閉じる

ニュース・フラッシュ

著者名: 栗原健一

エクアドル:憲法裁判所、Azuay県から住民投票に係る2件の合憲性審査要請を受理

 2019年8月13日付け地元紙は、Azuay県のYaku Pérez知事が7月30日、同県Ponce Enrique郡のBaldor Bermeo郡長が8月5日、それぞれ憲法裁判所に住民投票用質問の合憲性審査要請を行ったことから、両氏へのインタビュー記事を掲載した。なお、Pérez知事はAzuay県での鉱業活動の禁止・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

エクアドル:Mirador銅鉱山、2019年9月中旬に初の精鉱輸出の見込み

 2019年8月13日付け地元紙によると、エクアドル初の大規模鉱山として7月に生産を開始したMirador銅鉱山は、9月半ばに初の精鉱の輸出を行う見込みである。
 本件に関しFernando Benalcázar鉱山副大臣は、適切な輸出管理の調整事項2点が鉱業統制管理庁(ARCOM)を通じて承認されたと伝えた。一点は・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:ボリビアリチウム公社、産業レベルプラントの稼働により収入が大幅増

 ボリビアリチウム公社(YLB)は、同公社の年間報告書(MEMORIA 2018)にて、2018年に塩化カリウム17,614t(約3.85mUS$)、炭酸リチウム110t(約1.81mUS$)、塩化ナトリウム757t(約9,790US$)、塩化マグネシウム(脱水)16t(約1,730US$)を販売し、計39.6mBOB・・・ 続きを読む
鉱種:
カリウム ナトリウム マグネシウム リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:鉱業冶金大臣、Mutún鉄鉱山からの生産物輸送に関して企業関係者と会合

 2019年8月12日、鉱業冶金省は、César Navarro鉱業冶金大臣が、輸出業者会議所(Cámara de Exportadores、CADEX)、Grupo Tuma社、Amancay社と会合し、ブラジルとの国境のSanta Cruz県Puerto Quijarro市Puerto Jenniferに鉱物輸出登・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:ボリビア中央銀行、協同組合連合から金購入の可能性を示唆

 2019年7月31日付け地元紙によると、ラパス県北部の金採掘の協同組合連合(Federación Regional de Cooperativas Mineras Auríferas、Ferreco)は、ボリビア中央銀行(BCB)が外貨準備として協同組合から金を購入することに異論はないが、購入にあたり、BCBは市場価・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ボリビア:Potosiの市民組織、リチウム開発のロイヤルティ率引き上げなど求めストライキ実施

 2019年7月30日付け地元紙によると、同日、Potosiの市民組織Comcipo(Comité Cívico Potosinista)は、ウユニ塩湖のリチウム開発によって徴収されるロイヤルティ率の引き上げと、ボリビアリチウム公社(YLB)とドイツ企業ACI Systems社の合弁会社設立を規定した最高政令第3738・・・ 続きを読む
鉱種:
カリウム リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Arequipa州憲法裁判所、Southern Copper社による憲法保護請求を却下

 2019年8月23日付け地元紙によると、Arequipa州憲法裁判所は、Arequipa州政府による49haの土地の用益権取消に対し、Southern Copper社が行った憲法保護請求(Amparo)を却下した。
 本用益権は、Osorio前州知事の在任時にSouthern Copper社に付与されたが、2019・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Orcopampa金鉱山、地域住民らが複数の坑口を占拠

 2019年8月23日付け地元紙によると、Buenaventura社のOrcopampa金・銀鉱山(Arequipa州)では、本鉱山に抗議を行うChilcaymarcaコミュニティの住民らによってRaul斜坑、Mario斜坑、Prometida斜坑の坑口が占拠されている。同社が資源量の減少による減産を理由に、本鉱山にお・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Pampa de Pongo鉄鉱石プロジェクト、土地用益権の規則改正による問題継続

 2019年8月22日付け地元紙によると、Jinzhao Mining Peru社は、大統領令DS015-2019-Viviendaによる土地用益権の取得手続改正が、Pampa de Pongo鉄鉱石プロジェクト(Arequipa州)に影響をもたしている件に関し、探鉱活動ができない状態が続いている上、環境影響調査(EI・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:政府代表団、水資源に関する協議のためTacna州を訪問

 2019年8月21日付け地元紙によると、8月20日、農業大臣、エネルギー鉱山大臣、環境大臣、保健大臣、住宅・建設・上下水道大臣は、鉱山操業や電力会社による水利用により水資源の不足が引き起こされているとの主張や抗議デモが行われるTacna州Candarave郡を訪問、Tacna州知事、Candarave郡長、同郡内の区・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Plateau Energy社、32鉱区の失効決定に対し不服申し立て

 2019年8月20日付け地元各紙によると、加Plateau Energy社は、現地子会社Macusani Yellowcake社を通じて所有する149鉱区のうち、32鉱区について、鉱区維持料の支払いの遅れを理由に地質鉱業冶金研究所(INGEMMET)が鉱区取消を決定したことに関し、エネルギー鉱山省の鉱業審議会に不服申・・・ 続きを読む
鉱種:
ウラン リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:政府代表団、水資源に関する対話協議のためTacna州を訪問予定

 2019年8月19日付け地元紙によると、Tacna州Candarave郡において、Southern Copper社によるToquepala銅鉱山(Tacna州)やCuajone銅鉱山(Moquegua州)の操業や、電力会社Egesur社によるAricota川の水利用により、水資源の不足が引き起こされていると主張し、抗・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:政府、事前社会投資基金(FAS)の施行細則を公布

 2019年8月10日付け地元各紙によると、政府は、事前社会投資基金(Fondo de Adelanto Social、FAS)について、2回目となる施行細則を承認する大統領令146-2019-PCMを公布した。これにより1回目の施行細則(023-2018-PCM)は廃止された。
 FASは、政府が優先特定する鉱業を・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:2019年6月鉱業投資額は前年同月比23.2%増

 2019年7月31日付けエネルギー鉱山省発表によると、2019年6月の鉱業投資額は478mUS$で、前年同月比23.2%の増加となった。また、2019年上半期の累計は2,532mUS$に達し、前年同期比26.2%増となり、企業別ではプロジェクトの建設を実施中のAnglo American Quellaveco社及びM・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Moquegua州でQuellaveco銅プロジェクト反対無期限デモ

 2019年8月15日付け地元各紙によると、Anglo American Peru社のOrtega副社長は、8月12日に開始したQuellaveco銅プロジェクト(Moquegua州)への反対無期限デモに関し、現在鉱山建設は25%の進捗状況にあり、デモ隊の道路封鎖により建設の進行に影響を受けているものの、建設作業は停止・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Volcan社、主要鉛・亜鉛鉱山のマインライフ延長を計画

 2019年8月15日付け地元紙によると、Volcan社のMurillo財務管理副社長は、第2四半期における亜鉛生産量は前年同期比6.9%増の60.3千t、鉛は同9.3%増の11.8千tとなったことを明らかにした。増産の背景としては、2018年に安全上の理由により操業を4週間停止したChungar鉱山が操業を再開したこ・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Southern Copper社、鉱業審議会やArequipa州知事に対する法的措置を検討

 2019年8月16日付け地元各紙によると、Southern Copper社CEOのGonzales氏は、Tia Maria銅プロジェクト(Arequipa州)の建設許可が鉱業審議会により最大120日間停止されたことに関し、建設許可が付与されてから僅か2週間後に、同社に事前の相談もなく行われた今回の決定を、驚きをもって・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Matarani港、銅精鉱の輸出を再開

 2019年8月14日付け地元各紙によると、国家港湾庁は、Tia Maria銅プロジェクト反対運動の影響により中断されていたMatarani港からの銅精鉱輸出が、エネルギー鉱山省鉱業審議会による同プロジェクトの鉱山建設許可の停止発表の翌日(8月11日)から再開されたことを明らかにした。
 Matarani港は、ペルー・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Tia Maria銅プロジェクト、建設許可停止の影響

 2019年8月12~14日付け地元各紙によると、エネルギー鉱山省の鉱業審議会によりTia Maria銅プロジェクト(Arequipa州)の鉱山建設許可が最大120日間停止されたことを受けて、Southern Copper社は、同社が鉱山建設許可の取得に際し全ての法規や要件を履行したほか、本プロジェクトは世界最高レベル・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ペルー:Barrick社、Lagunas Norte金鉱山における採鉱終了

 2019年8月12日付け地元紙によると、Barrick Peru社は、Lagunas Norte金鉱山(La Libertad州)の操業ステージが、資源枯渇により採鉱活動を終了し、メンテナンス活動のステージに入ったことを明らかにした。ただし、今後も既存のストックパイルの製錬によって4年後の2023年までは生産活動を継・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ