閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:

ロシア・Norilsk Nickel社、子会社通じ金鉱床を31.7百万US$で買収

 地元業界紙等によれば、Norilsk Nickel社の子会社Polyus社はイルクーツク州のChertovo Koryto金鉱床(金埋蔵量150t、Au品位2.45g/t)の開発ライセンスを所有するTonoda社を31.7百万USドルで買収したことを明らかにした。Tonoda社の株式100%をPolyus社傘下のLe・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
アルマティ
担当者:
酒田 剛

ボリビア・Inti Raymi鉱山社がKori Chaca金鉱床の採掘を2005年5月に開始

 Inti Raymi鉱山社(Newmont社88%他)は、ボリビアの主力金山であったKori Kollo金山(オルロ県)を保有しているが、同金山は既に終掘し、現在は閉山処理段階にある。しかし、閉山処理と共に、採掘済の残鉱石のヒープリーチング処理により金生産を継続(2006年迄の予定)している。n 地元業界紙等によると・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Alto Chicama金山の操業開始は2005年第3四半期

 地元紙等によると、Barrick Gold社は、同社が開発工事中のAlto Chicama金山の現況を発表し、既に工事の60%以上が終了し、計画通りに開発工事が進んでいるとした。この結果、当初に予定していた2005年の第3四半期の操業開始は確実な状況にあり、開発投資額も予算額(340百万ドル)に収まる見通しである。n・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

Aur Resources社、チリAndacolloポーフィリー銅・金鉱床の硫化鉱開発検討

 12月8日付け地元インターネット情報によると、カナダのジュニア企業であるAur Resources社は、チリ第IV州で操業中のAndacollo鉱床下部の初生銅・金硫化鉱床の開発を検討している模様。既に1998年にF/Sが実施されており、投資額2.8億ドル、年産銅:79,000t、金:55,000ozが計画されている・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

CODELCO、2005年最大900百万ドルまでの資金調達

 CODELCOは、2005年にVentanas製錬所の買収(買収コスト:3.95億ドル)、Gaby 鉱床(開発費:6億ドル)およびMansa Mina鉱床(開発費:9億ドル)開発等に15億ドルの投資をすることを既に発表しているが、12月10日付け地元紙等によると、CODELCO Juan Villarzu総裁は、これ・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

ベネズエラ・Gold Reserve社(加)が近くBrisas金・銅鉱床開発のF/S結果を発表

 地元業界紙等(11月6日付)によると、Gold Reserve社(加)は、同社がベネズエラ東部に保有するBrisas金・銅鉱床開発プロジェクトについて、現在実施中のF/S結果を年内にも発表し、開発を決定する予定と発表した。 これによると、現在の計画では、2007年に操業を開始する。操業規模は粗鉱量7万t/日、産金量4・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

カナダ・プレーサードーム社、PNG沖で海底金鉱床探査に着手

プレーサードーム(本社バンクーバー)は2005年初頭からパプアニューギニア、マヌス海盆において金鉱床の探鉱に着手する。この種の探鉱は世界初の試みで、同社は既に新会社Placer Dome Oceanic Ltd.を設立、マナス海盆に鉱区を保有するNautilus Minerals Corp.を相手方とする参入契約を締結・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
大迫次郎 ,嘉村 潤

アイバンホー社がモンゴル南部で新たな斑岩型銅金鉱徴を発見:ブロンズ・フォックス

アイバンホー・マインズ社(本社バンクーバー)は11月29日付け、モンゴルで新たな大型の斑岩型銅金鉱徴地区を発見したと発表した。鉱徴地区はオユ・トルゴイ鉱床の北東140kmに位置し、同社により新たにブロンズ・フォックス(Bronze Fox)と命名された。同社は2004年の調査期間に5,701個の岩石チップ試料採取および・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
調査部
担当者:
馬場洋三

ペルー・La Zanja金鉱床開発プロジェクト現地事務所に開発反対派住民が乱入・放火

 地元紙(11月18日付)等によると、地元大手のBuenaventura社とNewmont社とのJ/V(権益比率53対47)により開発を進めているLa Zanja金鉱床(Cajamarca県)開発プロジェクトの現地事務所に、11月16日、環境汚染を懸念して鉱山開発に反対する地元周辺地域の住民数百人が乱入し、事務所や車両・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Pierina金鉱山の今年の産金量は前年比で大幅減少の見込み

 地元業界紙等によると、Barrick Gold社は、同社が操業するペルー第2の金鉱山であるPierina金鉱山の今年の産金量について、前年比で約40%減の64~65万オンスに大幅に減少するとの見通しを示した。 これによると、産金量の減少の主因は、粗鉱品位の低下(2003年Au 2.2g/t→2004年Au 1.6g/・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

Impala社、10月の白金鉱山ストライキの財務的影響を発表

 世界第2位のプラチナ生産者である南アのImpala Platinum Holdings社は、11月15日、賃金を巡って発生した10月の同社Rustenburgの白金鉱山のストライキ(9月30日~10月12日、生産操業日数としては10日間停止)に係る財務的影響について発表した。同社は採掘量で632,900トン、白金生産・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
嘉村 潤

エクアドル・IAMGOLD社がQuimsacocha金鉱床の探鉱状況を発表

 地元業界紙等によると、IAMGOLD社(加)は、エクアドル中南部に位置するQuimsacocha金鉱床(浅熱水性:銅、銀随伴)の探鉱状況について発表し、本プロジェクトは、同社にとって、Sadiola金鉱床(マリ)発見以来の最もエキサイティングな探鉱プロジェクトの一つであるとした。 これによると、これまでの63本のボー・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

2008年までの鉱石生産量及び地金生産量の予測

 11月4日付け国際銅研究会は、2008年までの世界の供給サイドの生産能力を発表した。 これによると、銅鉱山能力は、今後4年間で2,913千トン増加(年率4.4%増)し、2008年は18,625千トンと予測。内訳は銅精鉱が14,377千トン(年率3.1%増)、SX-EWが4,248千トン(年率9.3%増)。国別で見ると・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
調査部
担当者:
西川信康

南アの白金鉱山のストライキは妥結

 世界第2位のプラチナ生産者である南アのImpala Platinum Holdings社の10月12日の発表によると、賃金を巡るNational Union of Mineworkers(NUM)と同社の交渉は、8%賃上げで妥結した。この合意の一部としてNUMは、例えばドリル・ジグ導入のような新しい技術による生産性向・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
嘉村 潤

ベネズエラ・Choco 10金山は2004年12月に操業開始

 Bolivar Gold社(加)は、同社が70%の権益を保有するChoco 10金鉱床(ベネズエラ東部Bolivar州)の開発工事の状況について、既に75%の工事を終了し、2004年12月に操業開始の予定と発表した。(10/1) これによると、操業規模は年産金量12.5万oz(山命12年)で、今後の探鉱により、さらに・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・INGEMMET(地質鉱業冶金研究所)が有望探鉱案件の入札を予定

 地元紙(10月7日付)他によると、INGEMMET(地質鉱業冶金研究所)は、同研究所が2003年末に発見した有望探鉱案件であるLimamayo地区(Cusco県)の探鉱権を、入札(10月19日予定)により民間に譲渡すると発表した。 これによると、同地区は、Las Bambas銅鉱床、Tintaya銅山等の著名鉱床を含・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

セルビアの銅金鉱床地帯で探鉱鉱区を取得:Hereward社

 Hereward Ventures社(英)はセルビア共和国鉱業エネルギー省から同国東部における探鉱許可を取得したと10月6日に発表した。鉱区面積は72.75km2で、斑岩型のBor銅金鉱床を含むTimok銅金ベルトに位置する。Timok銅金ベルトはセルビアの地質技師によりこれまでに集中的に調査されてきたものの、199・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
霜鳥 洋

南ア・新興金生産会社も海外へ

南アの金生産会社Durban Roodeport Deep社は、南アでの上場を中止する意向があるとほのめかしている。これは、すでに南アの大手金生産会社がその拠点を海外に移転している中、大手企業とは発祥が異なるニッチな新興金生産会社までが海外移転するというきっかけを最近のランド高が促進したものとみられる。同社は現在、南ア・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
調査部
担当者:
北 良行

ベネズエラ・Brisas金・銅鉱床開発は2007年早期の操業開始を目指す

 Gold Reserve社(加)は、同社がベネズエラ東部に保有するBrisas金・銅鉱床開発プロジェクトについて、現在実施中のF/S調査の終了、さらに開発決定を年内に行い、工期2年弱で、2007年早期の操業開始を目指すと発表した。また、合わせて、開発資金の調達に必要な環境・社会影響調査(ESIA)をAATA社(米)に・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

南ア・金山労働者3分の1がエイズ感染

 南アの金生産企業であるHarmony社によると、金山で働く同社の労働者の3分の1がエイズに感染している可能性があるとしている。同社は、エイズが発症すれば生産性が落ち医療費その他のコストが増加することで大問題になると懸念し、オンスあたり2~5 USドルの影響があると試算している。この問題は、数年のうちに現実化し、金山操・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
調査部
担当者:
北 良行
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ