閉じる

ニュース・フラッシュ

カザフスタンの2004年ウラン生産量、11%増の3,719t

 国営原子力公社Kazatompromは、3月14日、カザフスタンの2004年のウラン生産量が前年比11%増の3,719t(2003年は3,346t)だったと公表した。Kazatomprom社が3,363tを生産し、同社のJ/V事業と2004年秋から同社の管理下に置かれているAkmola州のStepnogorsk鉱山・・・・ 続きを読む
海外事務所:
アルマティ
担当者:
酒田 剛

GM社の銅生産額10億ドル売上増が大幅純益に寄与

 グルーポ・メヒコ(GM)社の情報筋によると、世界の産銅大手会社であり、メキシコを中心に、米国、ペルーを生産拠点とするGM社の2004年銅生産高は、前年比4.6%増の87万tであった。 銅平均価格が2003年トン当り約1,800ドルから、2004年約2,850ドル(約60%増)に上昇し、売上高が約25億ドルとなり、前年・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
メキシコ
担当者:
権藤 浩

グルーポ・メヒコ(GM)社、2004年8億ドル弱の大幅黒字

 GM社の情報筋によると、世界の産銅大手会社であるGM社の2004年通年の総売上高は前年比69%増の4,206百万ドルに達し、2004年まで3年以上継続した損失から一転して、純益784百万ドル(2003年▲75百万ドル損失)を達成した。非鉄金属の増産及び価格高騰、恒久的なコスト削減等を理由としている。 内訳を見ると、G・・・ 続きを読む
海外事務所:
メキシコ
担当者:
権藤 浩

ラオス:Oxiana社が銅生産開始

Oxiana社は、3月14日、ラオスSepon鉱山での銅カソードの生産を開始したと発表した。同鉱山では、2003年1月以降、詳細設計・プラント建設を開始し、2005年3月末の生産開始を計画していたが、これより2週間早い3月13日に、最初のカソードが生産された。年産は6万tの計画であり、タイ、マレーシア、中国等への輸出を・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
その他
担当者:
市原秋男

Xstrata社、“豪州最大級”の銅山買収へ

 Xstrata社(スイス資本)は、Universal Resources社に660万豪ドルの資本注入することで、同社の株式13%相当の権益を取得し、豪州最大級の未開発のRoseby銅鉱山の権益51%相当を取得する権利を得ると発表した。同社が保有し、Xstrata社が2003年のMIM社の買収によって取得した同社の主力・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

ノルウェー・Espedalenニッケル・プロジェクトで、Blackstone Ventures社フェーズ2掘削作業を開始

 Blackstone Ventures社(加)は、3月14日、先日Noranda社(加)との合併を発表したFalconbridge社(加)の子会社と共同探鉱中のノルウェー中央部のEspedalenニッケル・プロジェクトで、フェーズ2の掘削作業を開始したと発表した。本掘削作業は、2004年秋に掘削して2孔で着鉱したSt・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
嘉村 潤

Teck Cominco社、亜鉛は年末までに正常在庫量を下回るとの見通し

 業界紙等によると、亜鉛精鉱生産大手であるTeck Cominco社のマーケット・リサーチ部長は、トロントで開催されているPDAC(カナダ探鉱・開発協会総会)の初日に、亜鉛の在庫量(生産者在庫、消費者在庫、流通在庫にLME在庫を加えたもの)は、西側世界の亜鉛消費量の5週間分相当が正常であると表明した。亜鉛在庫量は、20・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
調査部
担当者:
鈴木 徹

BHP Billiton社、WMC社買収提案を発表

BHP Billiton社(英豪)は、3月8日、Xstrata社(スイス)が1株当たり7.00豪ドルで敵対的買収をしかけているWMC社(豪)に対して、この条件を大きく上回る1株当たり7.85豪ドル、総額92億豪ドル(73億USドル)でWMC社株式90%を買収するとのオファーを発表した。BHP Billiton社は、WM・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
嘉村 潤    2005. 3. 8 シドニー 久保田博志

ペルー・鉱業ロイヤルティ法違憲訴訟に対する憲法裁判所裁決は3月15日

 地元紙等によると、2004年11月、鉱業協会が憲法裁判所に提出した鉱業ロイヤルティ法に対する違憲訴訟について、憲法裁判所の広報官は、3月15日に本訴訟に対する裁決を発表すると発言した。 本訴訟は、鉱業ロイヤルティ法が鉱業分野のみに差別的に追加的税負担を求めている点を主な違憲理由として、憲法裁判所に提出された。ペルーで・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Minsur社の2005年の錫生産量は2004年並の4万t

 地元紙等によると、ペルー唯一の錫生産会社であるMinsur社は、2005年の錫生産量見通し等について発表した。 これによると、2005年の錫生産量は2004年実績(41,613t)並の4万t程度の予定であり、年産5万tレベルの生産は将来的な希望的構想であると、最近ロイター電等で流れた5万tに増産するとの報道を否定して・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Milpo社がCerro Lindo多金属鉱床の開発決定を発表

 地元業界紙等によると、Milpo社は、ペルー中南部のIca県に位置するCerro Lindo多金属鉱床(亜鉛・銅・鉛・銀:塊状硫化鉱床)の開発を決定し、2005年4月から道路造成等の予備的な開発工事に着手すると発表した。 これによると、操業開始は2007年下期、開発投資額は65百万ドル、操業規模は粗鉱量5千t/日(坑・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Alto Chicama金山の開発工事は75%が終了

 地元紙等によると、Barrick Gold社は、同社が開発工事中のAlto Chicama金山の現況について、2月末時点で工事の75%が終了し、第3四半期の操業開始に向け開発工事は計画通りの進捗と発表した。これまでの開発投資額は255百万ドル(最終開発投資額予定340百万ドル)、開発工事期間中の雇用者は約2,000人・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・2005年の資源開発税(カノン税)による地方配布額は前年比24%増

 ペルーでは、鉱業会社が支払う所得税の50%を、資源開発税(カノン税)として鉱山が所在する地元に還元し、インフラの整備等に向けられる制度あるが、地元紙(3月3日付)によると、経済財務省は、2005年の資源開発税配布予定総額は、前年比24%増の560百万ソーレス(約170百万ドル)になると発表した。 これによると、県別の・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ベネズエラ・Bolivar Gold社(加)がChoco 10金山の操業開始

 地元業界紙等によると、Bolivar Gold社(加)は、同社が70%の権益を保有するChoco 10金山(ベネズエラ東部Bolivar州)の操業を開始したと発表した。 これによると、現在は試験操業段階であるが、4月にはフル操業レベル(粗鉱量5.4千t/日)に達する。産金量は12.5万oz/年を予定。 同金山の現在の・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

チリ・Mantos Blancos鉱山マインライフ短縮か

 地元インターネット情報等によると、チリ第Ⅱ州のMantos Blancos鉱山のマインライフは14年から5~6年に短縮される見込み。Mantos Blancos鉱山を操業するAnglo American社によると、同鉱山は過去数年間生産を拡大した結果鉱量が大幅に減少した。また40年以上続いた探査モデルは、地下浅所には・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

チリ・鉱業ロイヤルティ法案審議再開

 3月3日付け地元紙等によると、夏季休暇のため休会していた国会が近日中に再開され、議会で論議が続いていたロイヤルティ法案審も再開される。2005年12月の大統領選挙を控え、政府は5月21日までに国会での成立をめざしているが、3月16日には下院の鉱業委員会で採決が行われる予定。
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

Glencore社・アルゼンチンAguilar鉱山の筆頭株主に

 2月25日付け地元インターネット情報等によると、スイスのGlencore社がアルゼンチンAguilar鉱山の権益の89%を取得した。同鉱山は、同国北部Jujuy州にある南米唯一のSEDEX型鉛・亜鉛・銀鉱床で、年産75,000tの亜鉛、20,000tの鉛を生産、年間売上高は、60~65百万USドルである。これまでは、・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

ロシア・ようやくPGM情報を開示する大統領令を布告

キルギス・Kumtor金鉱山、2005年の探鉱投資は12百万USドル

チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ