閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: プラチナ

ロシア:Norilsk Nickel社の2018年生産実績と2019年生産予想

 2019年1月30日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社の2018年のパラジウム生産量は前年比1.83%減の272万9,000oz(84.9t)、プラチナ生産量は前年比2.54%減の65万3,000oz(20.31t)であった。若干の生産減少は、外部原料の処理を中止したことによる。2018年の自社原・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル パラジウム プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
秋月悠也

ロシア:Rosgeologia社、Poaz山塊のプラチナ鉱床の有望性を発表

 2018年12月24日付の地元報道等によると、North-West PGO社(Rosgeologia社傘下)は、Monchegorsk鉱産地方(Murmansk州)Poaz山塊においてプラチナ鉱床の有望性を確認した。山塊の北東部で鉱層の露頭が発見されており、露天採掘が見込まれる。山塊の北部、中央部、南部では掘削・ボー・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

南ア:鉱山労働者・建設組合連合(AMCU)がSibanye-Stillwater社のプラチナ鉱山において1月22日からストライキを開始

 2019年1月14日付けのメディア情報によると、南ア鉱山労働者・建設組合連合Association of Mineworkers and Construction Union(AMCU)は、鉱山企業Sibanye-Stillwater社に対する2度目のストライキを、1月22日からルRustenburg周辺のプラチナ事・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 プラチナ
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香、福田光紀

ロシア:Norilsk Nickel社、今後5年間で120億US$以上を投資予定

 2018年12月10日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社は、今後5年間で120億US$以上の投資を予定している。同社のVladimir Potanin社長が2018年12月のプーチン大統領との会談で述べた。環境規制が厳しくなっていることを背景にパラジウムとプラチナの需要は高く、空気浄化触媒の製造の・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 パラジウム プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

南ア:Amplats社、Bafokeng Rasimone白金鉱山の33%シェア売却条件の合意

 2018年12月12日付けAnglo American Platinum社(Amplats)のプレスリリースによると、同社100%子会社(Rustenburg Platinum Mines)が保有するBafokeng Rasimone白金鉱山の33%権益について、Royal Banfokeng Platinum社(R・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
金属企画部
担当者:
特命調査役 原田武

南ア:Amplats、Polokwane白金製錬所でSO2排出量削減のためWSA技術を導入すると発表

 2018年8月28日付けのメディア報道によると、Anglo American Platinum社(Amplats)は、デンマークHaldor Topsoe社のWSA技術を南アPolokwane白金製錬所に導入し、操業におけるSO2排出量の削減を行うと発表した。WSA技術は、SO2の排出を抑制するための実証済みの技術で・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

豪:Nkwe Platinum社、中国Zijin社子会社と合併するための合意書を締結

 2018年8月9日、バミューダ諸島で登記設立されASXに上場しているNkwe Platinum社は、子会社を通じて同社の株式60.47%を保有している中国Zijin社との間で、Zijin社のバミューダ諸島子会社と合併してZijin社を完全子会社化するための合意書を締結したことを発表した。これに伴い、Nkwe Plat・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 プラチナ
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

PNG:Gold Mountain社、Crown Ridge金プロジェクトにおいて移動式選鉱機の組み立てと試運転の完了を報告

 2018年8月14日、PNGでCrown Ridge Au探鉱プロジェクトを推進する豪Gold Mountain社は、同プロジェクト内の礫岩中に産する粗粒Au-Pt鉱化のバルク試料を処理するための、移動式選鉱機の現地における組み立てと試運転が完了したことを明らかにした。この移動式選鉱機はベルトコンベア、洗浄、篩分け、・・・ 続きを読む
鉱種:
クロム チタン バナジウム プラチナ
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

ジンバブエ:Emmerson Mnangagwa大統領の当選は鉱業セクター成長にアップサイドリスクをもたらす可能性

 2018年8月10日付けのメディア報道によると、Emmerson Mnangagwa大統領の当選は今後数年間に渡って鉱業界の成長のアップサイドリスクとなる可能性があると次のとおり伝えている。2018年7月30日に実施された大統領選で当選した現職のEmmerson Mnangagwa大統領は、改革志向のリーダーであり、・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 プラチナ
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

南ア:AMCU、Implats社の雇用削減に対しストライキを辞さないと警告

 2018年8月7日、鉱山労働者・建設組合連合(Association of Mineworkers & Construction Union,AMCU)のJoseph Mathunjwa会長はプレスカンフェレンスにてImpala Platinum(Implats)社が発表した雇用削減に関して、協議プロセスが失敗に終わ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 プラチナ
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

ロシア:Norilsk Nickel社の2018年第2四半期及び上期の生産実績

 2018年7月31日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社の2018年第2四半期(Q2)及び上期の生産実績は以下のとおりであった。
 国内事業所による2018年Q2のパラジウム生産量は79万7,000oz(前期比40%増)、プラチナ生産量は19万5,000oz(同44%増)であった。生産増加は、Q1・・・ 続きを読む
鉱種:
パラジウム プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

南ア:Implats社、Rustenburg鉱山の戦略的レビューを公表し、更なる雇用削減を発表

 2018年8月2日、Impala Platinum(Implats)社はRustenburg鉱山の戦略的レビューを発表した。それによると同社は価値重視の戦略にコミットするとし、将来的に持続可能な事業を維持するために抜本的な再編が必要であるとした。今後2年間に渡って実施される再編内容には、シャフト数を11本から6本へ削・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 プラチナ
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

南ア:Amplats社、GlencoreからMototolo JV権益39%の買収を発表

 2018年7月23日付けAnglo American Platinum社(Amplats社)のプレスリリースによると、Amplats社は、GlencoreからMototolo白金JVプロジェクトの権益39%を買収する契約を締結したことを発表した。同プロジェクトは、現在Amplats社が50%、Glencoreが39%・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

南ア:Implats、更なる従業員削減の可能性有り

 2018年7月9日付のメディア報道によると、世界第2位の白金生産者であるImpala Platinum(Implats)社は、2018年6月末に2,500名の従業員削減を実施したが、今後更なる削減が必要となる可能性がある。2017年9月、同社は白金価格の低下及び継続するコスト高により損失を出しているRustenbur・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

ロシア:ユーラシア経済委員会、貴金属含有鉱物原料の一部に対する輸入関税率のゼロ化を決定

 2018年5月22日付の地元報道等によると、ユーラシア経済委員会(ロシア、キルギス、カザフスタン、ベラルーシ、アルメニアで構成)は、2018年5月22日、貴金属または貴金属化合物を含有する鉱物原料の一部に対して、ユーラシア経済同盟統一関税表の輸入関税率ゼロ化を決定した。対象となるのは、粉末状の銀及び金、未加工のプラチ・・・ 続きを読む
鉱種:
PGM(白金族) イリジウム プラチナ ロジウム 貴金属
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Norilsk Nickel社の2018年第1四半期の生産実績

 2018年4月26日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社の2018年第1四半期(Q1)の生産実績は、以下のとおりである。
 ニッケル総生産量は5万4,000t(前年同期比1%増)、自社原料によるニッケル生産量は5万3,000t(前年同期比8%増)であった。生産量増加は、生産施設再配置により、北極圏・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル パラジウム プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

英:WPIC白金需給見通し、2018年の白金市場はバランスすると予測

 世界白金投資評議会(World Platinum Investment Council,WPIC、本部ロンドン)は、2018年3月8日に最新の「Platinum Quarterly」を発行し、2018年の白金需給見通しを発表した。WPICによれば、2017年の白金市場は南アの地金生産量の増加及びリサイクル量の増加によ・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

ジンバブエ:Emmerson Mnangagwa大統領、白金及びダイヤモンド鉱山権益に係る現地化・経済権限拡大法を取り下げる可能性があると言及

 2017年、ジンバブエ政府により外国投資の資本51%の現地化を義務付ける現地化・経済権限拡大法(Indigenisation and Economic Empowerment Act)は、白金及びダイヤモンドを除いたその他鉱物に対して廃止されることが発表されていたが、2018年1月22日付のメディア報道によると、Em・・・ 続きを読む
鉱種:
プラチナ
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

ロシア:Rosgeologia社、ムルマンスク州で白金族金属の大規模鉱徴を発見

 2018年1月12日付の地元報道等によると、North-West PGO社(Rosgeologia社傘下)は、2017年、ムルマンスク州Monchegorsk鉱産地方(Nittis-Kumuzhya-Travyanaya及びNyud-Moroshkovoeエリア)において、ニッケル52万5,000t、銅46万4,00・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル パラジウム プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Norilsk Nickel社の2018~2020年の戦略

 2017年11月20日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社は、2018~2020年の自社原料によるパラジウム及びプラチナの年産量を約100~105tと予想している。また、2018~2020年のニッケル年産量は21万~21万5,000t、銅年産量は40万~42万t(Bystrinskyプロジェクトを除・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル パラジウム プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ