とのJVによるレアアース分離プラントの建設に合意し、その詳・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
萩原崇弘

カザフスタン:高付加価値化に向けて加工産業誘致と引き換えに外資の鉱物資源開発を容認

報道によれば、カザフスタンは産業の高付加価値化に向けた動きを加速するとのことである。Albert Rau産業新技術省第一副大臣は、アスタナで開催された国際セミナーにおいて、行政面の参入障壁を下げ、査証条件の緩和や減税等により同国の投資環境を改善し、OECD諸国からの投資をさらに拡大していきたいとしている。同副大臣は、長・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
萩原崇弘

ドイツ:ロシアとレアアース分野で中長期的な協力に合意

報道によれば、ドイツ・Hanoverで開催されたロシア及びドイツの二国間定期協議の中で、両国はレアアース及び天然ガスに関する中長期の協力に合意したとのことである。今回のレアアースに関する協力は、ロシアからドイツに対して要請がなされたとのことで、Viktor Zubkovロシア副首相兼ガスプロム会長によれば、ロシア北西部・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
萩原崇弘

ナミビア:Etangoウランプロジェクト、中国資本がTOBを打診

2011年7月11日、ナミビアのRossingウラン鉱山の近くでEtangoウランプロジェクトを開発中のBannerman Resources社(本社:豪州パース)は、中国Hanlong Mining Investments社からTOB公表前株価より5割以上高い0.612 A$/株、総額143.5百万A$(約123億円・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
萩原崇弘

中国:鉱物資源の輸出制限措置に関するWTO報告書、他の資源国にも波及

WTOが2011年7月5日に発表した中国の鉱物資源の輸出制限がWTO協定違反と判断するとのパネル報告書について、他の資源国の輸出制限措置にも影響するとの観測が出ている。 報道によれば、在英国の法曹関係者からの声として、「今回のWTOパネル報告書の決定が確定するまではまだ数段階必要なものの、今後、WTO加盟国の中では何よ・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
萩原崇弘

ナミビア:鉱物資源開発の国営企業化の続報:国営企業社長がJV参入比率は未定と発言

報道によれば、ナミビアの国営鉱山企業Epangelo Mining社・社長 Eliphas Hawal氏は、同国の鉱物資源開発の国営企業化の閣議決定に関連して、同社がJV等を通じて保有する株式比率は決まっていないことを明らかにした模様である。 同国Katali鉱業・エネルギー大臣は、2011年5月10日付けの声明で、こ・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
萩原崇弘

スイス:Xstrata社2011年Q1の銅生産前年同期比6%減

2011年5月4日、スイス資源メジャーのXstrata社は2011年Q1の生産状況を公表した。それによると、銅生産は、チリCollahuasi鉱山での悪天候、アルゼンチンAlumbrera鉱山での鉱石低品位化の影響により前年同期比6%減少した。他方、ニッケル地金生産は、Falcondoフェロニッケル製錬所の再稼働により・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
萩原崇弘

スウェーデン:Tasman Metals社、2016年レアアース生産を目指す

報道によると、スウェーデン南部のNorra Kärrレアアース・プロジェクトを開発中のTasman Metals社(本社:カナダ・バンクーバー、TSX-V上場)CEO Mark Saxon氏は、数か月のうちに米国証券市場に上場し、2012年年央に予定しているレアアース製錬プラント建設に向けて、レアアースの分離技術を有す・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
萩原崇弘

豪:Goldman Sachs Australia社、2013年には供給過剰になるとのレアアースの将来需給に関する報告書を発表

2011年5月5日、Goldman Sachs Australia社は、レアアースの将来需給見通しの報告書を発表した。同社が発表した報告書によれば、「レアアースの中国の輸出枠は、中国国内の需要増によりさらに削減されるだろう。また、中国の輸出枠削減によるレアアースの需給の逼迫に伴い、2011年及び2012年にかけてレアア・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
萩原崇弘

米:SEC、金融規制改革法のうちDRCコンゴ産の紛争鉱物に関する情報公開義務条項の施行を延期

米国SEC(証券取引員会)は、2011年4月15日から施行を予定していた米国金融規制改革法(Dodd-Frank Wall Street Reform and Consumer Protection Act of 2010:H.R.4173)のうちDRCコンゴ産の紛争鉱物に関する情報公開義務を課した第1502条について・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
萩原崇弘

ザンビア:インド企業、ザンビアのマンガン製錬プラントに投資

報道等によれば、Taurian Manganese社(Dharni Sampda社(本社:インド)の子会社)は、ザンビア中央部のマンガン製錬プラントに1.5億 US$投資すると発表した。同プラントは、電気炉を3基有し、マンガン生産量は最大年間72万t、雇用は最大700名。2011年6月にプラントの建設が始まり、2012・・・ 続きを読む
鉱種:
マンガン レアメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
萩原崇弘
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ