閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:

チリ:Escondida銅鉱山、2017年第3四半期の生産量は前年同期比23%増

 2017年10月17日付けBHPのニュースリリースによると、2017年第3四半期のEscondida銅鉱山の銅生産量は、268.2千tで、前年同期比で約23%増となった。  生産量が増加したのは、鉱石品位が向上したこと、そしてLos Colorados拡張プロジェクトによる3つの選鉱場の同時操業が開始されたことによ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
村上尚義

チリ:CODELCO、今後10年間の投資額として40bUS$を見込む

 2017年10月13日付けメディア報道によると、Alejandro Rivera CODELCO経営・財務担当副総裁は、銅鉱業における様々な状況に対して経営を強化するために、今後10年間の投資額を総額40bUS$に増やし、一方で負債を削減すると述べた。  投資額の内訳として、現在実施されているChuquicamat・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
村上尚義

チリ:Chuquicamata銅鉱山の労働組合、鉱山に向かう道路を閉鎖

 2017年10月12日付けメディア報道によると、同年10月11日、Chuquicamata銅鉱山の労働組合は、主にボーナスの未払いを不服として鉱山に向かう道路を数時間閉鎖する抗議行動を行った。  CODELCOによると、今回の抗議行動による操業への影響はなかった模様。 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
村上尚義

チリ:三井物産、BHPのSpence銅鉱山へ鉱業用水を供給する海水淡水化・揚水事業へ参画

 2017年10月10日付け三井物産のニュースリリースによると、三井物産がスペインACSグループのTécnicas de Desalinazación de Aguas,S.A.社と共同で設立したCaitan S.p.A社(出資比率:50/50)は、Spence銅鉱山へ鉱山用水を供給する海水淡水化・揚水事業に係る契約を・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
村上尚義

加:Centerra Gold社、AuRico Metals社を買収

 2017年11月7日、加Centerra Gold社及びAuRico Metals社は、Centerra社がAuRico社に対して友好的合併を行う計画を発表した。Centerra社はAuRico社の発行済み全株式を一株当たり1.80C$で購入する。取引総額は約310mC$となる見込み。  AuRico社の主要なプロ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
バンクーバー
担当者:
杉崎真幸

ペルー:中国企業、英国や米国企業とMichiquillay銅プロジェクトに関する競争入札に参加

 安泰科によれば、ペルーエネルギー省長官の発表によると、合計10社がMichiquillay銅プロジェクトに対する競争入札に参加する予定で、その中に中国、英国、米国及びペルー地元企業が含まれている。  Anglo Americanが撤退することによって、当該プロジェクトは12月20日に改めて裁定する。  Michi・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

ペルー:Sierra Metals社、Yauricocha銀鉱山で亜鉛や銅の新鉱脈を発見

 2017年11月14日付け地元紙によると、Sierra Metals社は、Yauricocha銀鉱山(Lima州)のCuyeゾーンにおいて10月初頭から良好なボーリング探鉱結果が得られている旨明らかにした。  同社によれば、Cuyeゾーンではこれまでに4本のボーリング探鉱が行われ、高品位の亜鉛や幅の広い銅鉱化帯を含・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Hudbay社、Constancia銅鉱山近傍Pampacancha鉱床の開発を計画

 2017年11月8日付け地元紙によると、Hudbay Minerals社(本社トロント)は、Constancia銅鉱山(Cusco州)の2018年から2021年までの採鉱計画の中に、同鉱山近傍のPampacancha銅・モリブデン・金鉱床の開発を含めることを発表した。Hudbay Minrals社によれば本鉱床の開発・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Michiquillay銅プロジェクト入札、10企業が応札の見通し

 2017年11月6日付け地元各紙によると、投資促進庁(PROINVERSION)は、Michiquillay銅プロジェクト(Cajamarca州)に関して、応札企業の事前審査情報の提出期限(11月2日)までに国内外の企業合計10社からの封書が提出され、現在事前審査を行っていることを明らかにした。本件についてAljov・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

豪:Minotaur Exploration社、QLD州Eloise JVプロジェクトにおいて、良好な銅-金鉱化の着鉱を報告

 2017年11月3日、豪QLD州で豪OZ Minerals社とEloise JVプロジェクトを推進する豪Minotaur Exploration社は、試錐調査により良好なCu-Au鉱化の着鉱があったことを報告した。同報告によると、電磁探査により抽出された有望地をターゲットとした試錐により塊状の磁硫鉄鉱-黄鉄鉱鉱化が捕・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

カザフスタン:KAZ Minerals社の2017年第3四半期及び1~9月期の生産実績

 2017年10月26日付の地元報道等によると、KAZ Minerals社の2017年第3四半期(Q3)及び1~9月期の生産実績は以下のとおりであった。  2017年1~9月期の銅生産量は19万3,300tで、前年同期(9万8,600t)比ほぼ倍増となった。2017年Q3の銅生産量は、Aktogayプロジェクトの生産・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Norilsk Nickel社、Bystrinsky採鉱選鉱コンビナートの試運転を開始

 2017年10月31日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社は、2017年10月31日、Bystrinsky採鉱選鉱コンビナート(Bystrinsky GOK)の生産施設の試運転を開始した。同社は、ザバイカリエ地方Bystrinskoe金・鉄・銅鉱床(鉱石のバランス埋蔵量3億4,300万t)の開発ライ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

ロシア:Norilsk Nickel社の2017年第3四半期及び1~9月期の生産実績

 2017年10月30日付の地元報道等によると、Norilsk Nickel社の2017年第3四半期及び1~9月期の生産実績は以下のとおりであった。 ・ニッケル  2017年Q3のニッケル生産量は、前期比10%増の5万4,000t、自社原料からのニッケル生産量は前期比10%増の5万3,000tであった。Nori・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル パラジウム プラチナ
海外事務所:
モスクワ
担当者:
黒須利彦

インドネシア:Ancora社、West Lombok銅金鉱山を買収

 2017年11月3日付地元メディアによると、PT Ancora Indonesia Resources社(Ancora社)は、カナダの探査会社Southern Arc Minerals社から西ヌサトゥンガラ州のWest Lombok銅金鉱山を200万US$で買収する。同鉱山は、銅180万t、金41t、銀52tの推計資・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

豪:QLD州Capricorn銅プロジェクト、2017年11月中に生産再開予定

 2017年11月2日付のメディア報道によると、豪QLD州で生産再開に向けた改修工事が進んでいたCapricorn Cuプロジェクトが2017年11月中にも生産を開始する見込みであると、同鉱山の権益を保有する豪鉱業投資企業であるEMR Capital社が明らかにした。CapricornプロジェクトはEMR Capita・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

ペルー:Southern Copper社、Tia Maria銅プロジェクト建設許可の取得に意欲示す

 2017年10月23日付け地元紙によると、Southern Copper社は2017年第3四半期の業績結果を発表し、同期の純利益が前年同期の215mUS$を118%上回る468mUS$、売上高は前年比21%増の2,535mUS$となったことを明らかにした。  一方同社は、Tia Maria銅プロジェクト(Arequ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:OEFA、鉱業プロジェクト11件の環境評価を実施

 2017年10月5日付け地元紙によると、環境評価監査局(OEFA)は、大規模鉱業プロジェクト11件と、電力プロジェクト2件に対する早期の環境評価を実施している。  OEFAのTorres長官は「ペルーの経済成長を担う全ての鉱業・炭化水素・電力プロジェクトは、社会争議発生の可能性を踏まえたOEFAによる特別な対応が必・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

メキシコ:Santa Bárbara鉱山アクセス道封鎖活動、影響が残る

 2017年10月24日付け地元紙によると、Southern Copper社関係者は、同社がChihuahua州に保有するSanta Bárbara銅・鉛・亜鉛鉱山で9月11日から同鉱山へのアクセス道を封鎖したメンバーは、同鉱山を操業している同社子会社(IMMSA)に対し21百万US$を要求していることが明らかになった・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:Grupo México社、2017年第3四半期の税引き前減価償却前利益43.5%増加

 2017年10月23日付け地元紙によると、墨Grupo México社の2017年第3四半期の税引き前減価償却前利益(EBITDA)は対前年同期比43.5%増の211百万US$となった。同社は、銅生産量の増加に加え、同期中に銅価格が33.7%上昇したことが利益の増加に大きく貢献したと説明した。また、同社鉄道部門では、・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

ポルトガル:ICSGの銅需給予測、2018年は104千tの供給不足へ

 2017年10月23~24日、ポルトガル・リスボンにおいて国際銅研究会(ICSG)が開催され、2017年及び2018年の銅需給予測について協議が行われた。2017年及び2018年の銅需給バランスについて、2017年は151千tの供給不足、2018年は104千tの供給不足と予測した。  供給サイドについて、銅鉱山生産・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ロンドン
担当者:
吉益英孝
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ