閉じる

ニュース・フラッシュ

BHP Billiton社、第4四半期の生産実績公表

 BHP Billiton社(本社メルボルン/ロンドン)は、第4四半期の生産実績を公表した。それによると、近年の商品需要の急増に見合った生産増加はかなり困難であるとのこと。供給サイドには、拡大するプロジェクトのコスト増、熟練労働者の不足、建設機械・採掘機械の不足等の問題があるためである。 生産が好調な鉱種は、鉄鉱石:2・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
永井正博

豪州・Oxiana社の最近の生産動向

 Oxiana社(本社メルボルン)は、2005年第4四半期の生産実績を発表した。 Oxiana社は、BHP Billiton社と530百万豪ドルにのぼる南オーストラリア州のProminent Hillの金銅鉱床開発プロジェクトについてインフラを巡る話し合いをしていることを明らかにした。それは、BHP Billiton社・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
永井正博

ペルー・Volcan社操業の一部鉱山で鉱山労働者がスト開始

 地元業界紙(1月19日付)等によると、ペルー亜鉛生産最大手のVolcan社は、同社操業の一部鉱山で鉱山労働者がストに入ったと発表した。 これによると、鉱山労働者がストに入った鉱山は、亜鉛生産量で同社第2位のSan Cristobal鉱山(2004年亜鉛生産量4.5万t)他であり、亜鉛生産量第1位のCerro de P・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Peru Copper社がリマ証券取引所に上場

 地元紙(1月14日付)等によると、Toromocho銅鉱床の探鉱開発を進めるカナダジュニアのPeru Copper社は、リマ証券取引所のジュニア企業向け市場に上場した。本市場に上場したジュニア企業は、Vena Resources社(カナダ)(2005年6月)に次いで2社目であるが、同社のPreble社長は、本上場によ・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Michiquillay銅鉱床の入札公示は2006年上半期内の見通し

 La Granja銅鉱床の入札終了を受け、これに続く大型鉱業案件の入札としてMichiquillay銅鉱床(La Libertad県)の入札が注目されるが、地元紙(1月18日付)等によると、投資促進庁(ProInversion)の鉱業担当責任者は本入札の今後の見通しについて発言した。 これによると、本鉱床の入札実施に・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

フィリピン・アロヨ大統領、ミンダナオ島・タンパガン鉱床の鉱山開発延期を支持

 地元新聞紙等によれば20日、アロヨ大統領はデフェンソール環境天然資源省大臣に対して、ミンダナオ島の鉱山開発を延期する命令を口頭で発動したと報じた。 同大統領は20日に地元教会の有力者と非公開で懇談してこの決定を行なったもので、延期期間は明らかにされていない。 フィリピン政府は2004年12月に同国最高裁判所が1995・・・ 続きを読む
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
池田 肇

インドネシア政府、PT Antam持分売却を検討

 地元メディア等によれば19日、インドネシア政府が、同国鉱山国営企業でありフェロニッケル・メーカーのPT ANEKA TAMBANG(PT Antam)社の持分売却を再検討中で、政府部内の意見を集約中であることを明らかにした。 同筋によると、国営企業担当のSugiharto大臣は国営企業15社の持分株式を売却し、同国政・・・ 続きを読む
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
池田 肇

Freeport MacMoran社、2005年決算は9億3,400万USドルの黒字

 2005年第4四半期決算は14億8,900万USドルの売り上げを計上し前年同期比61%の増収となり、純利益は4億631万USドルとなり同倍増した。同社は11月にGrasberg鉱山で当初計画に比べ銅は5%、金は10%の減産を発表していたが、12月に入って高品位の鉱石生産で増産を実施し収益は大幅に増加した。 この結果、・・・ 続きを読む
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
池田 肇

インドネシア鉱山業界は資本投資が必要に

 米有力コンサルティング会社、プライス・ウオーターハウス・クーパーズ(PwC: PricewaterhouseCoopers)社は20日、インドネシア鉱山業界は最近の非鉄金属相場の上昇を有利に活用して収益を拡大していくためには鉱山開発の資本投資を強化する必要があると指摘した。  同社が同国鉱山会社17社、探鉱会社15・・・ 続きを読む
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
池田 肇

ロシア・Norilsk Nickel社とAlrosa社が合併をめぐり協議

 地元業界紙等によれば、ロシアのNorilsk Nickel社とAlrosa社が合併をめぐる協議を行ったことをNorisk社のCEOを努めたKhloponinクラスノヤルスク地方知事が1月18日に明らかにした。石油に次ぐ金属部門への国家管理を強化する動きとして、両社の合併によるNorisk社の再国有化の可能性はここ数か・・・ 続きを読む
海外事務所:
アルマティ
担当者:
酒田 剛

住友商事と関西電力、カザフスタンと共同でウラン鉱山を開発

 住友商事と関西電力は1月23日、カザフスタンの国営原子力企業Kazatomprom社と共同で新規ウラン鉱山開発を行うと発表した。南カザフスタン州のWest Mynkudukウラン鉱床の開発権を所有するKazatomprom社との間で合弁会社APPAK社(出資比率:Kazatomprom社65%、住友商事25%、関西電・・・ 続きを読む
海外事務所:
アルマティ
担当者:
酒田 剛

チリ2005年鉱産物輸出額 -銅・モリブデン全輸出額の1/2を超す-

  チリ中央銀行によると、2005年鉱産物輸出額は前年比31%増の21,598.2百万ドルとなった。これは主に銅およびモリブデン価格の高騰によるもので銅輸出額は前年比20.7%増の17,336.8百万ドルとなり、全輸出額の43.9%を占めた。またモリブデンも前年比2.4倍の3,261.0百万ドルで8.2%を占め、20・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

アルゼンチンとブラジルが鉱業分野の協力を確認

 1月19日付け地元紙等によると、アルゼンチン共和国Kirchner大統領のブラジル訪問に併せて、両国は鉱業分野の協力にかかるMOUに調印した。詳細は明らかでないが、鉱業分野の貿易バランスの改善、探査・鉱山開発技術交流、鉱業分野専門家のトレーニング、資源評価および鉱産物輸送ロジスティクスにわたる協力に関するものと報じら・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

CODELCO契約労働者ストライキ解決

 地元各紙は約2週間前から、連日、CODELCOの契約労働者(下請け業者従業員)の激しいデモの様子やCODELCOとの交渉状況を報道していたが、1月21日付け地元各紙は、銅価高騰による特別手当の支給なしにストが一応解決した経緯を次のように伝えている。 1月上旬、CODELCO Andinaディビジョン及びEl Teni・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

European Nickel社、トルコÇaldagニッケルプロジェクトの環境影響評価報告書の政府承認を発表

European Nickel社(英)は、1月23日、同社のトルコÇaldagニッケルプロジェクトに関して実施していた環境影響評価報告書について、トルコ環境森林省が承認したと発表した。同社は、トルコ環境森林省とともに、過去18か月にわたり同プロジェクトが周辺環境やコミュニティに与える影響を評価し、多くの市民参加の会合を・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル ニッケル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
嘉村 潤

Zinifex社、Century鉱山の拡張計画発表

 世界第2位の亜鉛鉱山会社であるZinifex社は、クイーンズランド州のCentury鉱山の拡張計画を発表した。同鉱山は、18か月の集中ボーリング探査が終了し、鉱床の形状が明らかになったが、同時に36百万m3のズリを移動させる必要が生じた。Zinifex社は、少なくとも3か年の間、採掘場の整備に280百万豪ドル(200・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
永井正博

米・グラミス社、2005年産金量85%増の12.3t

 米国・ネバダ州に本社を置くグラミス(Glamis Gold)社HP(1月17日付)等によると、同社の2005年産金量は、2004年6.6tから85%増の12.3tに達したと発表した。 2005年産金量の内訳は、商業生産が年間ほぼフル操業となるメキシコ・チワワ州のエル・サウサル(El Sauzal)鉱山5.4t、米国・・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
メキシコ
担当者:
権藤 浩

メキシコ・コアウイラ州、鉱業投資促進のための鉱業マップを完成

 業界情報(1月17日付)等によると、メキシコ北部のコアウイラ州ルイス・チャベス(Luis Chavez)鉱業エネルギー部長から説明を受けた内容として、同州(15.2万km2、日本面積の約4割、メキシコ面積の約8%)内の全域をカバーする1/250,000鉱業マップを完成し、1/50,000鉱業マップは作成中であると報じ・・・ 続きを読む
海外事務所:
メキシコ
担当者:
権藤 浩

メキシコ経済省、2006年産銀量を前年比9%増3,000t超と予測

 業界情報(1月18日付)等によると、メキシコ経済省セルヒオ・レンドン(Sergio Rendon)鉱業部長に確認した結果として、2006年メキシコ産銀量は前年2,826tから9%増3,080tの見通しと報じた。 レンドン部長は、国際市場での銀の価格高騰を受け、メキシコでは、ペニョーレス社の操業する世界最大のフレスニー・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
メキシコ
担当者:
権藤 浩

ペニョーレス社、メキシコ・ナイカ鉱山でストライキ示唆

 業界情報(1月18日付)等によると、ペニョーレス社が保有するメキシコのナイカ(Naica)多金属鉱鉱山において、メキシコ全国鉱夫冶金労組に加盟する労働者が、給料及び労働協定をテーマに1月21日からストライキに突入する可能性があると報じた。 同労組ナポレオン・ゴメス(Napoleon Gomez)組合長は、同社がナイカ・・・ 続きを読む
海外事務所:
メキシコ
担当者:
権藤 浩
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ