閉じる

ニュース・フラッシュ

メキシコ:加Evrim Resources社、Cualeプロジェクトのボーリング調査結果公表

 2019年2月11日付け業界紙によると、加Evrim Resources社(本社:バンクーバー)は、同社がJalisco州に保有するCuale金プロジェクトで実施中のボーリング調査結果を公表した。同プロジェクトでは、2018年に10孔、総掘削長2,179mのボーリング調査が行われ、着鉱幅32m(表層付近)、品位:Au・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

グアテマラ:共和国議会、鉱業法改正を検討

 2019年2月13日付け地元紙の報道によると、グアテマラ立法府(el Poder Legislativo)は、現行の鉱業法(グアテマラ共和国議会法令第48-97号)が鉱山操業停止と社会紛争の原因となっているとし、同法改正を検討している。共和国議会のエネルギー鉱山委員会は声明の中で、各機関における調整欠如が鉱業プロジェ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

パナマ:加First Quantum Minerals社、Cobre Panamá銅鉱山の操業開始を発表

 2019年2月14日付け地元紙等によれば、加First Quantum Minerals社は、同社がパナマに保有するCobre Panamá銅鉱山の鉱石処理施設での処理開始を発表した。2月7日、初期供給速度4,000~5,000t/hの鉱石が一次粉砕装置に投入された。その後、銅精鉱の生産を含め、他の処理工程も順調に稼・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

ペルー:Toquepala銅鉱山の選鉱プラント、4月にフル操業開始

 2019年2月12日付け地元紙によると、Southern Copper社のLarrea社長は、Toquepala銅鉱山(Tacna州)の選鉱プラントが2019年第2四半期初頭にフル操業に入るとの見通しを明らかにした。2018年末時点における本プラントの稼働率は60%だった。Toquepala銅鉱山拡張プロジェクトでは・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:2018年12月鉱産物生産

 ペルー・エネルギー鉱山省によると、2018年12月の鉱産物生産量は、前年比で銅2.50%増、鉛8.36%増、錫29.88%増、鉄鉱石5.11%増だった一方、亜鉛3.88%減、金9.78%減、モリブデン8.75%減となった。
 このうち銅に関しては、主にSociedad Minera Cerro Verde社やMin・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン 亜鉛 鉄鉱石
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ