閉じる

ニュース・フラッシュ

著者名: 関淳夫

中国:銅スクラップ・アルミニウムスクラップ・廃鋼等固体廃棄物について2018年末より輸入禁止へ

 「輸入廃棄物管理目録」に関する公告は以下のとおり。
 中国生態環境部、商務部、発展改革委員会、税関総署は、固体廃棄物の輸入管理の更なる規範化と環境汚染防止のため、「中華人民共和国固体廃棄物環境汚染対策法」、「固体廃棄物輸入管理法」及び関連法律規定に基づき、現在実行している「原料として輸入制限のある固体廃棄物目録」、・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:北方希土社、甘粛希土類新材料社の買収に関する進行状況

 現地報道によれば、2017年7月25日、北方希土社は第6期董事会第17回会議で審査を行い、北方希土社における甘粛希土類新材料株式有限公司への統合事業が承認された。2017年12月29日、北方希土社の第6期董事会第20回会議で甘粛希土社の株式権益譲渡者との統合事業について審査し、承認された。以上の統合、または調整に関す・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:致遠リチウム業社の年間生産能力1.3万tのリチウム塩生産ラインが操業開始

 安泰科によれば、広東威華株式有限公司傘下の子会社である致遠リチウム業社は、年間生産能力4万tのリチウム塩プロジェクトを建設しており、そのうち第1番目の生産能力1.3万tの生産ラインが操業開始した。同時に威華株式社は、致温リチウム業社の残りの建設予定の生産能力に対し2018年内に建設が完了し、操業開始する予定。企業にと・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:株洲製錬集団社、年間生産能力30万tの亜鉛製錬プロジェクト、2018年末に生産開始を目指す

 安泰科によれば、株洲製錬集団社は、4月12日五鉱有色金属持株有限公司から通知された湖南省発展改革委員会の「株洲製錬集団清水塘地域土地の買収及び地域財政による援助問題に関する返答文」を公表した。
 当該返答文によると、株洲製錬集団社清水塘生産予定地について、株洲市政府が法律に基づき収用し、土地及び関連資産の収用に当た・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ