閉じる

ニュース・フラッシュ

ペルー・Las Bambas銅鉱床の入札日が入札予定者の要請により延期

 El Peruano紙(5月12日付)他によると、投資促進庁(Pro-Inversion)は、Las Bambas銅鉱床の入札日を、当初予定の7月2日から7月23日に延期すると発表した。 これによると、入札延期の最大の理由は、複数の入札参加予定企業が、応札準備に必要な作業期間が必要と、入札日の延期を要請したことによる・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・2004年第1四半期の主要鉱産物生産量

 エネルギー鉱山省は、2004年第1四半期の鉱産物生産量を発表した。ペルーにとって主力の銅と金の生産量が20%近く増加したのが特徴的である。また、鉱業協会の発表によると、ペルーの第1四半期の鉱産物輸出額は15.1億ドルとなり、前年同期比で52.3%増と記録的な増加となった。とくに、銅価の回復による銅輸出額の顕著な増加が・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

Xstrata社、Windimurraバナジウム鉱山製錬所を閉鎖

Xstrata社(スイス)は、2003年2月以降生産を休止していた同社のWindimurraバナジウム鉱山製錬所(豪)の再開は今後も行わないと5月10日に発表した。決定の背景として、現在のバナジウムの高スポット価格は一時的で同鉱山製錬所の長期的な採算性は低いこと、生産再開は価格引き下げ要因となること、強い豪ドル、バナジ・・・ 続きを読む
鉱種:
バナジウム レアメタル
海外事務所:
アルマティ
担当者:
酒田 剛

タイ・銅輸入税引き上げ

 財務省は、6月1日から、銅の輸入税を1%から5%に引き上げることを決定した。これに対し、ピニット工業大臣は、国内の銅製造工場はまだ内需に対応できていないため電気・電子製品のコスト増を招くとして、引き上げを当面延期するよう要請した。 本件に関しては、与党愛国党の副党首がオーナーを務めるThai Copper Indus・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
アルマティ
担当者:
市原秋男

Kazakhmys社、2004年の新電解工場の亜鉛地金生産は30千tの見込み

 カザフスタンのKazakhmys社の5月13日発表によれば、2003年10月末に開所した同社のバルハシ亜鉛電解精錬所(Balkhash Zink Plant)の操業は、順調に行けば今年下半期中にも生産能力近くに達し、2004年全体の電気亜鉛生産量は30千tを上回る見込みである。総工費125百万USドルで建設された同精・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
アルマティ
担当者:
酒田 剛

Norilsk Nickel社、金鉱床調査の2004年予算は30百万USドル

 4月30日付けGiredmetサイトによれば、Norilsk Nickel社の2004年の金鉱床調査予算は30百万USドルであると子会社Polyus社のVladimir Sovmen副社長が「地域発展投資フォーラム」で発表した。このうち、ロシア最大の金生産地、東シベリア地域のクラスノヤルスク地方では3百万USドルの調・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
アルマティ
担当者:
酒田 剛

ロシアのGaisky GOK、Osenneye銅鉱床の開発に着手

 5月7日付けインターファックス社は、ロシアのオレンブルク州を活動拠点とするUrals Mining & Metallurgical Company(UGMK社)傘下のGaisky Mining & Beneficiation Combine(Gaisky GOK)が、7月からOsenneye銅鉱床の開・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
アルマティ
担当者:
酒田 剛

チリ・鉱業ロイヤルティの支持派においても、内容を巡り意見が分かれる

 El Diaro紙(5月14日付)によると、鉱業ロイヤルティ政府案を支持するグループ内でも、その詳細に至っては意見の相違がある模様。例えば、政府案において2007年までを移行期間としたが、民主主義のための政党(PPD)のAntonio Leal下院議員やキリスト教民主党(DC)のJorge Lavandero上院議員・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武

チリ・野党から、鉱業ロイヤルティは違憲であるとの主張

 El Diario紙(5月11日付)によると、チリ議会における野党同盟の一翼を担う独立民主党(UDI)に所属する議員の中で、政府が発表した鉱業ロイヤルティの考えは憲法違反であるとの主張がなされた。UDIのJaime Orpis上院議員を中心とするグループで、鉱山業界という特定のセクターからの徴収は1980年に制定され・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武

チリ・Codelco、Potrerillos製錬所の能力拡張を完了

 El Mercurio紙(5月14日付)によると、チリCodelocoのSalvador生産部門に属するPotrerillos製錬所の精鉱処理能力拡張工事の落成式が行われた。120百万US$を投資して、反射炉からTeniente炉へ変換され、精鉱処理能力52万t/yから68万t/yへの拡張が行われた。また、今後、75・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武

南アPalabora Mining社、ZBS(硫酸ジルコニウム)の操業の閉鎖を決定

 Palabora Mining社(南ア)の4月30日の発表によれば、同社は、ZBSの操業を閉鎖することを決定。困難な状況を克服するために多大な時間と資金を要したものの、もはや月間2百万ランドを要する同操業を続けられないと判断した。ZBS操業にかかわる従業員には他の操業に転籍させるべく、組合等と交渉をする予定。施設売却・・・ 続きを読む
鉱種:
ジルコニウム レアメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
嘉村 潤

南アの新鉱業法、施行さる

 南アフリカ共和国の鉱物エネルギー省の5月3日付け発表によれば、鉱物石油資源開発法(通称「新鉱業法」)が2004年5月1日に施行された。同法は2002年10月に成立したものの、これまで施行されないでいた。南ア鉱業協会が「今日のメデイア」としてホームページに掲載している地元紙記事(5/10付けBusiness Day紙社・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
霜鳥 洋

南ア政府、付加価値化促進法案公表

 南アフリカ共和国の鉱物エネルギー省は4月16日に貴金属及びダイヤモンド一般修正法案(通称「付加価値化促進法案」)を公表した。これに対し南ア鉱業協会は4月19日に声明を発表し、鉱山に生産物の高付加価値化を義務付けた法案と報道されているが、そうではないとコメントするとともに、付加価値化促進は下流製造業界の投資を促進する環・・・ 続きを読む
海外事務所:
ロンドン
担当者:
霜鳥 洋

ジンバブエZimasco社、フェロクロム炉の1基の生産を再開

 Dow Jones & Reuters社の5月5日付け報道によれば、ジンバブエのフェロクロム生産者Zimasco社は4月16日に生産を中止した炉3基のうち1基を5月4日に再稼動させ、残る2基も数週間以内に再開することを明らかにした。ジンバブエリザブバンクの新為替政策により、製錬所の再開が可能になったという。同・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム レアメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
霜鳥 洋

Oriel Resources社、カザフスタンのニッケル鉱床開発にMintek方式採用

 Oriel Resources社(英国)の5月6日付け発表によれば、Shevchenkoニッケル鉱床(カザフスタン)について同社が有する権益比率を51%から90%に高めるとともに、ニッケル鉱石の処理方法としてMintek方式を採用し、Mintek社(南ア)と鉱石処理試験契約を締結した。試験結果は2004年12月完了予・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
霜鳥 洋

Oriel Resources社トルコのGordesニッケル鉱床開発に参入

 Oriel Resources社(英)の3月31日付け発表によれば、同社はGordesニッケルプロジェクトに関する排他的オプション契約をMeta Madencilik社と締結した。2004.8.2までの間にOriel社はGordesプロジェクトに関するMM社資料(RCボーリング、Mintek法鉱石処理ベンチ試験結果等・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
霜鳥 洋

ペルー・Toromocho銅鉱床開発プロジェクトのプレF/Sが本格化

 GESTION紙(5月6日付)他によると、Toromocho銅鉱床開発プロジェクト(Junin県)を進めるPeru Copper Syndicate社(米)のDavid Lowell社長は、プレF/Sの一環として、5月半ばに本格的なボーリング調査(44,000m)を開始すると発言した。また、調査資金の調達は順調に進ん・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・産金メジャー各社が金探査を積極化

 リマで開催された第6回国際金シンポジウム(5/4~5/7)で、産金メジャー各社は、金鉱床のポテンシャルが高く、投資環境に優れたペルーで金鉱床探査を積極化すると表明した。 既にPierina金山を操業し、来年にはAlto Chicama金山の操業を開始するBarrick Gold社は、今年7百万ドルの探鉱投資により新・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Minas Conga金・銅鉱床開発プロジェクトの長期計画

 Buenaventura社は、リマで開催された第6回国際金シンポジウム(5/4~5/7)で、Newmont社と共に進めるMinas Conga金・銅鉱床開発プロジェクト(Cajamarca県)の現況と今後の長期計画を発表した。 これによると、既に2003年末にプレF/Sを終了し、現在F/S段階(33,000mのボーリ・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・政府の鉱業ロイヤリティー法案に反対意見相次ぐ

 政府が4月末に国会に提出した鉱業ロイヤリティー法案に対し、リマで開催された第6回国際金シンポジウム(5/4~5/7)で、ペルー鉱業協会、民間企業(Barrick Gold社等)、鉱業アナリスト(Goldman Sachs、JP Morgan社等)等から反対意見が相次いだ。反対のポイントは、 ペルーの良好な鉱業投資環・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ