閉じる

ニュース・フラッシュ

ペルー・Antamina鉱山、2006年の亜鉛生産は2005年比10%減になる見通し

 業界紙等によると、ペルー・Antamina社のGerald Wolfe社長は、同社が操業するAntamina鉱山の2006年の銅及び亜鉛生産量の見通しを明らかにした。 これによると、2006年の銅生産は前年並みの120万t(精鉱量)を維持する一方、亜鉛生産は10%減の30万t(精鉱量)に減少する見通し。また、品位につ・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康

ペルー・2006年第1四半期の鉱産物輸出額は21%増

 ペルー輸出促進委員会(PROMPEX)は、ペルーの2006年第1四半期の輸出額速報値を発表した。 これによると、鉱産物輸出額は前年同期比20.7%増の25.4億$に達し、ペルーの総輸出額の57.2%を占めることが明らかとなった。鉱産物の中で最も輸出額が大きいのは、銅で、9.23億$(前年同期比34.3%増)、次いで、・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康

ペルー・第1四半期における鉱業界の収益は60%増の見込み

 業界紙等によると、ペルー証券業者協会(SAB)のブラボ分析部長は、2006年第1四半期における鉱業部門の収益は、金属の国際価格高騰に後押しされて前年同期比50~60%の増益が見込まれることを明らかにするとともに、2006年全般の収益も、金属価格の高水準化が続くものとして明るいとの見通しを示した。 一方、リマ証券取引所・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康

ペルー・アンタミナ鉱山、地方自治体に対しカノン税運用のための研修を実施

 アンタミナ鉱山Gerald Wolfe社長は、地元業界紙によるインタビューで、金属価格の高騰により収益が増加しているため、予定より3年早く納税を始めており、2005年の所得税は9億6千万ソーレス(約2.9億$、うち半分はカノン税として政府から地方自治体に交付)にのぼったことを明らかにするとともに、2005年、2,20・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康

ペルー・トレド大統領、鉱山開発の経済的効果を強調

 業界紙等によると、4月20日、トレド大統領は次期大統領に対して投資の重要性を過小評価するべきではないと訴え、今後、エネルギー・鉱業部門に対して100億$の投資が予定されているが、その投資が実現するか否かは、次期政府の信頼性、安定性及び明確な法規の存在にかかっていると述べた。 また、同大統領は、地方自治体へ交付されるカ・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康

ペルー・Yanacocha金鉱山で労働者によるデモ発生

 業界紙等によると、4月14日に、ペルー北部カハマルカ県のYanacocha金鉱山で、労働条件の改善を求める抗議デモが発生した。現在(16日)も、労働者63人によってデモが継続されており、デモ隊によって封鎖された道路を開放しようとした警察側との衝突により労働者2人が逮捕された。労働者組合代表のギジェルモ・メナ氏はこの衝・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康

ペルー、1月の鉱産物生産量、銅、金は増加、鉛、亜鉛は減少

 エネルギー鉱山省の発表によると、ペルーの2006年1月の鉱産物生産量は、銅、金等は前年同月比で大きく増加したのに対し、鉛、亜鉛は大幅に減少した。 銅については、前年同月比9.2%増の88,307t、金は同19.4%増の18,556kg、また、モリブデンは、同12.9%増の1,549t、錫は、同3.2%増の3,456t・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康

ペルー・Tintaya鉱山の売却をめぐるSouthern Copper社の動き

地元紙等によると、BHP Billitonは、Tintaya銅鉱山の売却を検討しているところ、Xstrata、Phelps Dodge、Southern Copper社(Grupo Mexicoの子会社、SC社)、Milpo社(ペルー)、中国企業など複数の企業が買収を申し入れているという。同鉱山はBHP Billito・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康  2006. 4. 13 シドニー 永井正博

ペルー・Galeno銅プロジェクト、Northern Peru Copper社(カナダ)が、プレF/Sを開始

 カナダのジュニア企業Northern Peru Copper社は、ペルー北部・カハマルカ県にあるGaleno(銅-金-モリブデン)プロジェクトのプレF/Sを開始したことを発表した。年内までに調査を終了させたいとしている。同社Marshall Koval CEOは、本鉱床は、地表近くに高品位ゾーンが存在しており、まず、・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康

Antofagasta社(チリ)、ペルーでの探鉱プロジェクトから撤退の意向

 業界紙等によると、チリのAntofagasta社は、同社がブラジルのCVRD社と合弁で設立し、ペルー各地(クスコ県のAlicia地区、アプリマック県のAntillas地区、Promesa地区、Tambillos地区)で金探鉱プロジェクトを実施しているCordillera Minas社の保有株の売却を検討していることを・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康

ボリビア、中国と鉱山投資分野で接近

 業界誌等によると、ボリビアの新鉱業冶金大臣Walter Villarroel氏は、3月に中国を訪問し、ボリビア、オルロ県のHuanui鉱山(錫、銀)やポトシ県のTelamayu鉱山(錫、銀)などへの投資に関心を持っている中国企業幹部と会談を行った。会談内容の詳細は明らかにされていないが、中国側はこれら鉱山の生産性向上・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康

ボリビア・Comibol、米国企業とJV契約を締結

 業界紙等によると、米国ネバダ州をベースとするFranklin Mining社は、ボリビアの鉱山公社Comibolと同国ポトシ県のCerro Rico銀山の周辺探鉱開発を含む拡張プロジェクトに関するJV契約に同意したことを明らかにした。この中にはCerro Rico銀山の生産性向上のための再生計画も含まれているという。・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康

ペルー・大統領選の影響で新規の鉱業投資は7月まで中断か

 地元業界誌等によると、ペルー鉱業協会(SNMPE)のオスカル・ゴンザレス ロチャ副会長は大統領選挙の影響で新規の鉱業投資が中断していると指摘した。 同副会長によると、Toquepala、Cuajone、Tintaya、Cerro Verdeなど現在操業中の鉱山への影響は見られないものの、開発段階にあるプロジェクトへの・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康

ペルー・鉱物資源ポテンシャル評価では世界トップ、投資環境評価では後退

 カナダのFraiser研究所が世界のメジャー、ジュニア企業を対象に行った世界64か国・地域の鉱業投資環境に関する2005~2006年度アンケート結果(回答322社)によると、ペルーは鉱床ポテンシャル面で、前年の7位から一躍首位にランクインされ、世界で最も有望な国の一つであるという評価が下された。 対照的に、投資環境面・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康

ペルー・Rio Blanco銅鉱床の鉱物資源量が8.16億tに

 ロンドンのジュニア企業Monterrico Metals社(英国)は所有するRio Blanco銅・モリブデン鉱床の鉱量を発表した。これによると、鉱物資源量(Measured)が1.46億t(Cu品位0.73%、Mo品位0.024%)、鉱物資源量(Indicated)6.7億t(Cu品位0.56%、Mo品位0.023・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康

Phelps Dodge、大統領選後もペルーでの鉱業投資は不変

 Phelps Dodge社Cesar Vilcaペルー事務所長に、4月9日に行われるペルー大統領選挙について、直接聴取した情報によると、現在、同社としては、急進派のウマラ候補が支持率を拡大していることを憂慮しているが、同候補が大統領になったとしても、同社のペルーでの鉱業活動には何ら影響を受けず、今後も投資を継続してい・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康

ペルー・ウマラ大統領候補、鉱業ロイヤルティの支払いを義務化する方針

 地元業界紙等によると、現在大統領選レースで支持率トップに立っている左派民族主義者のウマラ候補は、外国報道機関との会見において、国内の資源開発を行う全ての企業は直ちに鉱業ロイヤルティを支払うことで貧しい者と利益を分け合うべきであると主張した。 これは、税の安定化契約により鉱業ロイヤルティを収めていない全ての企業の契約を・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康

ペルー・Michiquillay銅開発プロジェクトの入札は2006年10月になる見通し

 投資促進庁の鉱業担当者より直接聴取した情報によると、2006年の大型入札案件として注目されているMichiquillay銅開発プロジェクトの入札公示は7月下旬、入札は10月になる見通しであることを明らかにした。但し、これは、4月下旬に開催予定の地元住民に対する公聴会で地元の最終合意が得られることが前提であり、本日程は・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康

ペルー・鉱業協会会長、急進派のウマラ大統領候補に対し現在の鉱業政策維持を要請

 業界紙等によると、ペルー鉱業協会のデル・ソラール会長は4月9日の大統領選挙で、優位が伝えられる急進派で主要企業の国営化を公約しているとされるウマラ候補に対し、鉱業・エネルギー部門における鉱業政策を明確にするよう要求するとともに、現在の外資奨励路線を維持するよう要請した。同会長によれば、最近のペルー経済は、大規模な外資・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康

Corriente社(加)、エクアドル・Mirador銅開発プロジェクトに関する電力供給契約を締結

 業界紙等によると、エクアドル・Mirador銅開発プロジェクトの権益を保有しているカナダのジュニア企業Corriente Resources社は、3月23日、同国の電力会社であるHidroabanico SAとMirador鉱山への電力供給に関するLOI(letter of intent)を締結した。内容は、10年間・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
西川信康
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ