閉じる

ニュース・フラッシュ

銅陵有色金属集団公司、2004年銅生産量を38万トンに上げる見込み

 安泰科によると、中国銅陵有色金属集団公司は、国内需要の増加に対応するため銅生産量を昨年の34万トンから38万トンに引き上げる予定である。当該公司の傘下製錬所は金龍、張家港と金昌の3つの製錬所。本年1月、加工精錬費が低すぎるため、今年度の生産量を3万トン削減すると発表していたが、加工精錬費が上昇してきたことから、生産量・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

新疆有色集団、キルギスで探鉱活動を開始

 中国金属通報によると、新疆有色集団はキルギスの鉱産資源に注目し、同集団傘下の有色地質探査局がキルギスで探鉱活動を開始した。 現在、新疆有色集団が探鉱を実施しているのは、キルギス最大の鉄鉱床地帯で、Tuergate(中国-キルギス国境に位置する新疆ウイグル自治区西部の町)から250キロほどの位置にある。また、新疆阿克蘇・・・ 続きを読む
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

中国五鉱集団公司、チリとの銅開発プロジェクトは順調に進展か

 中国最大手の国有金属貿易企業である中国五鉱集団公司(Minmetals)は、国際資源企業幾つかと共同で探鉱プロジェクトに参画する計画であることを明らかにした。具体的なプロジェクトとして挙がっているのは、コデルコ社が所有するGaby銅鉱床開発プロジェクトである。五鉱集団公司は、500万米ドルを投資し参画することで交渉中・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

中国・2004年上半期の非鉄金属生産量、2003年同期を全て10%以上の増加

 中国国家統計局の統計値によると、2004年上半期の非鉄金属生産量は総じて前年同期と比し、10~23%の増加となった。銅地金生産量は2004年上半期が981,700トンで、対前年同期比20.7%増となった。アルミは3,420,000トンで23.3%増となり、非鉄金属生産中最も大きな伸びを示した。亜鉛、鉛、錫もそれぞれ1・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

中国の2004年上半期の主要銅製錬企業の銅地金生産量、大冶、白銀を除いて増加

 中国国家統計局の統計値によると、中国主要銅製錬企業の2004年上半期の銅地金生産量は江西銅業が最も多く157,844トンとなり、前年同期比23.07%増となった。銅陵有色の生産量は江西銅業にわずかに及ばず155,182トンで前年同期比15.68%の増加となった。また、金川集団の生産量は63,542トンで前年同期に比べ・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

銅陵集団金隆製錬所の拡張工事、順調に進捗

 銅陵集団の金隆銅製錬所の拡張工事は、2004年4月18日に着手し順調に進捗している。計画では2005年6月頃には完了する見込みとのこと。当初のカソード生産能力15万トン/年を21万トン/年へ拡張する。投資総額は429百万元(US$51.8百万)で、その内38.9百万元が硫酸回収システムの近代化に当てる。今回の拡張工事・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

雲南羊拉銅鉱山、第1期工事8月に着工

 雲南銅業公司によると、雲南迪慶チベット自治州にある羊拉銅鉱山(Yangla mine)に対する第1期工事(銅精鉱生産能力2万トン/年)の準備作業は順調に進み、2004年8月に着工する予定で工事完了予定は2006年上半期。 羊拉銅鉱は「三江鉱床生成帯」中心区域迪慶州徳欽県内(Diqin)にあり、銅鉱床の賦存位置が雲南省・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

中国の輸入カソード、5月は大きく減少

 税関統計によると、中国のカソード輸入量は1月~5月を通した総量は、対前年同期比で21.3%増であるが、5月の輸入量は大きく落ち込み、前月と比して56.8%減の53,831トンとなった。この理由として、国内市場の4~5月の銅国内価格がLMEに比較して低かったことや中国政府の経済引き締め効果等も挙げられている。・・・ 続きを読む
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

江西銅業、パキスタンのSaindak銅鉱山拡張へ投資

 安泰科によると、江西銅業株式有限公司と数社のパートナー企業は、中国企業(中国冶金建設集団公司)が開発中のパキスタンのSaindak銅鉱山へ投資の可能性について検討していることを公表した。 一方、中国連合銅業有限公司(CUC)(注)が中心となり、国内産銅5社(江西銅業、銅陵有色金属、雲南銅業、金川有色金属、中条山有色金・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

中国・銅製錬各社、銅精鉱の輸入量を削減させ加工費アップ

 安泰科によると、中国製錬大手7社(江西銅業、銅陵、雲南銅業、金川有色金属公司、中条山有色金属公司と大冶有色金属公司を含む7社製錬所)は、銅精鉱の加工費及び国内市場での銅価格が低い事等から経営を圧迫されているとし、銅精鉱の輸入量を15%削減するとの計画を明らかにした。また、2004年5月中旬、中国製錬大手7社は第3四半・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

江西地質勘査局、非鉄金属資源の開発に関するプロジェクト公表

 江西有色金属のホームページによると、5月28日江西省地質鉱産探査開発局は南昌で鉱業権紹介及び企業誘致・資金導入会が開催され、非鉄金属資源の開発に関するプロジェクトが公表された。これらのプロジェクトの主なものは下記の通り。 安遠県園嶺寨鉱区モリブデンの探査 于都県灯盞窩―高山角多金属鉱の探査 会昌県紅山鉱区多金属・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

中国、チリと銅資源確保へ

 中国は国内の旺盛な銅需要を満足させるため、チリに接近し同国での銅資源探査・開発プロジェクトへの参加に期待を寄せている。最近、両国が双方の投資を促進させるために、2004年5月末、鉱業協力に関する覚え書を締結した。チリ鉱業部長Alfonso Dulanto Rencoretによると、中国五金鉱産公司は、共同で評価価値5・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

中国、マクロコントロールにより銅供給不足の可能性あり

 安泰科によると、経済の過熱化を抑える方針が公表された中国は、徐々に国内の銅の在庫と銅地金の輸入量が減少してきており、直近の6月の下半期で銅不足状態に陥る見込みとなるとしている。 5月初旬より、現物銅に対する輸入が大幅に減少し始め、しかも中国国内の取引業者は5月~6月に入荷予定契約銅を既に売却済みとしているという。未だ・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

銅陵有色公司獅子山銅鉱山の冬瓜山鉱開発、最終段階に

 銅陵有色公司獅子山銅鉱山の冬瓜山鉱の建設は最終段階に入り、全体工事は6月20日で終え7月1日に稼動予定。これまでに同公司は12.64億元を投入し、急ピッチで鉱山建設工事が進められてきている。 同時に、開発中の獅子山銅鉱山本体は2004年第1四半期での生産は非常に順調に進捗しており、第1四半期における銅精鉱生産量(銅量・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

中国産銅7社、銅精鉱輸入量の削減を決定

 安泰科によると、中国銅発展中心の会員企業である中国大手産銅企業(江西銅業集団公司、銅陵集団公司、雲南銅業集団公司、金川集団公司、白銀有色金属公司、中条山有色金属公司)と大冶有色金属公司の7企業は、5月12日武漢で大冶有色金属公司の呼びかけにより銅精鉱輸入に関し協議を行った。内容は、加工費の低迷による欠損状況、すなわち・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

中国第1四半期の銅生産量45.77万トンで17.3%増加

 中国国家統計局によると中国の2004年1月~3月の非鉄金属生産量を発表した。各種金属とも増加をみせ、そのうち銅45.77万トンを産出し、対前年同期比17.3%となり、アルミ152万トンを産出し、24.6%増加となり、酸化アルミ167万トンで、17.5%増加となった。

鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

金川集団公司、第1四半期は年間目標の42%を達成

 有色金属工業信息中心によると、金川集団公司の2004年第1四半期は、ニッケル生産20,236トン、銅生産31,442トン、コバルト548トン、プラチナ510kg、金300.9kg、銀14トン、セレニウム7.5トン、硫酸11.2万トンを生産、売上額が36.7億元、税込み利益5.06億元と各目標を達成したと報じた。 売上・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

銅陵有色金属集団公司、3年以内に電解銅の生産能力45万トンに増強

 有色金属工業信息中心によると、銅陵有色金属は新たに127.4億元を投資し、2007年までに電解銅45万トン、銅加工材25万トンに生産能力を上げる計画を発表した。販売額については、2003年では82億元であったものを150億元と見込む。2003年は電解銅35万トン、銅加工材2.5万トンの生産能力を持ち、電解銅33万トン・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

金隆銅業公司、21万トンに製錬能力アップに着手、同時に環境改善にも配慮

 有色金属工業信息中心によると、銅陵有色金属集団公司傘下の金隆銅業有限公司は、4月18日、銅製錬設備の改善と製錬能力をこれまでの15万トンから21万トンにアップする工事に着手したことを明らかにした。総投資額は4億2,900万元(5,180万ドル)で、そのうち3,890万元を硫酸製造工程のシステム改善に当てる。今回の同公・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

新疆の鉱産資源探査・開発が重点プロジェクトに

 中国有色金属報によると、新疆ウィグル自治区国土資源庁は、新疆ウィグル自治区が全国国土総合利用計画のモデル省として取り上げられ、鉱産資源に対する探査・開発に重点を置くと公表した。重点プロジェクトとしては、銅・ニッケル鉱に対する採掘及び銅材の高度加工施設の建設の他、新疆-成都を結ぶ石油輸送管付設工事、ハミ、昌吉等石炭地区・・・ 続きを読む
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ