閉じる

ニュース・フラッシュ

River Valleyプロジェクトの推定埋蔵量が拡大

 バンクーバーのPacific North West Capital社は、オンタリオ州Sudbury近郊にあるRiver Valleyプロジェクトについて当初の推定よりかなり良好な鉱床であることが判明したと発表した。DanaとLismer's Ridge鉱床の埋蔵量は約2,540万トン、平均品位は、パラジウム0.98g・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀

Barrick Gold社、オーストラリアの鉱山会社を買収か

 金生産業界では、十分な埋蔵量を確保し、将来の成長を維持するため、既に2003年実績の70%以上にあたる73億USドルを本年の合併買収に投資するなど動きが活発化する中、オーストラリアの大手鉱山会社であるNewcrest Mining社あるいはOxiana社の買収にBarrick Gold社とNewmont Mining・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀

Barrick Gold社、南米プロジェクトへの投資を発表

 Barrick Gold社は、将来の埋蔵量を確保する必要性から、チリとアルゼンチンの国境付近にあるPascua-Lamaプロジェクトに約15億USドルを投資すると発表。同社は、低コスト金生産会社の地位を維持しながら、2007年までに現在の年間生産量を40%増量する計画を有し、現在、アルゼンチン、ペルー、オーストラリア・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀

Inco社が第2四半期決算でGoroプロジェクトの評価損を計上

 Inco社は、2年前から休止しているニューカレドニアのGoroニッケルプロジェクトについて、2004年5月に、当初の生産規模を前提に精製プラントを半分に縮小し、当初計画の資本コスト21億USドルから約18.5億USドルに削減する開発方針の変更を行ったが、第2四半期決算において当該変更に伴い不要になった工事や設備経費1・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀

Iamgold社の投資家はWheaton River社の合併提案を拒否

 2004年3月にWheaton River社がIamgold社との合併を発表し、世界で第8番目の金生産企業設立を目指していたが、5月にCoeur D'Alen Mines社がWheaton River社の獲得、Golden Star Resources社がIamgold社の獲得を同日で希望したことから、オンタリオ州裁・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀

Aur Resources社とInmet Mining社の合併中止

 7月7日付 カナディアン・マイニングジャーナル等によると、Aur Resources社とInmet Mining社の銅生産新会社設立は中止になることが発表された。具体的な理由は挙げられていないが、中堅の優良銅生産企業として実績をあげる両企業とも、中堅のトップ企業として今後もビジネスを展開していくことが最良の選択である・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀

ニッケルの今後の見通し

 グローブ&メール紙によると、Mason Placements Canada社のアナリストRik Visagie氏が発表した今後のニッケルマーケットの見通しでは、世界のニッケル需要は、1992年以降の年平均伸び率が4.2%であることを念頭に置き、今年は4%、2005年には6.6%伸びると予測。この結果、2004・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀

地元先住民グループ、Teck Cominco社を相手に訴訟を起こす

 Teck Cominco社のブリティシュ・コロンビア州Trail精錬所における米国ワシントン州コロンビア川とルーズベルト湖汚染問題に関し、同州の先住民グループColville Confederated Tribesが7月21日、訴訟を起こした。訴訟内容はアメリカ環境保護庁(EPA)のSuperFund法の早急な受け入・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀

中国Minmetal社、Noranda社の入札に60億ドルを提示

 ブラジルの経済紙Valor Economico紙によれば、Noranda社の入札にCVRD社は54億ドルを提示したが、中国のChina Minmetals Non-ferrous Metals社がこれを上回る60億ドルを提示したと報道。また、CVRD社は入札額の増額を希望しているが、同社の理事会により阻まれているとし・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀

2003年世界の鉱業部門の収益95%上昇

 プライスウォーターハウス社の6月14日付レポートで、世界鉱業企業トップ30社の2003年の純利益が2002年の88億ドルから115US億ドルと95%上昇したことが発表された。カナダの鉱業企業は探鉱開発経費支出額において、ラテンアメリカについで、世界のリーダー的な地位を築きつつあり、今後も更なる発展があるだろうと見られ・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀

ブラジルのChapada Copper/Gold Mineフィジビリティー調査結果を発表

 トロントのYamana Gold社はHatch Associates社によるブラジルのChapada金プロジェクトの最終フィジビリティー調査レポートの結果を発表した。 本調査レポートによれば、Chapadaの埋蔵量は、平均鉱石品位は銅0.347%、金0.261g/tで合計量は約2.97億tを予定。マインライフは17年・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀

Teck Cominco社、コロンビア川への水銀流出報道に対し反論

 Teck Cominco社が運営するTrailの精錬所におけるコロンビア川汚染問題で、Spokesman-Review紙が、製錬所から過去に多量の水銀をコロンビア川に流していたという情報を入手したと発表したことに関し、Teck Cominco社の環境部副社長は、これは数十年以上も前の古いレポートを基に出された報道で、・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀

バンクーバーのジュニア企業、Sullivan鉱山周辺の鉱脈調査を開始

 バンクーバーのジュニア企業であるStikine Gold社は、ブリティシュ・コロンビア州Kimberlyの近郊Sullivan鉱山における鉱床の北部断層の連続性について、約400万ドルをかけ調査を開始した。同鉱山は、2001年12月の閉山までに、総量にして鉛820万t、亜鉛770万t、銀2.87億オンスを生産した。 ・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀

Sudburyの2鉱床で坑内探査開始

 FNX Mining社(トロント)は、Dynatec社(オンタリオ州)とジョイントベンチャー契約(FNX社75%、Dynatec社25%)で、Norman 2,000鉱床とNorman North鉱床(銅、ニッケル、白金)にC$3,000万を投入し、同鉱床の坑内探査等を行うことに合意した。 C$3,000万のうちC$・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
戸村昌幸

アラスカPogo金鉱山、生産3か月遅

 ?鰹Z友金属鉱業がオーナーのアラスカPogo金鉱山は、北アラスカ環境センターがPogo National Pollutant Discharge Elimination System(排水)許可証に関する上告を取り下げたことにより開発が再開されたが、これにより、同鉱山の生産は当初計画より3か月遅れ、2006年3月まで・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀

カナダ・鉱業部門の第1四半期、利益増大

 カナダ上位企業284社の第1四半期の結果が発表され、利益合計はC$144億で、昨年同時期のC$133億に比べ9%増加したことが明らかになった。今回の収益増加は、中国、アメリカ、日本における経済拡大に伴い、金属、鉄、材木、燃料そして機械などを大量に消費したことによる。中でも鉱業部門の伸びは著しく、総計でC$7,300万・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀

ブリティシュ・コロンビア州の鉱業活性化本格的に

 今年のブリティシュ・コロンビア州の探鉱投資は2003年の倍のC$1億になると見込まれている。これは中国における銅や金などの需要が大幅に増えたことが一番の要因であるが、それに加え、ブリティシュ・コロンビア州政府の鉱業活性化推進努力によるものも大きいといわれている。 現在、BC州では12の鉱山が移行しているが、今後、新鉱・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀

Teck Cominco社、Pogoゴールドプロジェクトを継続可能に

 Teck Cominco社は、アラスカで行っているPogo金鉱山開発プロジェクトについてアメリカ環境保護庁がTeck Cominco社にPogo National Pollutant Discharge Elimination System(排水)許可証を交付するのを不服とし、北アラスカ環境センターが異議申し立てした・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀

Inmet Mining社がAur Resources社を買収

 Inmet Mining社は同社0.368株をAur社の一株との株式交換(金額にして6.4億ドル)でAur社を買収し、新会社Aur Mining Corpとすると発表した。Inmetは55%を所有する。これにより時価総額13億ドル、チリ、トルコ、フィンランド、パプアニューギニア、ケベックで7鉱山を運営する銅生産会社が・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀

Noranda社とTeckCominco社でオーストラリア亜鉛鉱山再開発計画

 Noranda社は、今後、実施される予定の再開発検討のための各種調査等に2,600万ドルを投資することを条件としてTeckCominco社が所有するオーストラリア西部のLennard Shelf亜鉛鉱山の権益50%を獲得する契約に合意した。Lennard Shelf鉱山は、TeckCominco社が昨年10月にWes・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ