閉じる

ニュース・フラッシュ

著者名: 関淳夫

中国:2019年1月の中国ボーキサイト輸入量は、2014年以降最高値に達する

 税関統計データによると、中国の2019年1月のボーキサイト輸入量は、2014年以降最高値に達し、そのうちギニアからの輸入量が最大となった。ボーキサイトはアルミニウムの原材料として輸入しており、2019年1月の輸入量は789万tに上った。2014年1月の802万tに次ぐ輸入量となる。2018年12月の輸入量は724万t・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:江西銅業社、29.76億元で恒邦集団社の29.99%の株式権益を買収予定

 安泰科によれば、江西銅業社は、話し合いによる譲渡方式で煙台恒邦集団有限公司、王信恩氏、王家好氏、張吉学氏と高正林氏が保有している恒邦集団社の総株式の29.99%を占める2.73億株(普通株)を買収する予定で、譲渡価格は、29.76億元である。
 恒邦集団社は主に金の探査・採掘・選鉱、製錬及び化学工業生産事業を展開し・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:藍暁科学技術新材料社は、錦泰リチウム業社と協力事業を展開へ

 安泰科によれば、西安藍暁科学技術新材料株式有限公司は、青海錦泰リチウム業有限公司と4千t/yの炭酸リチウム生産ラインにおける共同建設、運営及び技術サービス契約を締結した。契約金額は6.24億元で、当該企業の2018年売上額の98.7%を占めている。これまで、当該企業は、錦泰リチウム業社と共同事業を展開しており、201・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:廃棄鉛蓄電池の収集率を高め、鉛蓄電池汚染処理の加速化を図る

 安泰科によれば、生態環境部等9部署は、「廃棄鉛蓄電池汚染予防処理行動計画案」を共同で発表した。廃棄鉛蓄電池は74%の鉛及びその化合物、20%の硫酸、6%のプラスチックから構成される。廃棄した鉛蓄電池から鉛を回収することによって、初生鉛の採掘を減らし、鉛による環境リスクを低減させることができる。廃棄した鉛蓄電池のうち7・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:中国アルミ集団社は、広州製錬所社全ての株式権益譲渡に11.05億元を投入予定

 安泰科によれば、中国アルミ集団有限公司は同社の傘下にある広州製錬所有限公司の100%株式権益を譲渡予定で、譲渡予定額は11.05億元を設定。
 広州製錬所有限公司は、1955年1月に設立し、登録資本金は1,728.60万元で、主に非鉄金属製錬及び圧延加工事業を展開している。2018年12月31日までの会計報告による・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:洛陽市政府、遼寧忠旺集団社とアルミニウム合金精密高度加工共同事業を展開

 安泰科によれば、洛陽市政府は、遼寧忠旺集団社と100万tアルミニウム合金精密高度加工における共同事業を展開し、調印式が鄭州市で開かれた。当該事業への投資総額は210億元である。
 契約に基づき、洛陽市政府は、遼寧忠旺集団社とアルミニウム加工、新材料ビックデータ分野で全面的に協力を開始する。遼寧忠旺集団社は、伊川県で・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:宏泰鉱業社傘下の玉合鉛亜鉛鉱山、新規採掘許可証を取得

 安泰科によれば、羅平亜鉛電気社の全額出資子会社である宏泰鉱業社は、2019年2月1日に貴州省自然資源庁から同社が保有する貴州省普定県鶏場玉合鉛亜鉛鉱山の新規採掘許可証を取得した。当該鉱山の年間生産規模は3万t、鉱区面積は1.1967km2を設定している。当該採掘許可証の有効期限は2018年7月から2027年9月までと・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:玉龍銅鉱山における拡張・改築工事を全面的に開始

 安泰科によれば、2019年2月17日四川省成都市において、西部鉱業集団傘下の玉龍銅鉱山における拡張・改築工事稼働式が開かれた。第13次5か年計画期間中に年間採掘選鉱規模を1,800万tとすると予定しており、2020年までに試運転段階に入る予定。
 玉龍銅鉱山は、超大規模ポーフィリー型・接触交代混合型銅鉱床で、国内最・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:中国アルミ業社は、包頭アルミ業社など企業株式買収に関する名義書換手続きを完了

 安泰科によれば、中国アルミ業社は2019年2月20日までに、華融瑞通株式投資管理有限公司、中国人寿命保険株式有限公司、深セン市招平中国アルミ投資センター(有限パートナー)、中国信達資産管理株式有限公司、中国太平洋人寿保険株式有限公司、中銀金融資産投資有限公司、工銀金融資産投資有限公司及び農銀金融資産投資有限公司 8社・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

DRコンゴ:中国・盛屯鉱業社は、DRコンゴの銅・コバルト鉱山買収に約5億元を投入

 安泰科によれば、中国・盛屯鉱業社は、間接的に持株子会社旭晨国際社に出資することにより、Nzuri Copper社の100%の株式権益を現金で買収する予定。取引総額は1.14億A$(人民元5.46億元に相当)である。
 Nzuri Copper社はDRコンゴ・カタンガ地域で銅・コバルト鉱山を保有している。主にKalo・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

DRコンゴ:中国・盛屯鉱業社、DRコンゴのプロジェクトで生産開始

 安泰科によれば、中国・盛屯鉱業社は、2016年8月15日に厦門で新しい企業を設置し、主にDRコンゴのプロジェクトに対する投資事業を展開している。生産設計規模はコバルト3,500t、銅10,000t、投資総額は6,000万US$である。
 当該プロジェクトは、2018年2月から建設を開始し、6月29日に試運転段階に入・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

米:中国・煙台正海磁石材料社は、米国で全額出資子会社の設置に100万US$を融資する予定

 安泰科によれば、煙台正海磁石材料株式有限公司は、米国で全額出資の子会社である煙台正海磁石材料北米有限公司の設置に100万US$を融資する予定。当該子会社の登録資本金は3万US$と設定している。主に輸出入貿易、倉庫による貯蔵、代理販売、磁石材料関連研究開発及び技術サービスの提供事業を行う予定。
 煙台正海磁石材料株式・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:英思特社と包頭市大地熊社、共同投資により包頭市英力特表面技術公司を設立

 現地報道によれば、英思特社は、2019年第1回臨時株主総会を開催し、「包頭市英力特表面技術有限公司の設置に関する議案」が審査され、承認された。
 議案の内容は以下のとおり。英思特社は、包頭市大地熊磁石発電有限公司と共同で包頭市英力特表面技術有限公司を設立する。登録資本金は3,000万元である。包頭市英思特希土類磁石・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 ネオジム ボロン/ホウ素 レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:包頭市レアアース金属基地における事業3件、内モンゴル自治区工業と信息化庁による認可を取得

 包頭市九原工業団地管理委員会からの情報によると、希土類金属基地にある3件の事業は、内モンゴル自治区工業と信息化庁による認可を取得した。
 3件の事業とは包頭市鑫璞希土類新材料有限公司の年間生産5,000tの希土類金属・合金プロジェクト、包頭市吉乾希土類新材料有限公司の年間生産2,500tの希土類金属・合金プロジェク・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2018年12月のリチウム精鉱輸入量、対前年同月比37%増

 安泰科によれば、2018年12月のリチウム原鉱石の輸入量は対前月比98.49%減の1,414tであった。リチウム精鉱の輸入量は対前月比14.13%減の14.14万tで、対前年同月比37.07%増であった。2018年第4四半期のリチウム原鉱石の輸入量は2018年の第3四半期と比べ77%減の18.35万t(実物量)、20・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:中国希土持株有限公司傘下企業、チリ・RUS社から500t/年の希土類混合酸化物を購入

 現地報道によれば、中国希土持株有限公司傘下の宜興新威利成希土有限公司は、チリ・REE UNO SPA社(RUS社)と法的拘束力を持たない契約の調印を結んだ。本契約によると、両社は調達契約を締結したことになりRUS社から利成希土社に毎年500tの希土類混合酸化物を販売する。最初の納期は2021年を想定しており、その後2・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2018年1~12月の中国アンチモン鉱石・精鉱輸入量、前年比27%増

 中国税関統計データによると、中国の2018年12月のアンチモン鉱石・精鉱輸入量は7,060.5tで、前月比1.4%減、前年比20.9%減少した。2018年1~12月のアンチモン鉱石及び精鉱輸入量は、前年同期比で27.0%増の89,286.9tであった。2018年1~12月、中国のアンチモン鉱石及び精鉱は、主にロシア(・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2018年1~12月の中国未圧延アンチモン輸出量、前年比82.5%増

 中国税関統計データによると、中国の2018年12月の未圧延アンチモン輸出量は540.0tで前月比50.5%減、前年比2,284.1%増加した。2018年1~12月の未圧延アンチモン輸出量は前年比82.5%増の5,273.8tであった。2018年1~12月、中国の未圧延アンチモンは主に韓国(1,610.8t、前年比88・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2018年1~12月の中国酸化アンチモン輸出量、前年比11.3%増

 中国税関統計データによると、中国の2018年12月の酸化アンチモン輸出量は3,170.0tで前月比4.6%減、前年比16.2%減少した。2018年1~12月の酸化アンチモン輸出量は前年比11.3%増39,286.0tであった。2018年1~12月、中国の酸化アンチモンは主に米国(18,349.5t、前年比29.6%増・・・ 続きを読む
鉱種:
アンチモン
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:海亮株式社は、KME社傘下の銅合金棒や銅管の関連資産への買収に1.19億EURを投資

 安泰科によれば、浙江海亮株式有限公司は2019年1月28日にKME社(KME Germany GmbH&Co.KG)と買収契約を交わした。傘下にあるKabelmetal Messing BeteiligungsgesmbH社(KMMB社と略称)、KME Brass Germany GmbH(KBG社と略称)、KME ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ