閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: リチウム

豪:世界のリチウム鉱山生産量は今後4年間で2倍以上に増加、豪州が大きく貢献

 2018年8月20日付のメディアによると、今後4年間で世界のリチウム鉱山生産量が金属含有量で86kt増加して154ktに達する見込みであることが、データ分析企業の調査結果により明らかとなった。調査結果によると、2017年におけるリチウムの鉱山生産は豪州から18.6kt/y、チリから14.1kt/y、アルゼンチンから5・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

中国:贛鋒リチウム業社は、LG化学社と4.7万t水酸化リチウム供給契約を締結

 安泰科によれば、贛鋒リチウム業社とその子会社の贛鋒国際社は、韓国上場企業のLG化学社と2019年1月1日から2022年12月31日までの「供給契約」を締結した。贛鋒国際社からLG化学社に合計47,600tの水酸化リチウム製品を販売し、市場価格の変動に応じて見直しする。
 2017年度、贛鋒リチウム業社は、LG化学社・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

アルゼンチン:中国贛鋒リチウム業社、Caucharil-Olarozリチウムプロジェクトの株式権益を買収予定

 安泰科によれば、チリのSociedad Quimica y Minera de Chile S.A(SQM)社は、アルゼンチンで保有しているCaucharil-Olarozリチウムプロジェクトの50%の権益を8,750万US$で贛鋒リチウム業社に売却することを決めた。Caucharil-Olarozリチウムプロジェク・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

豪:豪州準備銀行、今後数年間のうちに豪州産出のリチウムと銅の輸出が拡大する見込みであることを指摘

 2018年8月13日付のメディアによると、豪州準備銀行(Reserve Bank of Australia)は8月に発表した金融政策の中で、今後数年間のうちにリチウムと銅が豪州の鉱物資源輸出を牽引することになるであろうと指摘していた。豪州準備銀行は、バッテリー関連鉱種に対する探鉱・鉱業活動は過去2年間増加の一途を辿っ・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト コバルト ニッケル リチウム 亜鉛 鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:豪連邦政府、WA州Pilgangooraリチウム鉱山周辺道路の改修事業に対し、北部豪州インフラ基金からの融資実施を発表

 2018年8月12日、豪連邦政府のMatt Canavan資源・北部担当大臣は、WA州Pilbara地域におけるリチウム輸出を促進することを目的に、北部豪州インフラ基金(Northern Australia Infrastructure Facility:NAIF)が19.5mA$の融資を実施することを明らかにした。・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

ペルー:リチウム資源開発に向けた法制度整備に着手

 2018年8月12日付け及び13日付け地元各紙によると、Vizcarra大統領は、Plateau Energy社によるPuno州における高品位のリチウムやウラン資源発見の発表を受けて、エネルギー鉱山省が今後6か月かけて、これら資源の生産を可能とするための制度を整備する方針を明らかにした。
 一方Inchausteg・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

中国:江西贛鋒リチウム業社は、電池や炭酸リチウム事業を強化

 安泰科によれば、江西贛鋒リチウム業株式有限公司は取締役会で全額出資子会社の江西贛鋒電池科学技術有限公司に対する自己資金による資本増加案を承認した。増資額は20,000万元である。また、寧都県贛鋒リチウム業有限公司には39,000万元の増資を承認した。
 今回の増資により、贛鋒電池社の登録資本額は3億元から5億元に引・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

インドネシア:中国投資者、インドネシアでリチウム電池事業を展開予定

 安泰科によれば、中国投資者は、インドネシアの北マルク州のNorth Halmaheraに位置するリチウム電池の構成部品となるニッケルを加工するための工場の建設に関心を持っている。リチウム電池は、主に電動自動車のエネルギー源として用いることとしている。
 中国の投資関係者は、第1段階のニッケル工場建設に50億US$を・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

豪:Pilbara Minerals社、WA州Pilgangooraリチウム-タンタル鉱山Stage2拡張プロジェクトのDFS結果を発表

 2018年8月3日、豪Pilbara Minerals社はWA州で操業するPilgangoora Li-TaプロジェクトのStage2拡張プロジェクトのDFS結果を発表した。現在Pilgangoora Stage1プロジェクトでは処理能力2mt/yでの試験生産が実施されているが、Stage2では処理能力を5mt/yに・・・ 続きを読む
鉱種:
タンタル リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:WA州Bald Hillリチウム鉱山が商業生産を開始

 2018年7月31日付の地元メディアによると、WA州においてBald Hill Li鉱山を操業する豪Tawana社と星Alliance Mineral社は、2018年2月より試験生産を実施していた同鉱山が、試験生産を終えて商業生産に達したことを発表した。Tawana社は、2018年3月14日から6月30日までの間に1・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Core Exploration社、中国Meidu Energy社子会社とNT準州Finnissリチウムプロジェクトのオフテイク条件に関して基本合意

 2018年7月30日、豪Core Exploration社は、上海市場に上場するMeidu Energy社の子会社であるRuiFu Lithium社と、NT準州Finniss Liプロジェクトに関するオフテイク条件に関して非拘束ながら基本合意したことを発表した。それによると、Core Exploration社はFin・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

ボリビア:リチウム埋蔵量の証明書、年末にも完成見込み

 2018年7月20日付け地元紙によると、ボリビア・リチウム公社(YLB)のJuan Carlos Montenegro総裁は19日、現在、北米の企業がリチウム埋蔵量の証明書を作成中であり、本年末には完成見込みであると述べた。
 また、Montenegro総裁は、塩化カリウムの産業レベルプラントはすでに完成し、数日内・・・ 続きを読む
鉱種:
カリウム リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

豪:Altura社、WA州Alturaリチウムプロジェクトにおけるリシア輝石精鉱の初生産を発表

 2018年7月25日、豪Altura社はWA州で推進中のAltura(旧Pilgangoora)Liプロジェクトに関し、品位:Li2O 6%のリシア輝石精鉱生産に成功したことを発表した。Altura社は2017年3月からAlturaプロジェクトの建設を進めており、16か月を経て精鉱の生産に至ったとしている。今後同社は・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Talison Lithium社、WA州Greenbushesリチウム鉱山の再拡張プロジェクト実施を承認

 2018年7月25日付の地元メディアによると、WA州でGreenbushes Li鉱山を操業するTalison Lithium社(中国Tianqi社が51%、米Albemarle社が49%を保有)は、516mA$を投じる同鉱山の再拡張プロジェクト実施を承認した。この再拡張プロジェクトでは、520kt/yの処理能力を保・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Pilbara Minerals社、WA州Pilgangooraリチウム鉱山の試験操業で、粗粒精鉱の生産成功を発表

 2018年7月24日、豪Pilbara Minerals社は試験操業を実施中のWA州Pilgangoora Li鉱山において、粗粒精鉱の生産に成功したことを発表した。この精鉱は粗粒選鉱工程によって生産されたもので、2018年6月に生産に成功している細粒精鉱を含め、同社はこれまでに合計1,000tの精鉱を生産した。同社・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:WA州Wodginaリチウム鉱山における選鉱施設導入プロジェクトと、マイナー権益売却プロセスの進捗について

 2018年7月24日付の地元メディアによると、豪Mineral Resources社はWA州で操業中のWodgina Li鉱山に関し、選鉱施設導入プロジェクトの現状を報告した。それによると、Mineral Resources社はWodgina鉱山の山元に品位:Li2O 6%のリシア輝石精鉱を750kt/y製造可能な選・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:WA州における「Lithium Valley」育成に向けたバッテリー関連金属産業の成長戦略が、今後6か月以内に策定の見込み

 2018年7月20日付の地元メディアによると、2018年5月にWA州政府主導で立ち上げられたタスクフォース「Lithium and Energy Materials Industry Consortium」の会合が7月19日に開催され、WA州Kwinanaを中心に「Lithium Valley」を育成することを目指し・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

中国:成飛集成集団社は、リチウム電池事業を再編する見込み

 安泰科によれば、四川成飛集成集団科学技術株式有限公司が保有しているリチウム電池事業をリチウム電池江蘇公司に移転し事業の再編を行う予定。
 再編後、リチウム電池江蘇公司の株主である常州金沙科学技術投資有限公司がリチウム電池江蘇公司の支配権を獲得することになる。さらに、リチウム電池江蘇公司はリチウム電池洛陽公司の支配権・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

豪:対中国向けのリチウム販売価格が2四半期連続で下落

 2018年7月17日付の地元メディアによると、中国向けのリチウム販売価格が2四半期連続で下落している。豪Galaxy社が中国向けに輸出している炭酸リチウムの2018年4~6月期の販売価格は18%、水酸化リチウムは4%、前期比で下落した。これは、2018年1~3月期にそれぞれ前期比で10%、3%下落したものに引き続くも・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

ペルー:Macusani Yellowcake社、大規模リチウム鉱床の発見を発表

 2018年7月17日付け地元各紙によると、加Plateau Energy社の現地子会社であるMacusani Yellowcake社のSolis社長は、Macusaniリチウム・ウランプロジェクト(Puno州)のFalchaniエリアで世界最大規模のリチウム鉱床を確認したと発表した。
 Solis社長は、数週間内に・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ