閉じる

ニュース・フラッシュ

中国・大多宝山銅鉱床は銅300万t超の規模

 安泰科及び多宝山銅鉱山によると、黒竜江省にある多宝山銅鉱床と銅山鉱床の周辺で、これまでに2つの大きな銅鉱床が発見されており、その開発プロジェクトが今般進められつつあるとしている。新たに発見された多宝山鉱床近くの鉱床の銅金属量は327万t(品位0.47%)、金85t、銀1,500t、モリブデン8万t、銅山鉱床近くの鉱床・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

中国・中条山有色金属集団、銅生産能力を6倍に拡大へ

 2005年中国国際銅フォーラムにおいて、中国中条山有色集団公司董事長の王樹琪氏は、2007年をめどに銅製錬能力を6倍に引上げ、2006年に国内市場で株式を公開し、一部資産の上場を目指す計画であることを公表した。 王樹琪氏によると、同集団は現在、山西省に生産能力10万t/yとなる精錬工場を建設しており、精製銅の総生産能・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

中国国土資源研究院、銅資源の現状と確保のための戦略を紹介

 江蘇省張家港市において2005年中国国際銅業セミナーが9月7日から8日の2日間開催された。その中で中国国土資源経済研究院の陳甲斌氏は銅資源の現状と銅資源確保の戦略について、以下のように述べた。 中国国内銅資源の現状については政府の指導にもかかわらず不足しており、海外からの銅資源に大きく依存している。海外の銅資源は鉱床・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

中国西部地区、非鉄金属資源のポテンシャルは中国で最大

 青海省西寧市で開かれた“第3回中国(西部)非鉄金属鉱業開発国際セミナー”において、中国有色金属工業協会の康義会長は西部地区が中国の非鉄金属産業発展の推進役で、非鉄金属資源のポテンシャルが最も高い地域であると述べた。 同会長によると、西部地区12省の面積は686.7万km2、中国全土の71.45%を占めているが、人口が・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

中国・黒竜江、多宝山銅鉱床開発が大きく進捗

 安泰科によると、黒竜江鉱業集団有限公司は福建省の大手鉱山私企業である紫金鉱業有限公司、新彊ウイグル自治区、青海省の西部鉱業株式有限公司と共に、多宝山銅鉱床開発を目的に黒竜江多宝山銅鉱山株式有限公司を設立した。投資金額は38億元(約530億円)。三者の出資比率は黒竜江鉱業集団、紫金鉱業、西部鉱業がそれぞれ40%、31%・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

中国福建省・紫金鉱業、初のカナダ企業の株式取得

 安泰科等によると、紫金鉱業株式有限公司が、カナダの探鉱ジュニアであるPinnacle Mines社の株式21%を195万ドルで取得したと報じた。紫金鉱業の狙いは同社が保有するSilver Colin鉱山(金及びベースメタル)の開発と見られる。 中国企業によるカナダ鉱業企業の株式取得はこれが初めて。この株式取得によって・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

モンゴル・ツムルティン-オボ亜鉛鉱山開発が竣工

 モンゴル東北部、Choibalsan(首都ウランバートル東約630km)の南約170kmに位置するツムルティン-オボ(Tumurtin-Obo)亜鉛鉱山開発がいよいよ竣工する運びとなった。有色金属集団公司によると、8月28日に現地で同鉱山の竣工式が行われるとしている。竣工式には中国から国家発展改革委員会、商務部、中国・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

金川集団公司、新疆哈蜜政府と資源開発協力協定を締結

 安泰科及び金川集団有限公司の情報によると、金川集団公司の李永軍経理は、哈蜜地方政府と銅、ニッケル鉱産資源の開発利用、非鉄金属加工など分野においての協力協定を締結したと報じた。 協力協定は、新疆哈蜜地区の鉱産資源、特に銅、ニッケルなど有望資源に対する開発利用を推進すると共に、既存の銅、ニッケル鉱業企業の統合を行い、鉱産・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

阿舎勒銅鉱山、出鉱量2,000~2,500t/日達成

 安泰科及び新疆アルタイ地方委員会弁公室によると、新疆の重点建設プロジェクトである阿舎勒銅鉱山開発プロジェクト(投資総額は5億4,800万元)は、2004年9月より試験運転を行っていたが、ようやく出鉱量2,000~2,500t/日(採掘品位2.5%)の安定操業に至ったと報じた。2005年上半期は、各ラインの調整のため銅・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

黒竜江有色地質探査局、ロシアの鉛、亜鉛、銀資源の使用許可証を取得

 安泰科及び地元業界紙によれば、ロシアのVladivostok市で開かれたFasoli鉛・亜鉛鉱産資源の使用権(探査、採掘権)に関する競売会において、黒竜江省有色金属地質探査局傘下の金石有限責任公司が168万ルーブル(約人民元57万元、約800万円)という価格で落札し、当該鉱床に対する鉱産資源使用許可証を取得した。黒竜・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

中国黄金集団中金地質有限公司、内モンゴル烏努格吐山銅・モリブデン鉱床の探査権取得

 安泰科によると、7月の国土資源部の公開入札により内モンゴル新巴尓虎右旗の烏努格吐山銅・モリブデン鉱床に対する探査権は中国黄金集団中金地質有限公司が落札したと報じた。烏努格吐山銅・モリブデン鉱床は1983年と1992年の国家主導による探査により確定・推定埋蔵量は銅120万t、モリブデン31万tとされている。対象鉱床は内・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

中国銅陵有色集団、2010年には世界第5位の銅生産企業に

 銅陵有色金属集団の韋江宏社長によると、銅陵有色集団の戦略として銅製錬能力を2010年には世界第5位の銅生産企業に成長することを目指すと表明した。これは、JOGMECが企画した中国鉱山動向調査ミッションが同集団を訪問した折りに明らかにされたもの。ちなみに、現在の製錬能力は金隆製錬所が21万t、金昌製錬所が13.5万t、・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

中国安慶銅鉱山、マインライフは20~30年

 中国安徽省にある安慶銅鉱山の幹部によると、安慶銅鉱山は1991年の操業開始以降、徐々に生産を増強し、1999年には銅精鉱生産量が9,300t/y(金属量)に至り、さらに1999年以降5年間には、ほぼ安定した生産が確保出来たとしている。また、その5年間の内の3年間は1万tを超える生産量を記録し、予定の生産量を維持してい・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

銅都銅業傘下の冬瓜山銅鉱山、銅鉱床はマイナス670mより深部に

 銅都銅業株式有限公司傘下の新しい銅鉱山である冬瓜山銅鉱山は2004年10月に操業を開始しているが、同鉱山の幹部の説明によると、対象としている銅鉱床はマイナス670m以下の獅子山鉱床の下部に当たり、確認している鉱床はマイナス1,100mにまで及んでいる。また、探鉱ターゲットはさらに深部に置いているとして、深部及びその広・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

銅陵有色集団、銅加工部門の強化進める

 銅陵有色金属集団の韋江宏社長によると、同集団公司の戦略の一つに付加価値の高い製品生産部門を強化することを挙げた。同集団の傘下に伸銅品の生産工場が幾つかあるが、製品の高付加価値製品への参入に体制を整えている。現在、銅陵市の開発区の一角にカナダ企業Magnam社の子会社であるBiceroy社との合弁による銅加工工場を建設・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

中国企業、Kazakhmysと銅鉱山開発へ

 安泰科他地元業界紙によれば、カザフスタンのKazakhmys社は5,000万t/y規模の銅鉱山及び選鉱場建設をカザフ国内で計画しているが、中国企業の新彊金玉株式有限公司(Xinjian Jinyu Co.,Ltd)は同社の計画に関し共同開発契約を取り交わしたと報じた。Kazakhmys社はカザフスタンで最大の銅精鉱生・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

中国・内蒙古で60,000tの銅製錬所建設着手

 安泰科他地元業界紙によれば、広東省深センの飛尚集団(Feishang Industry Development Co.,Ltd)は、内蒙古自治区の巴彦淖尓(Bayuannaoer)での銅製錬プロジェクトを開始したと報じた。この製錬所建設プロジェクトは約4億5,000万元(5,400万ドル)が必要とされ、・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

金川集団公司、Hydroxyl-nickel 生産ライン建設開始か

 安泰科によると、中国最大のニッケル生産企業である金川集団は、10,000t/yのHydroxyl-nickel生産ラインの建設に近く着手するのではないかと報じた。この研究開発は2000年5月に開始し、2003年にはHydroxyl-nickel生産能力が大きくスケールアップが可能となるパイロットプラントレベルの生産ラ・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

中国有色建設集団公司、サウジアラビア企業と共同で鉱山開発

 安泰科及び中国有色建設集団公司によると、中国有色建設集団公司は最近サウジアラビア企業とサウジアラビアにおける非鉄金属資源の共同開発に関する予備協定を締結したと公表した。これはサウジアラビアにある既存鉱山の周辺にある3つの鉱床を対象としている。これらの鉱床は経済的に開発可能な有望鉱床であるとしているが、詳細は公表されて・・・ 続きを読む
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

中国・雲南銅業、香港市場に上場を計画

 安泰科によると、雲南銅業集団公司は雲南省の2つの銅鉱山の開発資金1億ドルを香港市場から調達する計画であると報じた。 銅鉱山開発プロジェクトは同公司の銅原料の自山鉱比率を高め、カソード銅生産の安定操業を確保する上で極めて有効であるとして重要視している。最近の銅原料は約45%が輸入鉱で賄われ、国内原料と比べてトン当たり7・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ