閉じる

ニュース・フラッシュ

ブラジル・CVRD社Carajas Sossego鉱床に続き2005年118銅鉱床開発スタート

 CVRD社は、9月27日、Carajas 118銅プロジェクトは、2005年2月か3月に開発を開始すると発表した。118銅プロジェクトのF/Sは2004年5月に終了しており、2007年の上期には生産が開始される見通しで、開発費は2.1億ドルの見込み。118銅鉱床は、酸化鉄銅・金型鉱床とよばれる鉱床で鉱量:64百万トン・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

ブラジル・Votorantim Metais社、Aripuana多金属鉱床プロジェクトでボーリング開始

 トロントのジュニアカンパニーであるKarmin Exploration社は、9月29日、ブラジル Mato Grosso州のAripuana 多金属鉱床プロジェクトでボーリングを開始したと発表した。 本プロジェクトは、Anglo American社(71.5%)とKarmin Exploration社(28.5%)の・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

ブラジル国立社会開発銀行、Votorantim社ニッケルプロジェクト拡張にファイナンス

 ブラジル国立社会開発銀行(BNDES)は、9月29日、ブラジル工業コングロマリットVotoranitimの一部であるCampanhia Niquel Tocantins(CNT)のニッケル・コバルトプロジェクト拡張に4,600万ドルのファイナンスを決定したと発表した。CNTはニッケル生産を17,800トン/年から22・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

チリ・CODELCO Gaby銅鉱床開発でAFPとコンタクト

 地元紙によると、CODELCOはGaby 銅鉱床開発のパートナーあるいは出資者として本プロジェクトへの参画についてPension Fund Administrators(AFP)とコンタクトした模様。 CODELCOは既に日本、韓国、中国民間会社とも会談している。中国Minmetals社とは、Gaby鉱床を含む戦略的・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

チリ・Spence銅鉱床、BHP Billitonが近々F/S終了

 地元紙によると、BHP Billiton社がチリ第II州Spence銅鉱床で実施しているF/Sが数か月中に終了する予定。F/S終了後役員会の手続きを経て直ちに開発に着手し、2008年から生産開始の見通し。露天掘り、ヒープリーチ・SX-EW法により15年計画で、銅量200,000トン/年の生産計画である。本鉱床は、19・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

チリ・8月銅生産速報

 チリ統計局(INE)の発表によると、2004年8月の銅生産量は、464,467トンで、前年同月比19.3%増となった。その内訳は、SX-EW銅は前年同月比3.8%増の206,640トン、硫化鉱精鉱(銅含有量)は前年同月比25.3%増の230,896トン、その他26,931トンである。2004年1~8月までの累積ベース・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

メキシコ・ペニョーレス社、ペルーの鉱山会社ミルポ社を株式公開買付

地元紙によれば、精錬銀の世界第一位の生産会社であるPeñoles社は、約108百万ドルの自己資金で、ペルーの鉱山会社Minera Milpo社の会社資本の51%の株式の公開買付を行うと表明した。Milpo社は、鉛、銅及び亜鉛精鉱の生産で年間正味63百万ドルの売上があり、ペルーにおける亜鉛の7%、鉛の6%のシェアを有して・・・ 続きを読む
海外事務所:
調査部
担当者:
大迫次郎

チリ・Cerro CasaleプロジェクトでJV3社が和解

チリのCerro Casale銅・金プロジェクトに関し、ジョイントベンチャー契約を結んでいるPlacer Dome社、Bema Gold社、Arizona Star Resources社の3社は、Placer Dome社が鉱山に13億USドルを投資する旨株主契約を修正することにより和解したと表明。  Cerro Cas・・・ 続きを読む
海外事務所:
調査部
担当者:
大迫次郎

南ア・プラチナ鉱山でストライキが継続

世界第2位のプラチナ生産者である南アのImpala Platinum Holdings社の10月1日の発表によると、賃金を巡るNational Union of Mineworkers(NUM)と同社の交渉は進展がなく、同社の鉱山・精錬所等で9月30日に始まったNUMメンバー17,000人によるストライキは進行中である・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ レアメタル
海外事務所:
調査部
担当者:
大迫次郎

カナダのChariot Resources、ペルーのMarcona銅山開発決定を発表

 カナダのChariot Resources(トロント市場上場)は、韓国のKorea Resources Corporation及びLG-Nikko Copper Inc.と、ペルーのMarcona銅鉱山開発に正式調印した。 アグリーメントの内容は 韓国のKorea Resources Corporation及びLG・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
調査部
担当者:
大迫次郎

インドネシア・保護林内の鉱業再開に向け通達

 林業省は鉱業活動の保護林の使用に関する『2004年第12号林業相通達』を発布した旨を9月29日発表した。 これは鉱業13社の操業再開を認めた『2004年第41号大統領令』に係る具体的な許可手続き等を規定したものであり、鉱山会社の操業開始に向けた法的確実性を与えるもの。 同通達では、操業許可は5年毎に更新、閉山後のリハ・・・ 続きを読む
海外事務所:
調査部
担当者:
市原秋男

南ア・新興金生産会社も海外へ

南アの金生産会社Durban Roodeport Deep社は、南アでの上場を中止する意向があるとほのめかしている。これは、すでに南アの大手金生産会社がその拠点を海外に移転している中、大手企業とは発祥が異なるニッチな新興金生産会社までが海外移転するというきっかけを最近のランド高が促進したものとみられる。同社は現在、南ア・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
調査部
担当者:
北 良行

ベネズエラ・Brisas金・銅鉱床開発は2007年早期の操業開始を目指す

 Gold Reserve社(加)は、同社がベネズエラ東部に保有するBrisas金・銅鉱床開発プロジェクトについて、現在実施中のF/S調査の終了、さらに開発決定を年内に行い、工期2年弱で、2007年早期の操業開始を目指すと発表した。また、合わせて、開発資金の調達に必要な環境・社会影響調査(ESIA)をAATA社(米)に・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Cerro Verde銅山拡張の環境影響調査(EIA)報告書を政府が認可

 El Comercio紙(9月28日付)他によると、エネルギー鉱山省は、Cerro Verde鉱山社(Phelps Dodge他)が提出していた、同鉱山の拡張計画(一次硫化鉱開発)に係る環境影響調査(EIA)報告書を認可した。本報告書は、2004年6月に一度政府が不認可とした後、直ちに修正され、再提出されたいたもので・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Las Bambas銅鉱床の開発オプション権譲渡を正式契約

 地元業界紙によると、政府は、Las Bambas銅鉱床の開発オプション権譲渡に係る正式契約を、予定通り10月1日にXstrata社(スイス)と締結した。 これによると、地元で開催された本契約の調印式には、トレド大統領の他、政府、地元、Xstrata社の関係者等が出席した。また、この席上、入札要件として定められていた、・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

Inco社、近日中にゴロプロジェクトの決定か

 フランス領ニューカレドニアにあるゴロ・ニッケル鉱床開発の再開を検討していたInco社は、検討結果を10月19日に公表すると発表し、Goro Inco社長は本プロジェクトを妨げるものはないと思うと語った。再開されば、年間6万トンのニッケルの生産が2007年から可能となる。本プロジェクトは、2002年12月、莫大なコスト・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀

中国国営企業のNoranda社買収に対する組合の懸念

 中国国営企業China Minmetals社がカナダの巨大な鉱山会社であるNoranda社を買収する可能性が高くなり、カナダの鉱山労働者を代表する労働組合が、この買収に関する労働者側の懸念を示した。中国国内では、労働条件は非常に悪く、中国人労働者への未払い賃金が総額590億ドルにのぼっているとの情報もあり、常に非難の・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀

中国の資源確保戦略の変化

 中国国営企業China Minmetals社がカナダの巨大鉱山企業Noranda社を約50億USドルで買収する契約が成立した場合、資源確保において、中国史上最大の取引となるが、今回、注目されているのは、中国の資源確保戦略の変化である。これまで、中国の資源確保戦略は、油田や鉱物埋蔵量に対する権益の取得など通じて、あくま・・・ 続きを読む
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
中塚正紀

南ア・金山労働者3分の1がエイズ感染

 南アの金生産企業であるHarmony社によると、金山で働く同社の労働者の3分の1がエイズに感染している可能性があるとしている。同社は、エイズが発症すれば生産性が落ち医療費その他のコストが増加することで大問題になると懸念し、オンスあたり2~5 USドルの影響があると試算している。この問題は、数年のうちに現実化し、金山操・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
調査部
担当者:
北 良行

アイルランドのGalmoy亜鉛鉱山、2004年前期は増産で黒字に

 Arcon International社(アイルランド)の9月28日付け発表によれば、同社がアイルランドで経営するGalmoy亜鉛鉱山の2004年1~6月期亜鉛精鉱販売量は66,900tで、前年同期比7.2%増であった。また今年5月に生産を開始した鉛精鉱の販売量は11,200tであった。亜鉛及び鉛のユーロ建てLME価・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
ロンドン
担当者:
霜鳥 洋
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ