閉じる

ニュース・フラッシュ

アルゼンチン:Mendoza州Suárez知事、承認された「反鉱山」法改正を停止、対話を呼びかけ

 Mendoza州知事Rodolfo Suárez知事が鉱業を促進する目的で提案した、2007年施行の金属鉱石の処理にシアン、水銀、硫酸等の使用を禁じるMendoza州法7722号の改正案(2019年12月17日付 ニュース・フラッシュ:Mendoza州Suárez新知事、「反鉱山」法改正を提案参照)は、2019年12・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:CODELCO、MTTコンソーシアムが落札した海水淡水化プラント建設をキャンセル、24か月以内に再入札

 地元紙によると、2019年12月19日、CODELCOは、11月4日にMTTコンソーシアム(丸紅:50%、Transelec:30%、Techint Chile:20%)が落札したChuquicamata鉱山、Radomiro Tomic鉱山、Ministro Hales鉱山に水を供給する海水淡水化プラント建設プロジ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:Gold Fields社、Salares Norte金プロジェクトが環境認証を取得

 2019年12月18日付けで、Gold Fields社はアタカマ環境評価委員会がSalares Norte金プロジェクトの環境影響調査を承認したことを発表した。Nick Holland CEOは「当社は現在、資金計画を策定し、2019年初めに完了したDFSを更新しており、2020年上半期中には建設決定に進む」と述べて・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:2019年の国内探鉱投資は13%増加、世界第4位の見込み

 2019年12月16日、Cochilcoの発表したレポートによると、2019年のチリ国内の探鉱予算額は総額653.5mUS$、前年との比較で約77mUS$(13%)増加し、世界ランキングで第4位となる見込みである。同レポートでは、プロジェクト件数318件(銅54%、金25%、リチウム4%等)、108社が識別され、その・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

アルゼンチン:Mendoza州Suárez新知事、「反鉱山」法改正を提案

 2019年12月11日付けの地元メディアによると、Mendoza州Rodolfo Suárez 知事は、知事として最初の日に鉱業を促進する目的でMendoza州法7722号(2007年施行:金属鉱石の処理にシアン、水銀、硫酸等の使用を禁じる)の改正を提案した。水銀の使用は引き続き禁止されるものの、シアン化物、硫酸につ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:Anglo American、Los Bronces銅鉱山で淡水の利用を止めると発表

 チリ国内中央部が直面している干ばつによる水不足問題に対し、鉱業セクターは海水の利用、水のリサイクルという2つの方法で対処している。2019年12月9日付けの地元メディアによると、Anglo AmenricanのRene Muga総務・広報担当副社長は、同社はチリ国内の水の状況について十分理解しており、飲用水の消費が優・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:NuevaUnión社、7.2bUS$の計画を練り直す

 2019年12月7日付けの地元メディアによると、NuevaUnión社(Teck Resources 50%, Newmont Goldcorp 50%)は、先週、プロジェクトの調査に携わっていた約120名の労働者のうち80名を解雇したことを発表した。当初、2019年年末に環境影響評価(EIA)手続き開始を予定してい・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:Teck Resources社のQuebrada Blanca IIプロジェクト、デモの影響及び遺跡の発見による遅延と投資額減少の予想

 2019年12月6日付けの地元メディアによると、Teck Resources社のFraser Phillips上級副社長兼投資家向け広報及び戦略分析担当は、デモ活動はQuebrada Blanca IIプロジェクトのスケジュ-ルとコストに影響を及ぼすと述べている。現在、港から標高4,200mの地点にあるプロジェクト建・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:2028年までに見込まれる鉱業投資額は72bUS$を超える

 2019年12月3日、COCHILCOの発表によると、今後10年間(2019~2028年)で見込まれる鉱業投資額は総額72.503bUS$(44件)で、前年同時点での今後10年間(2018~2027年)に見込まれる投資額(総額65.747bUS$、44件)に比べ、6.756bUS$増加した。内訳は、リストから外れたプ・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:銅価格の下落によりCODELCOの2019年Q1~Q3余剰金は前年同期比57%減

 2019年11月29日、Araneda CODELCO総裁の発表によると、2019年第1四半期~第3四半期間の剰余金は総額603mUS$で、前年同期に比べ57%減少した。Araneda総裁は、剰余金減少の原因として、銅価格低下、製錬所操業再開の遅れ、労働者組合との団体交渉を挙げた。同期間の銅平均価格は2.74US$/・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:CODELCO、丸紅が主導するコンソーシアムを海水淡水化プラント建設プロジェクトの落札者と決定

 2019年11月4日、CODELCOはChuquicamata鉱山、Radomiro Tomic鉱山、Ministro Hales鉱山に水を供給する海水淡水化プラント建設プロジェクトの落札者を発表した。落札者は、丸紅株式会社が主導するMTTコンソーシアム(丸紅 50%、Transelec 30%、Techint Ch・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:Antofagasta社、年間銅生産量750~790千tから750~770千tに下方修正

 2019年11月4日、Antofagasta社はチリ国内の鉱山におけるストライキやデモによる年間生産量の下方修正を発表した。Los Pelambres銅鉱山では主にアクセス道路が遮断されたことにより約10千t、Antucoya銅鉱山では10月16日に開始されたストライキの影響により約4千tの減産影響が出ると見込まれ、・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

ブラジル:BHP、Samarco鉄鉱石鉱山再開の資金44mUS$を承認

 BHPは2019年11月1日付けニュースリリースにて、BHPとValeが50:50で出資するSamarco鉄鉱石鉱山(Minas Gerais州)の再開資金44mUS$を承認したことを発表した。2015年の廃滓ダム崩壊事故により閉鎖された同鉱山は、10月25日に操業再開に必要な全てのライセンスを取得し、新たに乾式尾鉱・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

ブラジル:Vale、2019年第3四半期に1,654mUS$の利益を記録

 10月24日、Valeの発表した2019年第3四半期の財務結果によると、前年同期比17.5%増の1,654mUS$の利益を計上した。第2四半期は133mUS$の赤字であった。また、Minas Gerais州Brumadinho鉄鉱石鉱山廃滓ダムの決壊による被害修復が着実に進んでいること、その他のダムについても安全性の・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:BHP、EscondidaおよびSpence銅鉱山での100%の再生可能エネルギー使用と帯水層からの揚水終了を目指す

 10月21日、BHPはチリのEscondida銅鉱山およびSpence銅鉱山の電力需要を満たす、4つの再生可能電力契約を発表した。それぞれの鉱山が合意した個別の契約は、ENEL Generación Chileとの3TWh/年(テラワット時)の15年契約と、Colbúnとの3TWh/年の10年契約であり、ENELとの・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:BHP、Escondida銅鉱山にて100%再生可能エネルギーの使用を目指す

 2019年10月11日付けの地元メディアによると、BHPは、世界最大のEscondida銅鉱山を再生可能エネルギーで稼働させることで、二酸化炭素排出量を削減する計画を発表した。再生可能エネルギーは長期契約締結の最終段階にあり、現在のガスと比較して費用を節約できると見積もっている。
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:海水淡水プラントで生産される水の国有財産化、政府と民間セクターが懸念

 2019年10月10日付けの地元メディアによると、上院野党議員グル-プにより提出され、現在上院議会で審議されている、海水淡水化プラントで生産される水の5%を一般利用のため国有財産とする法案について、海水淡水化技術への投資が妨げられる可能性から政府と民間セクターが懸念を示している。公共事業省のデ-タによれば、チリ国内で・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:政府はCOP25との関連においてCODELCO・Ventanas銅製錬所の閉鎖を検討中

 2019年10月8日付けの地元メディアによると、Piñera大統領は、COP 25サミットに関連して組織された科学委員会に対し、CODELCOが操業するVentanas銅製錬所の閉鎖を検討している旨伝えた。今回のサミット中には、スウェーデンの環境保護活動家Greta Thunberg女史が、2018年8月に同製錬所か・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:水資源総局、2019年にチリ北部の取水制限強化を検討

 メディア報道によると、水資源総局(Dirección General de Aguas:DGA)のOscar Cristo局長は、水資源保護のため2019年中に取水禁止区域を現在の30か所から70か所へ増やす意向を示した。
 取水禁止区域内では鉱山用水の新規取水許可は取得できず、既存の取水契約の延長には環境許認可の・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
村上尚義

チリ:2019年2月上旬のチリ北部豪雨災害による鉱山操業停止および周辺インフラ損壊の損失は約300mUS$の予想

 メディア報道によると、2019年2月上旬、チリ北部Arica、Parinacota、TarapacáおよびAntofagastaの各地域で発生した豪雨災害により、Chuquicamata、Radomiro Tomic、Ministro Hales、Gabriela Mistral、Ministro HalesおよびE・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
村上尚義
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ