閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: その他

南ア:電力問題、Gamsberg亜鉛鉱山の国内での選鉱を困難にする

 2019年11月26日付けメディアによると、南アGamsberg亜鉛鉱山を操業するVedanta Zinc International(VZI)社Naidoo CEOが、南アの電力問題が解決しないかぎり、国内での鉱石の選鉱は難しい旨を述べた。2019年に生産を開始した南ア・Northern Cape州に位置するGam・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 亜鉛
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:IMFが融資プログラムの再開を同意

 2019年11月16日付けメディアによると、国際通貨基金(IMF)とDRコンゴ政府は、DRコンゴへの融資支援プログラム(DRコンゴ中央銀行によると約370mUS$相当)の再開に合意した。IMFが支援を承認するのは、2012年にDRコンゴへの支援を中止して以来となる。国有鉱山企業Gecaminesの情報開示が十分になさ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ルワンダ:ロシアとの間で鉱業・炭化水素に係る協力協定を締結

 2019年10月24日付けメディアによると、ルワンダとロシアの間で、鉱業や石油・ガス部門における地質調査、探鉱、機材やサービスの提供について協力協定が締結された。ルワンダ側はRMB(Rwanda Mines, Petroleum and Gas Board)が、ロシア側はROSGEO(State Geological・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ジンバブエ:鉱山会社からのすべての輸出収入を外貨立てで保有する要請却下

 2019年11月14日付けメディアによると、電力不足と外貨不足に悩むジンバブエにおいて、同国の鉱山会社からすべての輸出収入を外貨立てで保有することについて要請がなされていたが、同国中央銀行はその要請を却下した。現在、鉱山会社の輸出収入について、外貨保有率は最大55%と制限されており、残りはジンバブエ・ドルの公式レート・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ジンバブエ:国営電力会社、未払い電力料金77mUS$を回収するまで電力を供給停止

 2019年10月24日付けメディアによると、ジンバブエの国営電力会社ZETDCは77mUS$の未払い料金を回収するまで、鉱山、農場などのユーザーへの電力供給を停止するとした。干ばつによる水力発電の水位レベルが低下し、老朽化した石炭火力も故障が多く、毎日最大18時間の停電が続いている。同社は、停電の不便を解消すべく、こ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:PGM生産者、労働組合との間で賃金契約締結

 2019年11月15日付けメディアによると、南アの白金族生産者であるAmplats社、Implats社、Sibanye-Stillwater社において、各労働組合(AMCU、NUM、UASA)との間で3年間の賃金契約を締結した。いずれにおいても、月額基本給に毎年1,000ZAR(南ア・ランド:68US$相当)又は5.・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Sibanye Gold社、主要上場先のニューヨーク市場への移転を検討

 2019年10月29日付けメディアによると、南アSibanye Gold社は、2021年を目途にニューヨーク市場を主要上場先にすることを考えていると同社Neal Froneman CEOが語った。同CEOによると、南アのプラチナ産業は上昇基調であるが、電力と水不足、犯罪増加や煩雑な法規制といった問題が投資を妨げている・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:南ア政府、Ramaphosa大統領主催の投資カンファレンスを開催

 2019年11月6日、ヨハネスブルグにて南ア政府主催の投資カンファレンスが開催され、千人以上の参加者を集めた。同カンファレンスは2回目であり、第1回の2018年には、Cyril Ramaphosa大統領が、5年間で1.5tZAR(南ア・ランド:100bUS$相当)以上の投資を南アに呼び込むとコミットしていた。
 カ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:国営電力会社Eskomの分社化計画に労組が反対

 2019年10月31日付けメディアによると、Pravin Gordhan公営企業大臣が発表した国営電力会社Eskomの解体計画について、Eskomの最大の労組である鉱山労働者連合組合(NUM)が反対の意思を表明している。同組合はEskomを発電、送電、配電の各部門に分割することで、同社の民営化につながることを懸念して・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:公共企業大臣、電力公社Eskomの分社化に係るロードマップを発表

 2019年10月29日付けメディアによると、南ア公共企業大臣Pravin Gordhan氏は「電力供給産業の構造改革におけるEskomのロードマップ」と題した報告書において、Eskomを発電・送電・配電の事業体に分社化するための複数年のプロセスを概説した。特に送電機能を2020年3月末までに分離し、2021年には法的・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:加Barrick Gold社、タンザニア政府と合意書を締結

 2019年10月20日付け、加Barrick Gold社の発表によると、同社はタンザニア政府との間でこれまでの論争解決のための合意書を締結し、同社子会社であるAcacia社と政府間の長い論争は終結した。合意書には、未払いの税金や他の論争解決のため300mUS$の支払いを政府に行うこと、輸出禁止の撤廃、鉱山からの利益を・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ジンバブエ:電力投資の資金調達のために電気料金を4倍にする

 2019年10月9日付けメディアによると、ジンバブエ政府は、電力会社の発電及び供給を改善すべく、平均電気料金を420%引き上げることを承認した。2019年8月の値上げに続き、この3か月間で2回目の値上げになる。同国の送電会社(ZETDC)が申請していたもので、現行の38.61ジンバブエドル(RTGSドル)から162.・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ナミビア:Langer Heinrichウラン鉱山のPFS結果に操業再開の可能性を見る

 2019年10月14日付けメディアによると、現在休止中のナミビアLanger Heinrichウラン鉱山は、操業再開のためのPFSを行い、その中で、5.2百万lb/年の操業のために80mUS$の資本支出が必要であるとした。また、追加の30mUS$で年産6.5百万lb/年まで増やすことができ、より積極的にオフテイクやフ・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:2030年のエネルギーミックスを含む総合資源計画を公表

 2019年10月18日付けメディアによると、南ア鉱物資源エネルギー省より、閣議決定された総合資源計画(IRP)2019が官報にて公表された。本計画には2030年のエネルギーミックスが含まれており、総電力量のうち、石炭火力発電59%、風力発電18%、太陽光発電6%、水力発電8%、原子力発電5%、ガス発電及びエネルギー貯・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:ERG社のMetalkol RTRプロジェクトにおける児童保護センターの新設

 2019年10月15日付けメディアによると、Eurasian Resources Group(ERG)はDRコンゴ・Lualaba州Kolweziにて新設したBon Pasteur児童保護センターに続き、同社の新規プロジェクトであるMetalkol RTR・銅コバルト回収プロジェクトの近隣コミュニティにも同様のセンタ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:鉱山会社への政府の還付未払い金額215mUS$相当と発表

 2019年10月11日付けメディアによると、ザンビアのNg'andu財務大臣は、大手鉱山会社に対する2019年6月30日現在の税還付は2.834bZMK(ザンビア・クワチャ:約215mUS$相当)であるとした。同大臣によると、鉱山会社からは、付加価値税還付について、証拠書類がないままに4.955bZMK(375mUS・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

モザンビーク:グラファイト鉱床を持つ豪Battery Minerals社、米Urbix社とグラファイト処理JV事業のMOUを締結

 2019年10月10日付け、豪Battery Minerals社の発表によると、同社は米国のグラファイト加工メーカーUrbix Resources社とモザンビークにおけるJV事業に関するMOUを締結した。Urbix社独自の精製法を応用したグラファイト精製施設の開発をモザンビークで行い、Battery Minerals・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Joburg IndabaにてMantashe鉱物資源・エネルギー大臣が国の統合資源計画(IRP)に言及

 2019年10月3日、南ア・ヨハネスブルグにて鉱業投資家が集まるJoburg Indabaが開催され、Mantashe鉱物資源・エネルギー大臣が500名ほどの参加者の前で基調講演を行った。同大臣によれば、南ア鉱業界の懸案の一つである統合資源計画(Integrated Resource Plan:IRP)について、ドラ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

カメルーン:Minim Martapボーキサイトプロジェクトの資源量62%増を報告、豪ジュニアCanyon Resources社

 2019年9月27日付けメディアによると、豪ジュニアCanyon Resources社が、同社100%所有のカメルーンMinim Martapボーキサイトプロジェクトの資源量が62%増の892百万t(酸化アルミニウム45.1%、二酸化ケイ素2.8%)となったことを報告。同社のManaging DirectorのGal・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:Armadale社、Mahenge Lianduグラファイトプロジェクトのオフテイク契約を中国CoolRU社と締結

 2019年9月26日付け英・投資会社Armadale Capital社の発表によると、同社がタンザニアに100%所有するMahenge Lianduグラファイトプロジェクトについて、中国CoolRU Information Technology社との間で5千tのグラファイト精鉱のオフテイクに係るMOUを締結した。現在・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ