閉じる

ニュース・フラッシュ

チリ・El Morroプロジェクト、Metallica社が探鉱成果発表

 4月18日、カナダのジュニアカンパニーであるMetallica社は、現在チリ第Ⅲ州でNoranda社と共同探鉱を実施しているEl MorroプロジェクトLa Fortuna鉱床の最近の探鉱成果を発表した。それによると、これまでにボーリング23孔、9,932mが終了しており、そのうち、高品位二次富化帯の広がりとポーフィ・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

チリ・CODELCO Villaruz総裁CODECLOへの一部民間資本参加を提案

 4月18日CODELCO Vilaruz総裁は、CODELCO 2004年度活動国会報告なかで、CODELCOは、今後世界の銅需要増大に答えるため、投資の拡大と増産に必要な資金手当ての方法を検討しなければならないと発表した。20日付け地元紙等によると、同総裁はその方法について、CODECLOは過去3年間国際市場での債・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

CODELCO、Villaruz総裁、国会で2004年活動報告

 4月18日、CODELCO Villaruz総裁は国会でCODELCO 2004年度活動報告を行った。報告要旨によると、CODELCOは設立以来34年間で最大の収益3,301百万USドルを記録。2004年の資産価値の増加は5,122百万USドルで、2005年1月までに資産価値は20,896百万USドルに達し、年間割引・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

ペルー・鉱業ロイヤルティ法の適用範囲について政府内で近く協議

 憲法裁判所長官の発言に端を発し、鉱業ロイヤルティを巡る新たな論点となった、税の長期安定化契約を締結している鉱山に対しても鉱業ロイヤルティを徴集するか否かの問題について、地元紙(4月22日付)他によると、近くエネルギー鉱山省と経済省が協議を行う見込みである。 これによると、本協議予定は、サンチェス・エネルギー鉱山大臣に・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・SPCC社の2005年第1四半期の純利益は前年同期比で2倍強

 SPCC社(Southern Peru Copper Corp.)は、4月21日、2005年第1四半期の純益額等を発表した。 これによると、銅、モリブデンの高値、とくにモリブデン価格が前年同期比で大幅に高騰したことから、2005年第1四半期の総売上高は前年同期比77%増の4.86億ドル、純利益は前年同期比118%増の・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

エクアドル・IAMGOLD社がQuimsacocha金鉱床探査で高品位部に着鉱

 地元業界紙(4月19日付)等によると、IAMGOLD社(加)は、エクアドル中南部に位置するQuimsacocha金鉱床(浅熱水性:銀、銅随伴)の探鉱状況について発表し、この中で、最近のボーリング調査で金の高品位部を把握し、今後、精密探鉱を行うとした。 これによると、金の高品位部に着鉱したのは同社がD1地区と呼称してい・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ロシア・2005年末に埋蔵量の定義を改訂へ

 地元紙等によれば、ロシア連邦地下資源庁(Federal Subsoil Agency:天然資源省の下部組織)は新たに策定した埋蔵量の定義を2005年末までに制定し、2006年からの導入を目指している。同庁のPyotr Sadovnik副長官が4月6日に述べたところでは、新定義はノルウェーの規定に似た国連フレームワーク・・・ 続きを読む
海外事務所:
アルマティ
担当者:
酒田 剛

ロシア・第1四半期の非鉄金属生産、銅は15%増

 地元紙等は、ロシアの2005年第1四半期における非鉄金属生産量について、アルミニウムが前年同期比1.2%増、電気銅が同15.0%増、ニッケルが同6.5%減であったと報じた。1~2月間の生産量に関して同国の産業エネルギー省は、電気銅の生産がUralelektromedで21%増(前年同期比)、Kyshtym Elekt・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 鉄鉱石
海外事務所:
アルマティ
担当者:
酒田 剛

ロシア・地質データの使用料を制定へ

 地元紙等によれば、ロシア連邦地下資源庁(Federal Subsoil Agency:天然資源省の下部組織)は天然資源省の定めに基づき、地下資源利用に関する地質情報料(地質データの使用料)を策定した。3月25日、政府広報担当官が、今後Mikhail Fradkov首相の署名をもって発効することを明らかにしたもので、政・・・ 続きを読む
海外事務所:
アルマティ
担当者:
酒田 剛

ロシアのニッケル生産2社、統合を経て売却へ

 地元紙等は、ロシアのニッケル生産者2社(Ufaleinikel社とRezhnikel社)が統合され、売却される見込みだと伝えた。Ufaleinikel社の株式76.03%とRezhnikel社の約90%を所有するAkropol BankのMikhail Trubetskoi広報官が、Ufaleinikel社のMikh・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
アルマティ
担当者:
酒田 剛

ウズベキスタン・銅生産国有企業Almalyk GMKの民営化を2年間凍結

 地元紙等は、ウズベキスタン政府が97.5%を所有するAlmalyk Mining & Metallurgical Combine(AGMK)について、今後2年間の民営化を凍結する政府の決定を国家資産委員会の関係者が明らかにしたと伝えた。これは、このほど採択された2005~2006年の民営化プログラムにAGMKが含まれ・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
アルマティ
担当者:
酒田 剛

ロシア・Renova社、チタン開発のJ/V設立をウクライナ政府に要請

 地元業界紙は、ロシアRenova社がウクライナでチタン鉱床の開発プロジェクトを行うためにウクライナ政府に対してJ/V設立を要請したと伝えた。同社のViktor Vekselberg社長は、チタン鉱石の採掘から生産・販売までを手がける垂直統合型J/Vを設立したいとして、子会社のTitanium-Apatite Comp・・・ 続きを読む
鉱種:
チタン レアメタル
海外事務所:
アルマティ
担当者:
酒田 剛

ロシア・KMEZ、2004年の精錬銅生産量は1.2%増の80千t

 地元業界紙によれば、ロシアKyshtym Copper Elektrolyte Plant(KMEZ)は2004年に前年比1.2%増となる79,961tの精錬銅を生産した。内訳は、電気銅:67.4千t(前年比1.9%増)、銅箔:1,850t(同1.8倍)、銅ワイヤロッド:9.7千t(同5.8%減)。この他に、銀4.0・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
アルマティ
担当者:
酒田 剛

ウクライナ・ZTMK、第1四半期のスポンジチタン生産量は14%増

 地元業界紙によれば、ウクライナZaporozhya Titanium Magnesium Combine(ZTMK)は2005年第1四半期に前年同期比13.6%増となる1,981tのスポンジチタンを生産した。欧州では、鉄鋼添加向けの「B級」スポンジチタンが品薄から4か月間で約5倍に暴騰し、展伸材用の高純度「A級」の価・・・ 続きを読む
鉱種:
チタン レアメタル
海外事務所:
アルマティ
担当者:
酒田 剛

カザフスタン・Kazkhrom社、第1四半期のクロム鉱採掘量は7.6%増

 地元紙等によれば、カザフスタンKazkhrom社は2005年第1四半期に前年同期比7.6%増となる813.1千tのクロム鉱を採掘した。Eurasian Industrial Association(EIA)が公表したもので、フェロアロイ生産量は同4.8%減の288.1千t、マンガン精鉱生産量は50.7千tであった。な・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム レアメタル
海外事務所:
アルマティ
担当者:
酒田 剛

中国・第1四半期の銅地金輸入量が減少

 チリ銅委員会(Cochilco)は、2005年第1四半期における中国の銅地金輸入量は前年同期比15.4%減少したが、これは、中国の需要が減速しているのではなく(中国の第1四半期のGDPの成長率は9.5%)、2004年の第1四半期が在庫を積み増すために、大量の銅地金を輸入した反動であるとの見解を示した。一方、銅精鉱やス・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
調査部
担当者:
西川信康

Falconbridge社は銅生産を10年で倍増する予定

 経済紙等によると4月21日に開かれたFalconbridge社の年次株主総会で、CEOのAaron Regent氏は同社が銅生産へのさらなる進出を検討している旨発表。この中でアルゼンチンのEl Pachon地域とチリのEl Morro地域の未開発プロジェクトへの取り組み、また現存するチリのCollahuasi鉱山とL・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀

ロシア・Norilsk Nickel社、新しい金の統轄子会社設立へ

 地元情報等によると、Norilsk Nickel社は、同社の全ての金の資産を新しい事業部に分割譲渡する計画の一部として、同社の所有する南アのGold Fields社の株式20%を、新しく設立する子会社に移管すると発表した。さらに、現存する子会社のPolyus gold社も2006年初頭までに新しい子会社に組み込まれる・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
調査部
担当者:
本庄鉄弥 モスクワ事務所情報による

メキシコ・銅価格の高騰継続、GM社2005年第1四半期の大幅収益3億USドルに貢献

 地元一般紙等によると、グルーポ・メヒコ(GM)社は、2005年第1四半期の売上高1,282百万USドル及び純益303百万USドルと、昨年同期比で各々40.0%増、28.8%増となった。 この主要因は、カナネア(Cananea)鉱山で過去10年来の記録的降雨による露天掘採掘場の深刻な浸水の影響により同グループ会社Min・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
メキシコ
担当者:
権藤 浩

メキシコ・ペニョーレス社、埋蔵量減少の中、鉱山買収準備

 地元経済紙(4月20日付)等によると、ペニョーレス社のメインバンクBanamex-Citi銀行のRafael Urquita特別業務アナリストは、「ペニョーレス社は、2004年生産レポートにおいて、特に、銀、鉛及び亜鉛の埋蔵量が減少しているが、今後、新規鉱量を取得する可能性がある」、更に、「埋蔵量減少は市場の精鉱逼迫・・・ 続きを読む
海外事務所:
メキシコ
担当者:
権藤 浩
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ