閉じる

ニュース・フラッシュ

チリVentanas製精錬所の譲渡法案、下院を通過した

 El Diaro紙(5月10日付)によると、チリEnami所有のVentanas製錬・精錬所をCodelcoへ譲渡するための法案が下院を通過した。4月末に下院の鉱業委員会の承認が下りた後、財務委員会も通過して、今回、下院の全体議会を通過した。これを受けて、チリDulanto鉱業大臣は、これで兼ねてより懸案であったEn・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武

チリCodelco、資産価値を10年間で倍増

 El Diario紙(5月10日付)によると、CodelcoのJuan Villarzu総裁は、チリ議会に対して報告を行った。その中で、1994年時点で7,700百万US$であった資産価値が、2004年には15,100百万USに増加する見込みを報告した。また、同社の目標として、2009年末までに、同社資産価値は25,・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武

チリVentanas製精錬所の譲渡法案、下院の鉱業委員会が承認

 El Mercurio紙(4月23日付)によると、下院の鉱業委員会にてEnami所有のVentanas製精錬所のCodelcoへの譲渡法案が承認された。譲渡金額について議員の間で、最近の銅価に併せて評価すべきとの議論もあったが、結局は、昨年の段階でEnamiとCodelcoで合意に至った金額373百万USドルのままで・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武

チリCodelco、Gaby銅鉱床プロジェクトのパートナーを8ヶ月内で選考する

 El Diario紙(4月22日付)によると、Codelcoは同社のGaby鉱床開発プロジェクトのためのパートナーを、今後8ヶ月内に決定すると発表した。同社の戦略・管理部門のJuan Herrera副総裁によれば、今後、役員会にて事業モデルの承認を得て、パートナーの選定を行う模様。同鉱床は、第II州のChuquica・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武

チリ銅委員会、2004年の平均銅価予測を126~130¢/lbに上方修正

4月22日付け、チリ銅委員会(Cochilco)の発表によると、2004年の平均銅価を126~130¢/lbに上方修正した。また、チリの銅生産量や銅輸出額を下表のように予測した。   単位rn 2003年(実績) 2004年(予測) チリ銅生産量rn (千t) ・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武

チリ鉱業ロイヤルティ、数週間内に議会に提出される予定

 El Mercurio(4月26日付)によると、ラゴス政権は数週間内に、鉱業ロイヤルティ法案を議会に提出する見込み。本法案が成立するためには下院(120議席)・上院議会(49議席)にて4/7の賛成が必要であり、下院120議席、上院49議席のうち、下院で67、上院で28の賛成が必要。この法案の議会通過の可否について、各・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武

チリ・鉱業ロイヤルティに関する政府案を発表

 チリ財務大臣、鉱業大臣及び大統領府長官は、4月19日に、鉱業の技術革新促進を目的とした基金の創設と、そのための鉱業業界からの徴収(鉱業ロイヤルティ)に関する方針を発表した。この政府発表(財務省のホームページに発表された文書を掲載)の要旨は以下のとおり。 徴収は、総売上高の0~3%の間で、企業の営業利益に応じて変動す・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武

チリ・ロイヤルティ徴収は2007年以降か

 El Mercurio(4月20日付)によると、ロイヤルティ徴収は、3年間の間は移行期間として法人税からの控除を可能とすることから、実質的に徴収されるようになるのは、2007年以降になる見込みであるとEyzaguirre財務大臣は語った。 発表のあった翌日の4月20日からサンチャゴにて開催された国際鉱業展示市(Exp・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武

アルゼンティン天然ガス供給制限の影響はCODELCOやEscondida鉱山にはない

 Estrategia紙(4月13日付)によると、チリを代表する大規模銅山会社であるCodelcoとEscondida鉱山が、天然ガス供給制限の影響について、チリ財務省傘下の行政機関である料金安定監督局(SVS)へ、現段階では影響が無いとする報告を行った。Codelcoは、北部生産部門ではDistrinor社から25.・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武

チリ・Collahuasi銅山、2004年は記録的な生産量になる

 El Diario紙(4月14日付)によると、チリで第3番目の生産量を持つCollahuasi(コジャワシ)銅山(第?T州)は今年の銅生産量を46.5万t/y(昨年生産量39.5万t/y)とし、1998年の操業以来最大の生産量になる見込み。650百万US$の投資による、Ujina鉱床からRosario鉱床への採掘ピッ・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武

チリENAMI Ventanas製錬・精錬所の譲渡額を増加した法案が議会にて審議される

 El Diario紙(4月5日付)によると、ENAMI Ventanas製錬・精錬所の譲渡価格が最近の銅価の高騰受けて再計算され373百万USドルから405百万USドルに引き上げた法案が政府から再提出されている。また、譲渡額の増額は、既に譲渡法案は、CodelcoとEnamiの間で合意した金額373百万USドルで、昨・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武

チリEscondida銅山、低品位硫化鉱のバクテリアリーチングに870百万USドルの投資を発表

 El Diario紙(4月6日付)によると、BHP Billiton社は、Escondida銅山での低品位硫化鉱のバクテリアリーチングプロジェクトに870百万USドルの投資を開始する旨を発表した。2004年の投資額は80百万USドルとされ、2005年が投資のピークになる見込み。現在のEscondida鉱床と開発段階に・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武、バンクーバー

チリ銅委員会Cochilco、2004年の銅価平均予測を1.2USドル/lbに修正

 Estrategia紙(3月30日付)によると、チリ銅委員会(Cochilco)は、今年の銅価平均予測を1.2USドル/lbに修正した。最近の銅価の高騰を受けて、2003年予想した92~96¢/lbからの上方修正である。Cochilco Cartagena副総裁によると、この予測は妥当なものであり、2004・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武

アルゼンチン天然ガスの輸出制限、チリのエネルギー事情に影響の可能性

 El Mercurio紙(4月5日付)によると、アルゼンチン政府は、国内の不足を理由に天然ガスの対チリ輸出制限を表明した。特に、火力発電を主体とするチリ北部の産業への影響が心配される。現時点では、ディーゼルに燃料を転換する等すれば輸出制限の影響は無いとしている。アルゼンチンの天然ガス輸出の90%以上は、ガスパイプライ・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武

チリ・鉱業大臣、Enamiへの資金投入を約束する

 El Diario紙(3月18日付)によると、Dulanto鉱業大臣は、Ventanas製錬・精錬所がCodelcoに譲渡された後に、Enamiの経営が正常に機能しない場合、年間30百万US$を限度とした国庫からの資金投入を約束した。以前より、下院の鉱業・エネルギー委員会から、Ventanas製錬・精錬所の売却後のE・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武

チリ・野党リーダー、鉱業ロイヤルティ導入への反対を主張

 El Diario(3月23日付)によると、野党勢力を2分する独立民主同盟党(右派)のJoaquin Lavin氏(現サンティアゴ市長)が、鉱業ロイヤルティに対する反対の立場を表明した。既に、3月に入って、連立与党の議員らから鉱業ロイヤルティ法案が議会に提出されている。政府は、Eyzaguirre財務大臣とDulan・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武

チリ・上院委員会、Codelcoからの国防税の見直しを提案

 El Diario(3月16日付)によると、元財務大臣であり、現在は上院の財務委員会の委員長であるAlejandro Foxley議員が、Codelcoの収益の分配状況の調査を提案した。特に、Codocoの年間売上げの10%を軍の予算に向けられることを定める法律(国家銅保有法)の見直しにも言及したとする。同法律はピノ・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武

チリ・鉱業ロイヤルティ法案が国会に提出される

 Estrategia紙(3月9日付)によると、与党連合に所属する4党の党首と10人の議員によって、鉱業ロイヤルティを制定する法案が国会に提出された。その法案によると、鉱山採掘された産物に従価税3%を課すもので、年間銅量6万t以上に相当する価格の銅または副産物を販売した鉱山に課されるとする。3月の初めにはキリスト教民主・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武

チリ・鉱業ロイヤルティに関し、与党連合が政府に圧力をかける

 3月に入り、休会していたチリ国会が再開される。休会前から引き続き、鉱業ロイヤルティの問題が重要な議題となることが予想されている。2月24日には、連立与党を形成するキリスト教民主党(DC)、社会党(PS)、民主主義のための政党(PPD)が共同で、鉱業ロイヤルティ法案を国会に提出する方針を表明した。早くて3月に提出される・・・ 続きを読む
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武

チリ・Pascua-Lama金銀鉱床、Barrick社は6月までには生産開始時期決定

 Estrategia(2月17日付)によると、Barrick社(カナダ)の社長兼CEOのGregory Wilkins氏は、遅くとも2008年までにPascua-Lama金銀鉱床(チリ第III州からアルゼンティンSan Juan州に賦存する金銀鉱床)の生産を開始する意向を示した。また、現在、設計や生産見通しの改善が進・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
原田 武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ