閉じる

ニュース・フラッシュ

豪・Kalgoorlieニッケルプロジェクト、Inco社とHeron社がJV契約

 地元紙等によるとInco社(カナダ)と豪州ジュニアカンパニーHeron Resources社は、同社が保有する西豪州Kalgoorlieニッケル・プロジェクト(KNP:Kalgoorlie Nickel Project)のJV契約に合意した。 このプロジェクトはラテライト・ニッケル903百万t、ニッケル品位0.74%・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

Lynas社、豪州初のレアアース鉱山生産開始へ

 Lynas社(豪)は、3月30日、西豪州Laverton付近にあるMount Weld鉱山のF/Sが完了し、鉱石を中国に輸出して抽出・処理することを発表した。同社は初年度粗利益1,500万豪ドル、その後5年間で23%の増益を見込んでおり、世界のレアアース生産の15%を奪う目論見。同社によると中国内モンゴル自治区にある・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

BHP社、WMC社買収声明を発表

 地元紙等によるとBHP社は、3月21日、豪州証券投資委員会(ASIC:Australia Securities and Investments Commission)に買収声明(Bidder's Statement)を提出、同月29日にWMC社株主に対して同声明を発表し、買収の実現に向けて動きだした。買収条件は既に発・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

豪・Sons of Gwalia社、金鉱山等の資産をSt. Barabara社に売却

 地元紙等によるとSons of Gwalia社は、3月21日、同社が西豪州Leonora、Southern Cross、South Laverton等に保有する金及びニッケル資産をSt. Barabara社に売却したと発表した。 売却によって、St. Barabara社は、Sons of Gwalia社に200万豪ド・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

Jabiru社、西豪州Teutonic BoreでVMS鉱床を発見か

 Jabiru Metals社(豪)は、旧Teutonic Bore鉱山地区で新たな銅-亜鉛-鉛の鉱化を捉えた。 同社は2005年2月からTeutoic Bore鉱床(150万t、3.6% Cu、11.4% Zn、167g/t Ag)とJaguar鉱床(165万t、2.86% Cu、11.23% Zn、114g/t A・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

「WMC社買収Rio Tinto社はXstrata社と組んでBHP社に対抗か」との見方

 地元紙等によるとWMC社買収に関して先週(3/21~25)大きな動きはなかったが、Xstrata社がRio Tinto社と組んで再度買収を試みるとの未確認の情報が流れている。これはXstrata社幹部の「BHP社の買収に価値はない」など一連の発言によるもの。先週の時点でWMC社の株価は7.96Aドル/株とBHP社の提・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

「BHP社によるWMC社の買収を認めない」が過半数をしめる

 3月22日付け地元紙等によると、ある調査機関が実施した世論調査の結果、「BHP社(英・豪)によるWMC社の買収を認めない」は54%であった。BHP社はBroken Hill鉱山を発祥の地とする豪州を代表する総合資源会社であったが、2001年にBilliton社(英)と合併、ロンドン証券市場にも上場している。豪州世論は・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

Xstrata社、“豪州最大級”の銅山買収へ

 Xstrata社(スイス資本)は、Universal Resources社に660万豪ドルの資本注入することで、同社の株式13%相当の権益を取得し、豪州最大級の未開発のRoseby銅鉱山の権益51%相当を取得する権利を得ると発表した。同社が保有し、Xstrata社が2003年のMIM社の買収によって取得した同社の主力・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

Xstrata社、WMC社にさらなる圧力

 地元業界紙等によると3月2日、Xstrata社は、同社の7豪ドル/株の無条件によるWMC株買収は買収価格としては低値の範囲で新たな買収を加速するものであるとして、WMC経営陣に同社の現金買収に応じる圧力をかけた。これに対してWMC社経営陣はXstrata社の提案を拒否した。 地元業界紙によれば、これまでにXstrat・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

BHP社、鉄鉱石のより高価契約をねらう

 地元業界紙等によるとBHP Billiton社は、日本企業との鉄鉱石の価格交渉において、先週(2月23日)、71.5%増で契約を成立させたRio Tinto社及びCVRD社よりも高い伸び率での契約を目指す模様。Rio Tinto社が値上げ契約を締結したが、豪州の鉄鉱石価格はここ15年間ブラジル産鉄鉱石よりも低価格であ・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

Newcrest社(豪)、2004/2005年期の利益を超200百万豪ドルと見込む

 地元業界紙等によるとNewcrest社は、2004年12月までの2004/05年上半期の純利益が53.8百万豪ドル(前年38.4豪ドル)になると発表した。低コストのToguraci鉱山(インドネシア、121豪ドル/ポンド)が6か月フル生産したこと等が大きく貢献している。また、ウエストオーストラリアのTelfer銅・金・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

英・Rio Tinto社、クイーンズランド州のアルミナ精錬所の稼働を発表

 COMALCO社(Rio Tinto社の100%子会社)は、クイーンズランド州Glastoneのアルミナ精錬所の稼働開始を正式に発表した。同精錬所は15億豪ドルの建設費かけ予定よりも3か月早く完成。年産140万tの精算能力を持つ。生産されるアルミナは豪州及びニュージーランドの同社のアルミニウム精錬所で使われるほか、N・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ