閉じる

ニュース・フラッシュ

著者名: Whatmore康子

ニューカレドニア:ValeのGoroニッケルHPAL精錬所の売却入札、3社が買い手候補に

 2020年2月14日付けのメディアによると、伯Valeが95%の権益を保有し、現在は売却の入札プロセスを実施しているGoro Ni HPAL精錬所の買い手として3社が名乗りを上げている。同精錬所の最高責任者は、これら企業の名を明かすことは避けたが、2020年6月には売却が完了する予定だとしている。一方、南部州Soni・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ニュージーランド:ニュージーランド政府Parker環境大臣、Tiwai Pointアルミニウム製錬所の有害廃棄物の処理を巡りRio Tintoを提訴か

 2020年2月13日付けのメディアによると、NZ政府David Parker環境大臣は、Rio Tintoが80%弱の権益を保有するNew Zealand Aluminium Smelters(NZAS)社のTiwai Pointアルミニウム製錬所が、有害廃棄物処理の不履行で、Rio Tintoを提訴することも辞さな・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:Sandfire社のWA州DeGrussa銅鉱山、サイクロン「Damien」による洪水で坑内に水や土砂が流入

 2020年2月14日付けの地元メディアによると、豪Sandfire Resources社がWA州で操業するDeGrussa銅鉱山は、2月10日、WA州を襲ったサイクロン「Damien」による大雨で生じた洪水で水や土砂が坑内に流入する事故が起き、翌々日の12日まで操業停止となった。事故発生時、坑内にいた32人の作業員は・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:Evolution Mining社、NSW州Cowal金鉱山の操業における地表水利用をやめる意向

 2020年2月13日付けの地元メディアによると、豪Evolution Mining社は、同社がNSW州で操業するCowal Au鉱山の操業においては今後、地下水の利用やパイプラインの開発などによって河川などの地表水の利用をやめるとしている。NSW州は過去2年間深刻な干ばつが続いており、同州で操業を行う鉱山企業はこれが・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪・ペルー:豪・ペルー間FTAが発効、ペルーは関税分類品目の93.5%における関税を撤廃、鉄鉱石や石炭など鉱物資源も対象に

 2020年2月12日付けのメディアによると、2月11日に豪・ペルー間FTAが発効したことに伴い、ペルーが豪州から輸入する物品の内、関税分類品目で93.5%の関税が撤廃された。これらの品目には、鉄鉱石、銅、ニッケル、石炭、石油などのエネルギー・鉱物資源も含まれる。また、同FTAにおいては、ペルーが豪州から輸入する鉱業機・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:OZ Minerals社、WA州West Musgrave銅・ニッケルプロジェクトのPFS結果を発表

 2020年2月12日付けの地元メディアによると、豪OZ Minerals社は、豪Cassini Resources社と各70%、30%の権益を保有するWA州West Musgrave Cu・NiプロジェクトにおけるPFSを完了した。PFSの結果によると、同プロジェクトはJORC規定に基づく推定鉱石埋蔵量が220百万t・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ