閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: ニッケル

ボツワナ:Molopoニッケル・白金族プロジェクトに豪ジュニアAfrican Battery Minerals社が参入

 2019年5月13日付け豪African Battery Minerals社(ABM)の発表によると、同社はボツワナの白金族・ニッケル探鉱プロジェクトについてEarn-in契約を締結した。対象となるMolopo Farms Complexプロジェクトは3鉱区(総面積2,725km2)からなる広範囲な地域の初期段階であ・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) ニッケル
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

米:米上院、電池関連金属の国内供給率維持を目的とした法案を検討

 2019年5月13日付けメディア報道によれば、Lisa Murkowski共和党上院議員らによる超党派のグループは、米国内産業のサプライチェーンを守り、原材料の過度な海外依存を減少させることを目的とした法案「金属保護法」(American Minerals Security Act)への支持を表明した。現在、法案は上・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト コバルト その他 ニッケル リチウム レアアース/希土類
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
杉崎真幸

その他:INSGのニッケル需給予測、2018年は14.6万t、2019年は8.4万tの供給不足

 2019年5月6日から7日にかけて、ポルトガル・リスボンで国際ニッケル研究会(INSG)が開催され、ニッケルの2018年の実績見込み及び2019年の需給予測について協議された。INSGはニッケル需給バランスについて、2018年の供給不足幅を14.6万t、2019年の供給不足幅を8.4万tとした。
 供給サイドについ・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

豪:QNI社、QLD州Yabuluニッケル精錬所へ接続する鉄道事業者としての認定を申請

 2019年5月2日付けの地元メディアによると、豪州の著名ビジネスマンであるClive Palmer氏が保有するQNI社は、2020年の操業再開に向けた作業が実施されているYabulu Ni-Co精錬所への効果的な鉱石輸送を実施するため、同精錬所に接続する鉄道事業者としての認定をNational Rail Safety・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト その他 ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:First Quantum社、Niマーケットが回復を続ければ、2020年第1四半期にもWA州Ravensthorpeニッケル鉱山の操業再開が可能に

 2019年4月30日付の地元メディアは、昨今のNi価格上昇により、2017年10月に操業を休止したWA州RavensthorpeラテライトNi鉱山の操業再開が1年以内に可能となるかもしれない、と同鉱山を保有する加First Quantum社がコメントしたことを報じている。First Quantum社は、鉱山操業再開に・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

キューバ:加Sherritt International社、2019年第1四半期赤字拡大

 2019年4月26日付け業界紙によると、加Sherritt International社は、キューバ政府とのJV事業で進めているMoa Bay鉱山の2019年第1四半期生産量(ニッケル、コバルト)が好調であったが、コバルト価格の下落が影響し、2019年第1四半期の収益は赤字幅が拡大し61.8mC$の(2018年第1四・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

ニューカレドニア:Eramet社、SLN社がニッケル鉱石輸出量増加に関する政府の認可を受けたことを発表

 2019年4月16日付のメディアによると、ニューカレドニアでニッケル生産を行うSLN社を保有する仏Eramet社は、SLN社がNi鉱石輸出量を増加させることに関する承認をニューカレドニア政府から得たことを明らかにした。Eramet社によると、ニューカレドニア政府はSLN社が4mt/年でNi鉱石を10年間輸出することを・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

PNG:2018年ニッケル・コバルトRamu鉱山のコバルト生産は、3,275t、対前年比ほぼ同様

 安泰科によれば、Ramu鉱山が2019年3月末に発表した2018年年度報告書によると、Ramu鉱山は安定的生産を維持しており、年間平均生産達成率は108.4%で、その製品である水酸化ニッケル・コバルト中のニッケル・コバルト金属量はそれぞれ35,354t、3,275tで、共に最高記録を作り、売上額は26.6億元であった・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

ロシア:Norilsk Nickel社、KolaMMC社近代化へ投資拡大

 2019年4月9日付の地元報道等によると、サンクトペテルブルクで開催された北極圏フォーラムにおいて、ムルマンスク州とNorilsk Nickel社は、2018年に締結された特別投資契約「Kola MMC社の生産再配置プログラム」の追加協定に調印した。追加協定に基づき、Norilsk Nickel社はKola MMC社・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 ニッケル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

ロシア:Norilsk Nickel社、Talnakh選鉱プラント及びSouth Cluster鉱業プロジェクト開発へ

 2019年3月28日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社は、Talnakh選鉱プラント(TOF)の拡充・近代化、South Cluster鉱業プロジェクト開発に関する投資決定を行った。これらプロジェクトに対する今後4年間の投資総額は90bRUBとなり、非鉄金属及び白金族金属の大幅な生産増加を見込んで・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) ニッケル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

ニューカレドニア:SLN社、企業再編をめぐりストライキを実施する労働者側に対し、ニッケル事業継続の危機であることを警告

 2019年4月5日付の地元メディアによると、ニューカレドニアでNi採掘・製錬事業を操業している仏Eramet社などが出資するSLN社は、今後SLN社の損失発生が食い止められない場合、2020年にも破産する可能性があると従業員側に警告している。同社のNi鉱山では、輸出量の拡大や生産性の向上、安価な電力の入手などを目的と・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

フィリピン:「The Nickel Initiative 2019」を開催、関連産業の強化へ

 2019年3月20日付地元メディアによると、フィリピンのニッケル産業協会(PNIA:Philippines Nickel Industry Association)、電気自動車協会(EVAP:Electric Vehicle Association of the Philippines)及び欧州商工会議所(ECCP:・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

豪:Independence Group社、WA州Novaニッケル・コバルト鉱山産ニッケル-コバルト精鉱の湿式製錬技術の商業化を進める

 2019年4月2日付の地元メディアによると、WA州Nova Ni-Co鉱山を操業する豪Independence Group社は、従来型の乾式製錬・精錬工程の代わりとして硫化Ni精鉱から直接硫酸Niを湿式製錬で製造するプロセスのPFSを進めている。Independence Group社はこの技術開発を商業化することで、・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

PNG:中国MCC社、Ramuニッケル・コバルト鉱山の拡張計画を見直しか

 2019年3月28日付の地元メディアは、中国Minmetals社傘下のMetallurgical Corporation of China(MCC)社がPNGでオペレーターとして操業しているRamu Ni・Co鉱山に関し、MCC社がRamu鉱山の拡張計画を見直すことを検討していると報じている。メディアによると、MCC・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

ロシア:RDIF、RCIF、中東政府系ファンドがIntergeo社の株式9.53%を買収

 2019年3月14日付の地元報道等によると、ロシア直接投資ファンド(RDIF)、中露投資ファンド(RCIF)、中東政府系ファンドからなる投資家グループは、鉱業製錬企業Intergeo社(ミハイル・プロホロフ氏のONEXIMグループ傘下)の株式9.53%の取得を完了した。本案件は、中露投資プロジェクト推進のため、RDI・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) コバルト その他 ニッケル
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

EU:EUは持続可能な電池の生産・利用において世界のリーダーを目指す

 2019年3月28日付けのメディア情報によると、欧州委員会のHead of Unit Resource Efficiency and Raw Materials, Peter Handley氏は、2050年に向けた脱炭素化戦略において電池の原材料の確保は重要であり、欧州内における電池原材料の利用を増やしたいとコメント・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト コバルト ニッケル リチウム
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

タンザニア:英African Battery Metals社がHanetiニッケル探鉱プロジェクトに参入

 2019年3月15日付け英African Battery Metals社のプレスリリースによると、同社は英Katoro Gold社が100%保有するタンザニア・Hanetiニッケルプロジェクトへの参入を決めた。契約上、Katoro Gold社の新規株式(最大10百万株、10万£相当)を購入し、最大12.5万£を拠出す・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) コバルト ニッケル リチウム
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

フィリピン:Nickel Asia社、2019年の中国への鉱石輸出は減少だが、全体としては堅調

 2019年3月20日付地元メディアによると、フィリピンのニッケル大手Nickel Asia社(NAC)は2019年の中国への鉱石輸出は減少すると見られているものの、2019年の出荷全体としては堅調であると述べた。同社はフィリピンのニッケル鉱石生産の約50%を占めており、その鉱石は中国、日本を中心に輸出されている。20・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:2019年は外資系鉱業会社5社が国内への資本譲渡義務を課せられている

 2019年3月14日付地元メディアによると、エネルギー鉱物資源省Yunus Saefulhak鉱物事業開発部長は3月12日、2019年内に国内への資本譲渡を行わなければならない外資系鉱業会社が5社あることを明らかにした。現在のそれぞれの鉱業契約の条項に従って行われる。これら5社は、①PT Natarang Minin・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 ニッケル
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

豪:Mincor社、WA州Kambalda硫化ニッケル鉱山再開に向け、BHPとオフテイク契約条件で基本合意

 2019年3月19日付の地元メディアによると、WA州Kambaldaにおいて硫化Ni鉱山の再開を目指しているMincor社は、Kambaldaに選鉱施設を保有するBHPのNickel West部門とNi鉱石のオフテイク契約に関する基本条件を合意したことを発表した。両者の間には、2019年2月に失効した同様の契約が存在・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ