閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:

インドネシア:PTFI・Grasberg銅金鉱山の生産見通し

 2020年2月20日付け地元メディアによると、PTFI(PT Freeport Indonesia)のTony Wenas社長は2月19日、Papua州Grasberg銅金鉱山においては露天採掘が2019年内に終掘し、現在は坑内採掘への移行時期にあたり、2020年は通常の50%程度の生産にとどまるであろう、と述べた。・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

その他:国際銅協会、責任ある銅生産の保証システム「Copper Mark」についてコメント

 2020年2月27日付けのメディア情報等によると、国際銅協会 (International Copper Association) が2019年に導入することを発表した、銅の責任ある生産と取引を確保するための保証システム「Copper Mark」は、2020年から動き出す見込みである。「Copper Mark」は国連・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ロンドン
担当者:
倉田清香

インドネシア:PT Merdeka Copper Gold、青山集団と製錬所開発のためのMOUを締結

 2020年2月26日付け地元メディアによると、PT Merdeka Copper Goldは中国・青山集団子会社のEternal Tsingshan Group社と中部Sulawesi州での製錬所開発のためのMOUを締結した。製錬所では、同社傘下のWetar銅鉱山からの銅鉱石を処理して、酸性硫酸塩(1百万t/年)と高・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

インドネシア:PT Sumbawa Timur Mining、有望な銅金鉱床を捕捉

 2020年2月21日付け地元メディアによると、PT Sumbawa Timur Mining(STM)は2月20日、西Nusa Tenggara州Dompu県Hu’uプロジェクトにおいて有望な銅金鉱床を捕捉したと発表した。本鉱床はOnto銅金鉱床と名付けられており、STMは2010年から探査を開始し、同鉱床においては・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ジャカルタ
担当者:
南博志

ペルー:政府、探鉱促進に向けた新政策発表の見通し

 2020年2月27日付け地元紙によると、Cauti鉱山副大臣は、Fraser Insitituteの2019年レポートにおけるペルーの探鉱投資魅力指数や鉱業政策指数などのランキングが、前年比で大きく低下した要因には、社会争議やTia Maria銅プロジェクトに対する抗議、政治的不安定性などが挙げられるとの考えを示した・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Buenaventura社、金、銀、銅の埋蔵量増加の見通し

 2020年2月26日付け地元紙によると、Buenaventura社は、2019年におけるYumpag銀プロジェクト(Pasco州)、San Gabriel金プロジェクト(Moquegua州)、Trapiche銅プロジェクト(Apurimac州)の探鉱結果を受けて、2020年第1四半期、同社の金、銀、銅の埋蔵量が増加す・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:ペルー、Fraser Instituteレポートランキング低下

 2020年2月26日付け地元紙によると、加・Fraser Instituteが、76エリア(国・州)の鉱山企業263社を対象としたアンケート結果をまとめたレポートによると、2019年のペルーの探鉱投資魅力指数は24位で、2018年の14位から後退した。なお、2018年のアンケートでは83エリアを対象としていた。
 ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Gold Fields社、Cerro Corona金鉱山他についてコメント

 2020年2月22日、26日付け地元各紙によると、Gold Fields社のRivera副社長は、Cerro Corona金・銅鉱山の操業を、当初の2023年から2030年に延長することを目的としたFSを完了し、取締役会による承認を得たほか、2020年2月までの操業延長に向けた建設工事を開始したことを明らかにした。ま・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

中国:2020年1月、国内銅カソード生産状況について

 安泰科によると、2020年1月のサンプル企業22社の銅カソード生産は対前年同月比4.2%減の650千tで、対前月比14.5%減少した(修正後12月のデータは760千t)。2020年1月は、中国旧正月休暇、環境保護による生産規制さらに新型肺炎感染拡大が、銅カソードの生産に影響を与えており、対前年同月や前月と比べ、ともに・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之

豪:Newmont Goldcorp社がWA州Boddington金・銅鉱山で、露天掘り金鉱山としては世界初となる自動運転トラックを2021年に導入完了の予定

 2020年2月19日付のメディアによると、Newmont Goldcorp社はWA州で操業するBoddington Au・Cu鉱山でかねてから計画していた自動運転トラック(AHS)の導入にあたり、役員会の承認を得て2021年にはこれを完了させる目標であることを発表した。このAHS導入が予定通りに完了すれば、露天掘り金・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
シドニー
担当者:
Whatmore康子

DRコンゴ:Kakula銅鉱山開発、8km以上の坑道掘削を完了

 2020年2月24日付け加Ivanhoe Mines社の発表によると、DRコンゴKakula銅鉱山(同社39.6%シェア保有)の開発は順調に進み、坑道掘削が8km以上に達し、坑内の開発工事が予定よりも早く進捗しているとした。坑内では、ジャンボ掘削リグや50tトラックなど、大容量の半自律走行の鉱山機械による掘削が行われ・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ヨハネスブルグ
担当者:
原田武

ペルー:鉱業石油エネルギー協会会長、ペルー鉱業の現状や2020年の見通しについてコメント

 2020年2月17日付け地元紙によると、鉱業石油エネルギー協会(SNMPE)のFumagalli会長は、2019年の鉱業投資額は前年比24.5%増の6,157mUS$に達したものの、その4割は2018年に建設を開始したMina Justa銅プロジェクト(Ica州)、Quellaveco銅プロジェクト(Moquegua・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Hudbay Minerals社、Pampacancha銅鉱床開発に必要な地域コミュニティとの合意を達成

 2020年2月19日付け地元紙によると、Hudbay Minerals社(本社:加)は、Constancia銅鉱山(Cusco州)近傍のPampacancha銅鉱床開発に関し、Chilloroyaコミュニティとの間で地表権に関する合意に至ったことを明らかにした。
 これを受けて同社は2020年、本プロジェクトの開発・・・ 続きを読む
鉱種:
モリブデン
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:政府、Las Bambas銅鉱山に対し南部鉱物輸送道以外の精鉱輸送方法を示すよう要請

 2020年2月17日付け地元紙によると、首相府のMolina地域ガバナンス副大臣は、Las Bambas銅鉱山に対する抗議により度重なる封鎖が行われている南部鉱物輸送道に関し、本政権中(2021年7月まで)にアスファルト舗装を終える計画を改めて示した。
 その一方でペルー政府は2019年、アスファルト舗装はあくまで・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:エネルギー鉱山省、La Oroya精錬所の操業停止を決定

 2020年2月17日付け地元紙によると、エネルギー鉱山省(MINEM)は、清算手続き中のLa Oroya精錬所(Junin州)に対し、閉山計画履行の保証金の支払い約11mUS$が不足していることを理由として、操業の完全停止を命じた。本精錬所は資金繰り悪化により2009年に設備の大部分が操業停止した後も、部分的な操業が・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

チリ:NuevaUnión社、プロジェクトの最適化のため152mUS$を投資

 2020年2月20日付け地元メディアによると、NuevaUnión社(Teck Resources社50%、Newmont社50%)は、プロジェクトの最適化を目的にLa Fortuna(El Morro)鉱床での2つの試掘活動に152mUS$投資するため、環境評価局(SEA)に環境影響評価(EIA)を提出した。当初、・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

チリ:加Capstone社、Santo Domingo銅・鉄・金プロジェクトにおいてコバルトの生産を追加したPEAを発表

 2020年2月19日、加Capstone社は、1年前に発表したSanto Domingo銅・鉄・金プロジェクトの技術レポートにコバルトの生産を加えた予備的経済評価(PEA:Preliminary Economic Assessment)を発表した。ベースケースは、税引き後NPV 1.03bUS$(割引率8%)、IRR・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石 コバルト
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
椛島太郎

メキシコ:2020年主要各社の探鉱投資額

 2020年2月17日付け地元紙は主要4社による2020年の国内探鉱投資額を報じており、合計額は200mUS$を超えることが見込まれ、金属価格の上昇により、前年より投資額を増加させる企業も存在する。各社の2020年探鉱投資額は以下のとおり。
・墨Fresnillo社:135~140mUS$
 高額な探鉱投資計画を発・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:Oaxaca州San Pedro Quiatoni市先住民族がアンパロ訴訟に勝訴、米・加3社による探鉱継続は認められず

 2020年2月17日付け地元紙によると、Oaxaca州San Pedro Quiatoni市の先住民族によるアンパロ訴訟(憲法保護請求)に関し、同州第一地方裁判所はDon David Gold社(米Gold Resource社の現地法人会社)、Minerales El Prado社(加Chesapeake Gold社・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

中国:2020年銅スクラップ・アルミニウムスクラップ・鉄鋼スクラップの輸入ライセンス量(第3回分)を公表

 安泰科によれば、2020年第3回分の銅スクラップ・アルミニウムスクラップ・鉄鋼スクラップのライセンス量が発表された。銅スクラップの輸入量が4,620t、アルミスクラップの輸入量が1,440t、鉄鋼スクラップの輸入量が2,670tと設定され、第2回分と比べ大幅に減少した。第2回の輸入ライセンス量は銅スクラップ2万6,5・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
塚田裕之
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ