閉じる

ニュース・フラッシュ

南ア:Prieska銅・亜鉛プロジェクトの南東延長に位置する鉱床の環境認可を受ける

 2020年3月9日付け豪Orion Minerals社の発表によると、同社が開発を進めているPrieska銅・亜鉛プロジェクト(北Cape州)の南東延長に位置するVardocube鉱床採掘に係る環境認可が承認され、同鉱床の採掘権承認の最終段階に入った。Prieskaプロジェクトの主要鉱床の環境認可及び採掘権は2019・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:加ジュニアAJN社、Kibali金鉱山のマイナー権益買収を断念

 2020年3月1日付け加AJN Resources社の発表によると、DRコンゴの公社SOKIMO社が所有するKibali金鉱山の10%フリーキャリー権益について、デューデリジェンスの結果、AJN社は同権益の買収を進めないとした。ただし、SOKIMO社所有の他の金プロジェクトの権益については、引き続きデューデリジェンス・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Amplats社の精錬プロセスにおける事故を受けて、PGMs生産見込みを下方修正

 2020年3月6日付けAnglo American Platinum(Amplats)社の発表によると、南アRustenburgにおける同社Waterval製錬所の精製プロセス(Anglo Converter Plant; ACP)にて、2月10日に爆発事故が発生し、精製プロセスが一時的に停止したため、顧客や鉱石購入・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マラウィ:政府、豪Paladin Energy社によるKayelekeraウラン鉱山の売却を承認

 2020年3月2日付け豪Paladin Energy社の発表によると、同社はKayelekeraウラン鉱山の権益85%の売却について、マラウィの天然資源エネルギー鉱業省と財務・経済計画発展省の承認を得た。権益の売却先は65%が豪Lotus Resources社及び20%がLily Resources社となり、15%は・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:DRコンゴ中央銀行、外貨準備高を増やすべく、鉱山会社からの米ドル購入を計画

 2020年3月2日付けメディアによると、DRコンゴ中央銀行は、減少する外貨準備高を増やすべく、同国の鉱山会社から米ドルを購入する計画を進めている。政府による米ドルの購入は、IMFの正式融資プログラムの資格を得るため、国の経済復興が確実なものであることを示すためである。2018年に改正された同国の鉱業法によると、鉱山会・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:市民団体がKibali金鉱山のマイナーシェア売却における透明性を求める

 2020年2月28日メディアによると、DRコンゴ国営の金鉱山会社Sokimo社が所有する権益を加AJN Resources社に売却するにあたり、一般競争入札が行われていないことに対し、DRコンゴの市民団体や国会議員が懸念の声を挙げている。売却対象の金鉱山の中には、同国最大の金鉱山Kibali鉱山の10%シェアが含まれ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Implats、Rustenburg白金族鉱山のリストラ計画の見直し

 2020年2月27日付け南アImpala Platinum社(Implats)の発表によると、2019年下半期実績を踏まえ、好調な実績が続いていることから、配当支払を再開するとともに、計画していた操業シャフトの閉鎖を見直した。同社は2018年に南アRustenburg白金族鉱山のリストラ計画を発表し、2021年度末ま・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ウガンダ:Makuutu REE探鉱プロジェクト、初期的抽出試験にて良好な結果を得る

 2020年2月18日付け豪Oro Verde社の発表によると、ウガンダにて実施中のMakuutu REE探鉱プロジェクトについて、硫酸アンモニウムを使ったシンプルな抽出試験の結果、全REE回収率(Ceを除く)が最大75%であった。また、軽REEより重REEの回収率において良好な結果であった。初期的試験の段階であり、今・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:Kakula銅鉱山開発、8km以上の坑道掘削を完了

 2020年2月24日付け加Ivanhoe Mines社の発表によると、DRコンゴKakula銅鉱山(同社39.6%シェア保有)の開発は順調に進み、坑道掘削が8km以上に達し、坑内の開発工事が予定よりも早く進捗しているとした。坑内では、ジャンボ掘削リグや50tトラックなど、大容量の半自律走行の鉱山機械による掘削が行われ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:Kibali金鉱山のマイナー権益売却について、加Barrick Gold社は否定

 2020年2月20日付けメディアによると、加Barrick Gold社は、DRコンゴKibali金鉱山について、同国の準国営企業Sokimo社が所有する10%権益の売却を承認しないとした。シンガポールに上場するジュニアAJN Resources社は、同権益の売却について、既にSokimo社と覚書を締結している模様。B・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Glencore・Lydenburgフェロクロム製錬所、スイスのクリーンエネルギー技術の導入を決める

 2020年2月21日付けメディアによると、Glencoreの南ア操業部門(GOSA)が操業するLydenburgフェロクロム製錬所は、スイスのクリーンエネルギー技術会社Stirling社とサービス契約を締結し、同製錬所の残留フレアガスからの熱エネルギーを電気に変換する発電ユニット(25 PWR BLOK 400-F)・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:ERG社、Metalkol RTRプロジェクトのコバルトを使用したNCMの前駆体生産プラントを検討中

 2020年2月19日付けメディアによると、Eurasian Resources Group(ERG)は、リチウムイオンバッテリーに使うニッケル・コバルト・マンガン(NCM)の前駆体を生産するプラントの建設について、パートナーといくつかの候補地を挙げて検討している。同プラントにおいて、同社がDRコンゴにて操業するMet・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル マンガン
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ジンバブエ:鉱山大臣、ライセンス料未払いに伴う鉱業権取り消しを警告

 2020年2月19日付けメディアによると、ジンバブエChitando鉱山大臣は、鉱業権を所有する会社による年間ライセンス料の未払いは2020年1月末時点で約11mUS$になるとし、4月末までは支払い猶予を与えるが、それ以降は権利を失う可能性があると警告した。同国は世界第2位の白金、リチウムの大規模鉱床、金やクロムのポ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ナミビア:Uis錫鉱床再開発プロジェクト、錫精鉱を初出荷

 2020年2月18日付け、豪AfriTin Mining社の発表によると、ナミビア・Uis錫鉱床再開発プロジェクトから錫品位60%の精鉱6tがオフテイク契約先のタイ・製錬会社Thaisarco社に納入された。また、錫精鉱20tもナミビアWalvis Bay港からタイに向けて出荷中である。山元では、2019年11月に4・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:南ア大統領、施政方針演説において電力危機対処を表明

 2020年2月13日付けメディアによると、南ア・Ramaposa大統領は、国民議会で施政方針演説を行い、その中で電力危機への対処を明言した。当面、計画停電等による電力の負荷分散は避けられず、国有電力会社Eskomの操業能力回復に努めていくとした上で、Eskom以外の電力確保を行うべく方策を実施するとした。具体的には以・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:Manonoリチウム・錫プロジェクトのDFSが95%完了

 2020年2月11日付け豪AVZ Minerals社の発表によると、DRコンゴ・Manonoリチウム・錫プロジェクト(同社65%シェア保有)のDFSは95%完了し、3月31日に公表される見込みである。DFSには港までの精鉱輸送に係るコストスタディも含まれる。旧ピットの排水がほぼ完了し、現在ピット下部の資源量評価のため・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

モザンビーク:Maputo港の取扱実績増加

 2020年2月10日付けメディアによると、モザンビークMaputo港における2019年の取扱実績が21百万tに達し、2018年実績19.5百万tを上回った。クロム及びマグネタイトの取扱量が増えており、特にクロムの取扱量は全体の30%を占め6.4百万tであった。また、コンテナターミナルの拡張に伴い、コンテナ輸送量は前年・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石 クロム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:Kamoa-Kakula銅プロジェクトの資源量を更新

 加Ivanhoe Mines社は、2020年2月4日付けでDRコンゴのKamoa-Kakula銅プロジェクト(同社39.6%シェア保有)の資源量を更新した。今回の更新においては、Kamoa鉱床内のIn-fillボーリングにより捕捉した高品位部の結果が反映された。Kamoa-Kakulaプロジェクトの資源量は、カットオ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱物資源エネルギー大臣、鉱山会社による自家発電に関し規制緩和を確約

 2020年2月3日付けメディアによると、Mantashe南ア鉱物資源エネルギー大臣は、Mining Indaba(Cape Townにて開催)でのオープニングスピーチの中で、電力に係る規制緩和について言及した。鉱山会社などの民間企業の自家発電に対するライセンスを撤廃し、届け出制にする。また、電力供給のフェイルセーフの・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:国による零細採掘者のコバルト鉱石買取り制度を創設

 2020年1月30日付けメディアによると、DRコンゴ政府は、零細採掘によるコバルト生産物の独占的な買取り制度を創設した。DRコンゴは世界のコバルト生産の70%以上を占めており、その4分の1ほどが零細採掘に起因している。同国政府は政令を施行し、この買取り制度を運用し、世界のコバルト市場における同国の立場を強める狙いがあ・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ