閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: その他

南ア:鉱物資源エネルギー省、電力供給のための提案について公募を開始

 2019年12月13日付けで、南ア・鉱物資源エネルギー省は電力供給に関する緊急措置として、「リスク軽減のための電力購入プログラム」(Risk Mitigation Power Purchase Program)を進めるとし、現在の需給ギャップ(3,000MW)を埋めるべく、短期的にグリッドに接続できる電力供給の提案R・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱業協議会、民間の発電事業の推進に向けた政府の取り組みを要請

 2019年12月12日付けで、南ア・鉱業協議会が電力問題に関して、声明を発表した。国営電力会社ESKOMによる計画停電がステージ6(6,000MWの不足、ここ10年で最も深刻なレベル)に達した12月9日には、坑内採掘を行う鉱山において、夜間及び早朝の作業が停止したが、その後のステージ4の影響もあり、大半の鉱山が1週間・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:FQM、不正送金疑惑に対して国際調停の手続きを開始

 2019年12月13日付けメディアによると、ザンビア国有会社ZCCM-IHが加First Quantum Minerals社(FQM)を相手に起こした不正送金に係る訴訟に対し、FQMはロンドンでの仲裁手続きを開始する模様。ZCCM-IHが2016年10月に起こした訴訟であり、問題にする不正送金とは、FQMの現地子会社・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

マダガスカル:鉱山大臣、新鉱業法案について語る

 2019年12月10日付けメディアによると、マダガスカルのFidiniavo Ravokatra鉱山大臣が新鉱業法案について語った。新鉱業法案においては、ニッケル、コバルト、貴金属、宝石のロイヤルティを、現在の2%から4%に引き上げ、鉱業活動からの政府収入増を狙うとした。また、同法案の中には、市場性のある鉱産物に対し・・・ 続きを読む
鉱種:
貴金属 その他 コバルト ニッケル
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱業協議会、鉱業憲章の達成度をまとめた報告書を発表

 2019年12月4日、南ア鉱業協議会は、メンバーの鉱山会社による鉱業憲章の達成度を評価した報告書「Mining Industry Tranformation Progress Report for 2019」を公表した。協議会メンバーのうち32社による鉱物資源エネルギー省に提出した報告を元に、外部委託によってまとめら・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:国営電力会社Eskomによる停電、各社鉱山操業にも影響

 2019年12月9日付け南ア国営電力会社Eskomの発表によると、2019年12月9日に一時的にStage6の計画停電(6,000MWの発電容量の削減)を行った。8日まではStage2のレベルで断続的な停電であったが、9日のうちにStage4に上がり、夜半にはStage6に至った。Eskomは、本計画停電の理由として・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 PGM(白金族)
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:鉱物・石油資源開発法(MPRDA法)附則の改正案についてパブリックコメントを募集

 鉱物資源エネルギー省(DMRE)は2019年11月28日付け官報にて鉱物・石油資源開発法(MPRDA法)の附則の改正案を公示し、2020年1月末までパブリックコメントの募集を行っている。主な改正点は以下のように地域の社会経済や労働関係に関するものであった。
・社会・労働計画(Social and Labour Pl・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ザンビア:Lusaka高等裁判所、KCMの仮清算人による鉱区売却に対して差し止め命令を出す

 2019年11月29日付けメディアによると、ザンビア銅生産者Konkola Copper Mines(KCM)社の仮清算人が同社の鉱業権を売却しようとしたことに対して、ザンビアのLusaka高等裁判所が差し止め命令を出した。2019年5月に、国有企業ZCCM-IH(KCMのシェア20.6%所有)が仮清算人を立てたこと・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:2019年第3四半期のGDP成長率マイナス0.6%

 2019年12月3日付け、南ア統計局(Stats SA)の発表によると、南アの2019年第3四半期の国内総生産(GDP)成長率はマイナス0.6%であった。第1四半期はマイナス3.1%であったが第2四半期でプラス3.2%と盛り返していた経緯もある。この9か月でのGDP成長率はわずか0.3%増になるという。今期のGDPの・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:電力問題、Gamsberg亜鉛鉱山の国内での選鉱を困難にする

 2019年11月26日付けメディアによると、南アGamsberg亜鉛鉱山を操業するVedanta Zinc International(VZI)社Naidoo CEOが、南アの電力問題が解決しないかぎり、国内での鉱石の選鉱は難しい旨を述べた。2019年に生産を開始した南ア・Northern Cape州に位置するGam・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

DRコンゴ:IMFが融資プログラムの再開を同意

 2019年11月16日付けメディアによると、国際通貨基金(IMF)とDRコンゴ政府は、DRコンゴへの融資支援プログラム(DRコンゴ中央銀行によると約370mUS$相当)の再開に合意した。IMFが支援を承認するのは、2012年にDRコンゴへの支援を中止して以来となる。国有鉱山企業Gecaminesの情報開示が十分になさ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ルワンダ:ロシアとの間で鉱業・炭化水素に係る協力協定を締結

 2019年10月24日付けメディアによると、ルワンダとロシアの間で、鉱業や石油・ガス部門における地質調査、探鉱、機材やサービスの提供について協力協定が締結された。ルワンダ側はRMB(Rwanda Mines, Petroleum and Gas Board)が、ロシア側はROSGEO(State Geological・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ジンバブエ:鉱山会社からのすべての輸出収入を外貨立てで保有する要請却下

 2019年11月14日付けメディアによると、電力不足と外貨不足に悩むジンバブエにおいて、同国の鉱山会社からすべての輸出収入を外貨立てで保有することについて要請がなされていたが、同国中央銀行はその要請を却下した。現在、鉱山会社の輸出収入について、外貨保有率は最大55%と制限されており、残りはジンバブエ・ドルの公式レート・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ジンバブエ:国営電力会社、未払い電力料金77mUS$を回収するまで電力を供給停止

 2019年10月24日付けメディアによると、ジンバブエの国営電力会社ZETDCは77mUS$の未払い料金を回収するまで、鉱山、農場などのユーザーへの電力供給を停止するとした。干ばつによる水力発電の水位レベルが低下し、老朽化した石炭火力も故障が多く、毎日最大18時間の停電が続いている。同社は、停電の不便を解消すべく、こ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:PGM生産者、労働組合との間で賃金契約締結

 2019年11月15日付けメディアによると、南アの白金族生産者であるAmplats社、Implats社、Sibanye-Stillwater社において、各労働組合(AMCU、NUM、UASA)との間で3年間の賃金契約を締結した。いずれにおいても、月額基本給に毎年1,000ZAR(南ア・ランド:68US$相当)又は5.・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:Sibanye Gold社、主要上場先のニューヨーク市場への移転を検討

 2019年10月29日付けメディアによると、南アSibanye Gold社は、2021年を目途にニューヨーク市場を主要上場先にすることを考えていると同社Neal Froneman CEOが語った。同CEOによると、南アのプラチナ産業は上昇基調であるが、電力と水不足、犯罪増加や煩雑な法規制といった問題が投資を妨げている・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:南ア政府、Ramaphosa大統領主催の投資カンファレンスを開催

 2019年11月6日、ヨハネスブルグにて南ア政府主催の投資カンファレンスが開催され、千人以上の参加者を集めた。同カンファレンスは2回目であり、第1回の2018年には、Cyril Ramaphosa大統領が、5年間で1.5tZAR(南ア・ランド:100bUS$相当)以上の投資を南アに呼び込むとコミットしていた。
 カ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:国営電力会社Eskomの分社化計画に労組が反対

 2019年10月31日付けメディアによると、Pravin Gordhan公営企業大臣が発表した国営電力会社Eskomの解体計画について、Eskomの最大の労組である鉱山労働者連合組合(NUM)が反対の意思を表明している。同組合はEskomを発電、送電、配電の各部門に分割することで、同社の民営化につながることを懸念して・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

南ア:公共企業大臣、電力公社Eskomの分社化に係るロードマップを発表

 2019年10月29日付けメディアによると、南ア公共企業大臣Pravin Gordhan氏は「電力供給産業の構造改革におけるEskomのロードマップ」と題した報告書において、Eskomを発電・送電・配電の事業体に分社化するための複数年のプロセスを概説した。特に送電機能を2020年3月末までに分離し、2021年には法的・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

タンザニア:加Barrick Gold社、タンザニア政府と合意書を締結

 2019年10月20日付け、加Barrick Gold社の発表によると、同社はタンザニア政府との間でこれまでの論争解決のための合意書を締結し、同社子会社であるAcacia社と政府間の長い論争は終結した。合意書には、未払いの税金や他の論争解決のため300mUS$の支払いを政府に行うこと、輸出禁止の撤廃、鉱山からの利益を・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ