閉じる

ニュース・フラッシュ

東ティモール:豪Inca Minerals社が探鉱ライセンス3件を申請

 2018年10月24日付地元メディアによると、豪Inca Minerals社は東ティモール民主共和国にて探鉱ライセンス3件を申請したことを明らかにした。同国北岸中央部にある首都Diliの東約40kmに位置するManatutoプロジェクト(対象鉱物はニッケル、コバルト、クロム)、同じくDiliの東南東80kmに位置する・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム コバルト ニッケル バナジウム リン
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:PTFI、Grasberg金鉱山の露天採掘の終掘計画を改定

 2018年10月25日付地元メディアによると、PT Freeport Indonesia(PTFI)は2018年上半期の経済的分析の結果に基づいて、2019年前半にGrasberg Block Cave(GBC)坑内採掘へ移行するまで露天採掘を継続するように計画を改定した。露天採掘ピットは既に終掘へ向けての最終段階に・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:国家行政裁判所がAntamのニッケル鉱業事業許可訴訟を棄却

 2018年10月19日付地元メディアによると、国家行政裁判所(PTUN)は、鉱山会社3社から起こされていた南東Sulawesi州北Konawe県のAntam(PT Aneka Tambang)のニッケル鉱業事業許可の認証に係る訴訟に対して棄却した。
 この事業許可については、最高裁判所がAntamに事業継続の権利が・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:豪Gulf Manganese社、Kupangマンガン製錬所建設が遅延の可能性

 2018年10月18日付地元メディアによると、豪Gulf Manganese 社は東Nusa Tenggara州で建設中のKupangマンガン製錬所プロジェクトにおいて、インドネシア石炭企業PT Bayan Resources社Low Tuck kwong社長による1,080万A$(約8.7億円)の投資計画がキャンセ・・・ 続きを読む
鉱種:
マンガン
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:豪Skyland社、中部Kalimantan州のミネラルサンド鉱床開発会社を買収

 2018年10月17日付メディアによると、豪石油ガス会社Skyland Petroleum Group社は、Tisma HK社からインドネシア中部kalimantan州でミネラルサンド鉱床開発を行っているTisma Development社の権益100%を取得する契約を締結した。Skyland社は石油ガスの中核事業の・・・ 続きを読む
鉱種:
ジルコニウム チタン ミネラルサンド
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

ギニア:Rio Tinto、Chinalco社とのSimandou鉄鉱石プロジェクトの権益売却に係る基本合意が無効になったことを発表

 2018年10月28日、Rio Tintoはプレスリリースにて、中国Chinalco社との間で2016年10月28日に署名したSimandou鉄鉱石プロジェクト権益売却に係る非拘束基本合意書が無効になったことを発表した。同プロジェクトの現在の権益比率は、Rio Tintoが45.05%、Chinalco社が39.95・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

ナミビア:ナミビア鉱業協会、政府が鉱業探鉱ライセンス申請時のエンパワーメント要件を廃止

 2018年10月26日付けのメディア報道によると、ナミビア鉱業協会は、政府が企業に対して鉱業探鉱ライセンス申請の際には、歴史的に不遇を受けてきた黒人ナミビア人(Historically disadvantaged Black Namibians)による一部株式保有及びマネジメントレベルでの黒人参画率を定めた要件を廃止・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

ニューカレドニア:SLN社、2018年8月から設置されていたKouaouaニッケル鉱山のバリケードが解除されたことを報告

 2018年10月26日付の地元メディアによると、仏Eramet社などが出資するSLN社は、固有樹林の保全を求めて鉱山拡張計画に反対する地元グループによるバリケードが設置されたことで鉱山操業を中止しているKouaoua Ni鉱山に関し、8月から続いたバリケードが解除されたことを明らかにした。SLN社は、紛争が解決したと・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Fortescue社、品位:Fe 60.1%の鉄鉱石を2018年12月から出荷する予定

 2018年10月25日付のメディアによると、豪州鉄鉱石大手のFortescue社は品位:Fe 60.1%の鉄鉱石を2018年12月から出荷する予定であることを明らかにした。Fortescue社の四半期報告によると、2018年7~9月四半期の鉄鉱石出荷量は40.2mtで、前期比で14%、前年同期比で9%の減少となった。・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Tawana社及びAlliance Mineral社、WA州Bald Hillリチウム-タンタル鉱山産のタンタル精鉱を売却することで合意

 2018年10月25日、WA州Bald Hill Li-Ta鉱山を操業する豪Tawana社と星Alliance Mineral社は、Bald Hill鉱山から生産された約20~30dmtのタンタル精鉱(品位:Ta2O5 30%)を、高品位タンタル精鉱の長期オフテイク件を保有するH.C.Starck社に初売却することで・・・ 続きを読む
鉱種:
タンタル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:VIC州、Stavely地域で実施されていた11鉱区の入札で、6社が落札したことを発表

 2018年10月25日付の地元メディアによると、VIC州のTim Pallas資源大臣は同州Stavely地域において実施していた11鉱区の入札に関し、6社が落札したことを明らかにした。鉱区を落札した6社は、今後探鉱ライセンスを申請する権利や、VIC州が実施する探鉱助成制度であるTARGETを利用した2mA$以上の助・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

メキシコ:Minera Frisco社、為替差益による増収も、売上減少

 2018年10月26日付け地元紙によると、墨Minera Frisco社は、2018年第3四半期の収支は前年同期の550mMXNの損失に対し、521mMXNの利益を計上したと発表した。同社は、これは、主に為替差益によるものであると説明した。販売量は金が前年同期比28%減の55,764oz、銀が11%減の1.86百万o・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

チリ:政府は氷河目録を更新し、鉱山等から放出される粒子状物質による氷河への影響を評価

 2018年9月9日付けメディア報道によると、公共事業省水資源総局氷河・降雪ユニットのGino Casassa部長は、降雨量および降雪量の減少および気温上昇などの気候変動による氷河減少の問題について、アルゼンチンで制定された氷河法と同様の法律はチリには必要でないとしながらも、水資源総局が現在把握している氷河に関する環境・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
村上尚義

チリ:CODELCO、Andina銅鉱山拡張プロジェクトのFSを開始

 2018年9月7日付けメディア報道によると、CODELCOはAndina銅鉱山拡張プロジェクトのFSを開始し、現在資源量精査のためのボーリング調査およびエンジニアリング調査を実施している。調査期間は計22か月の予定。
 本プロジェクトは、現在のAndina銅鉱山粗鉱生産量88千t/日に65千t/日を加え、銅生産量を・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
村上尚義

チリ:新しい氷河保護関連法案が国会で審議開始

 2018年9月4日付けメディア報道によると、2018年6月末にこれまで審議されてきた氷河法案が廃案となって以降、二つの新しい氷河保護関連法案が下院および上院において審議されている。
 一つは、氷河分布地域における水使用権の付与を禁止する法案で、氷河法案が廃案になったことを受けて環境保護派議員から提出されたもの。同法・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
村上尚義

チリ:CODELCO、2018年上半期の税引き前利益は前年同期の25%増となる12億4,000万US$を計上

 2018年9月3日付けメディア報道によると、CODELCOの2018年上半期の税引前利益は、2017年上半期の税引前利益9億9,000万US$から約25%増えて、12億4,000万US$となった。同様に2018年上半期のEBITDAは、2017年上半期のEBITDA 22億2,000万US$から約21%増えて26億9・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
村上尚義

中国:雲南省で100億元規模の新材料産業基金を設立見込み

 安泰科によれば、雲南省政府は、新材料産業基金を設立する見込みで、規模は約100億元で、初期の規模は約20億元である。国内戦略的新興産業と「中国製造2025」戦略の中で主要成長分野とされている10大分野の中でも、新材料産業は、21世紀に最も将来性のある産業として認識されており、いわゆるハイテク産業である。雲南省発展改革・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:威華株式社、盛屯リチウム業社を買収し、金川奥伊諾社の75%の権益を取得

 安泰科によれば、広東威華株式有限公司は、四川盛屯リチウム業有限公司の100%の株式権益を買収予定である。盛屯リチウム業社は、金川奥伊諾鉱業有限公司の75%の権益を保有しており、この買収により威華株式社は金川奥伊諾鉱業有限公司の75%の権益を取得することになる。買収推定額は9.5億元である。金川奥伊諾鉱業有限公司は四川・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2018年9月の精製銅生産量は76.4万t

 安泰科によれば、国家統計局によると2018年9月の精製銅(電解銅)生産量は、対前年同月比10.4%増の76.4万tである。中国の2018年1~9月の精製銅生産量は、対前年同期比11.2%増の660.7万tであった。
 中国の9月の鉛生産量は、対前年同月比13.7%増の44.7万tで、2017年3月以降の最高生産量と・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:中国鉱業連合会、深セン国際仲裁院と協力枠組協議を締結

 安泰科によれば、中国鉱業連合会は、深セン国際仲裁院と協力枠組協議を締結した。両者は、業界内の調停及び商業仲裁のような紛争の解決メカニズムの設立を図り、中国企業による鉱業取引紛争を解決する。また、中国企業が「一帯一路」発展戦略実施の中に生じた投資トラブルを解決し、投資企業による正当な権益を守り、鉱業業界の質の高い成長を・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ