閉じる

ニュース・フラッシュ

豪:BHPの鉄鉱石生産量、2019/20年度は248百万tと過去最高の水準を達成も2020/21年度は前年比±2%の見通し

 2020年7月22日付けの地元メディアによると、BHPは鉄鉱石生産量が2020年4~6月四半期において前年同期比7%増の67百万t、2019/20年度(2019年7月~2020年6月)において前年度比4%増の248百万tと、いずれも過去最高の水準を達成した。これは、中国がCOVID-19流行による経済活動の制限から早・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:Sandvik社、坑内採掘の最適化ソリューションにおけるドローン活用に向けた取り組みを実施

 2020年7月21日付けの地元メディアによると、鉱業機械メーカーSandvik社は、ドローン技術の開発企業Exyn Technologies社とパートナーシップを締結し、坑内採掘ソリューションにドローンを活用するプロジェクトを開始すると発表した。このプロジェクトは、Sandvik社が開発した坑内採掘を最適化するソリュ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

PNG:加Barrick Gold社とPNG政府、Porgera金鉱山の特別採掘権更新を巡る係争が激化

 2020年7月20日付けのメディアによると、中Zijin Mining Group(紫金鉱業集団)社とJVでPorgera金鉱山を操業する加Barrick Gold社とPNG政府間において、同鉱山の特別採掘権更新を巡る係争が激化していることが明らかになった。同鉱山における特別採掘権の更新申請は、環境面や社会面への懸念・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore 康子

豪:豪連邦ARENA、70mA$枠の水素製造助成金の企画競争でBHPなど7社を最終候補に選定

 2020年7月20日付けのメディアによると、再生可能エネルギー産業を支援する豪連邦政府機関ARENA(Australian Renewable Energy Agency)は、2020年4月に発表した70mA$の再生可能エネルギー源水素製造助成金(Renewable Hydrogen Deployment Fundi・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:豪連邦政府が環境保護・生物多様性保全法の見直しに関する中間報告書を発表、時代遅れで非効率と結論付ける

 2020年7月20日付けの地元メディアによると、豪連邦政府は、豪州競争消費者委員会(ACCC)の元会長Graeme Samuel教授に委託した環境保護・生物多様性保全(EPBC)法の見直しに関する中間報告書を発表した。同報告書はEPBC法を「時代遅れで非効率」と結論付けており、同法に基づく資源産業のプロジェクト認可プ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:豪連邦政府、中国との関係緊張下においてレアアース供給の戦略的パートナーシップ構築に注力

 2020年7月20日付けの地元メディアによると豪連邦政府は、中国との関係における緊張が高まる中、豪州国内のレアアース生産者と海外における供給チェーン関係者の戦略的パートナーシップ構築に注力していることが明らかになった。豪連邦Keith Pitt資源大臣によると、このパートナーシップ構築は、クリティカルミネラル産業を促・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

ナウル・トンガ・キリバス:加DeepGreen社、海底のマンガン団塊採掘は、陸地における鉱物資源採掘と比較して環境影響がはるかに小さいと主張

 2020年7月20日付のメディアによると、国際海底機構(ISA)よりナウル、トンガ、キリバスにおけるマンガン団塊の探鉱権をこれまでに3件取得している加DeepGreen Metals社は、マンガン団塊の採掘が海洋生物の減少など環境に多大な影響を与えるとの懸念が生じていることに関し、「マンガン団塊の採掘は、陸地における・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル マンガン
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:豪連邦政府、豪州北部インフラ基金の実施期間を2026年6月末まで5年間延長

 2020年7月17日付けの地元メディアによると豪連邦政府は、同政府が出資する豪州北部インフラ基金(NAIF)の実施期間を5年間延長し、2026年6月末までとすることを発表した。同政府は、NAIFについて定める連邦法「Northern Australia Infrastructure Facility Act 2016・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:Cobalt Blue社、NSW州Broken Hillコバルトプロジェクトにおける経済性評価を更新

 2020年7月16日付けのメディアによると豪Cobalt Blue Holdings社は、NSW州Broken Hillコバルトプロジェクト(Thackaringaプロジェクトから改名)における経済性の再評価を実施した結果、2018年に実施したPFSの結果と比較して、埋蔵量やコストなどの予測が大幅に改善したことが明ら・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:豪連邦政府が技能習得と見習い労働者の賃金を助成する新イニシアティブに2bA$を支出へ、豪州鉱物資源評議会は歓迎

 2020年7月16日付けのメディアによると豪連邦政府は、COVID-19流行からの経済回復を目的として、高校新卒者や求職者の技能習得や見習い労働者の賃金を助成する新イニシアティブ「JobTrainer skills package」に2bA$を支出すると発表した。同イニシアティブは、連邦政府と州・準州政府がそれぞれ5・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

豪:QLD州政府、Australian Mines社のSconiラテライトコバルト・ニッケル・スカンジウムプロジェクトに条件付きで助成金を支出へ

 2020年7月15日付けのメディアによるとQLD州政府は、豪Australian Mines社のSconiラテライトコバルト・ニッケル・スカンジウムプロジェクトに対し、民間企業による投資増加と雇用創出を目的とする175mA$規模の助成金Jobs and Regional Growth Fundから条件付きで助成を行う・・・ 続きを読む
鉱種:
スカンジウム コバルト ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore 康子

豪:Rio TintoがWA州Winu銅・金プロジェクトの環境認可申請書を提出、2021年第2四半期には建設を開始か

 2020年7月15日付けの地元メディアによると、Rio TintoはWA州Paterson地域で進めるWinu銅・金プロジェクトに関し、開発に向けた環境認可申請書を提出したことが明らかになった。Rio Tintoはこの申請書の中で、2021年第2四半期を目途に建設を開始し、2023年には生産を開始する予定としている。・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore 康子

豪:Pilbara Ports Authority、2019/20年度の取扱量合計が過去最大を記録

 2020年7月14日付の地元メディアによると、Pilbara Ports AuthorityがWA州で運営する豪州最大の鉄鉱石輸出港であるPort Hedland港や、Dampier港、Ashburton港など複数の港湾における2019/20年度の取扱量合計が717.2百万tと、過去最高を記録したことが明らかになった・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore 康子

豪:豪連邦公正労働委員会、BHPの子会社における労働協約に対して不認可の仮決定を下す

 2020年7月14日付の地元メディアによると、豪連邦公正労働委員会(Fair Work Commission:FWC)は、操業上のサービスを提供するBHP子会社(Operation Services)の従業員に対する労働協約(enterprise agreement)を不認可とする仮決定を下した。これらの子会社は、B・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore 康子

豪:中China Molybdenum社、NSW州Northparkes銅・金鉱山産の金・銀に関し、加Triple Flag社とストリーミング契約を締結

 2020年7月13日付けのメディアによると、中China Molybdenum(CMOC)社は、同社が住友金属鉱山・住友商事と80%:20%の権益比率で保有するNorthparkes銅・金鉱山に関し、カナダを拠点とする投資企業Triple Flag Precious Metals社と金・銀のストリーミング契約を締結し・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore 康子

豪:Galaxy Resources社、中Yahua Industrial Group社とのリシア輝石精鉱の既存オフテイク契約を2025暦年末まで3年間延長

 2020年7月13日付けのメディアによると、豪Galaxy Resources社は、同社が操業するWA州Mt Catlinリチウム鉱山から生産されるリシア輝石精鉱に関し、中Yahua Industrial Group社との間で締結済みのオフテイク契約を3年間延長し、期限を2025年12月末までとすることで合意したと発・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore 康子

豪:鉄鉱石価格、高値傾向で豪連邦政府のCOVID-19流行による財務状況悪化を緩和も、今後は値下がりか

 2020年7月13日付けの地元メディアによると、Fastmarkets MBによる品位:Fe 62%粉鉱の中国CFR価格は2020年7月14日の時点で112.48US$/tと、豪連邦政府による2019/20年度Mid-Year Economic and Fiscal Outlook(MYEFO)における2020年6月・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore 康子

豪:WA州先住民遺産法の修正法案、2020年末までには議会に提出される見通し

 2020年7月12日付の地元メディアによると、WA州政府は2018年3月に同政府が開始した先住民遺産法Aboriginal Heritage Act 1972(WA)の見直しにおいて、2020年末までには修正法案を議会に提出する予定とされている。豪州では、Rio Tintoが2020年5月にWA州Brockman 4・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore 康子

豪:豪ドル建て金価格、COVID-19感染拡大による米国経済への不安を背景に2,600A$/oz超の高値を維持

 2020年7月10日付の地元メディアによると、豪ドル建ての金価格は2020年7月7日に2,600A$/ozを超え、翌8日には2,634A$/ozと過去最高の水準に達し、その後2日間も2,600A$/oz以上の値を維持した。金融市場の情報を提供するInvesting.comのアナリストによると、この高値傾向は米国でのC・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore 康子

豪:WA州でリチウムイオン電池の材料製造産業が確立される気運ありとの報告

 2020年7月8日付けの地元メディアによると、WA州ではリチウムイオン電池(LIB)の材料となる前駆体や負極材などの製造や販売等の産業が確立される機会が生じていることが、総額135mA$規模の産学官共同研究プログラムFuture Battery Industries Cooperative Research Cent・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore 康子
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ