閉じる

ニュース・フラッシュ

ボリビア・San Bartolome銀鉱床の開発工事は今年7月開始の予定

 BNAmericas紙(3月25日付)によると、COMIBOL(ボリビア鉱山公社)総裁は、San Bartolome銀鉱床開発(Coeur d’Alene社(米))に係るF/Sは既に終了し、開発工事着手に向けた政府の承認(環境面)も近く得られ、開発がスタートすると発言した。 これによると、今年7月に鉱山工事に着手し、・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・鉱業ロイヤリティー法案の推進派が法案の修正(中小鉱山除外)を提案

 GESTION紙(3月25日付)他によると、現在国会で審議中の鉱業ロイヤリティー法案(販売額の3%課税)について、同法案の推進派の先鋒に立つエネルギー鉱山委員会のアレハンドロ議長は、同法案の対象から中小鉱山は除外すべきとし、推進派自ら、同法案を修正したいとした。 この理由として、中小鉱山への鉱業ロイヤリティーの適用は・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Rio Tinto社の南米探査責任者が大規模銅鉱床発見の報道を否定

 BNAmericas紙(3月22日付)によると、先週、Rio Tinto 社内の情報筋の話として、同社がペルー南部のクスコ県において世界クラスと期待される銅の新鉱床を発見したと報道されたことに対し、同社の南米探査責任者は、そのような事実はないと、これを否定した。 これによると、同氏は、Rio Tinto社は確かにクス・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Rio Tinto社が大規模銅鉱床を発見か

 BNAmericas紙(3月16日付)によると、Rio Tinto社内の情報筋の話として、同社は、ペルー南部のクスコ県において世界クラスと期待される銅の新鉱床を発見し、現在、探鉱を継続中である。 これによると、昨年末に実施した5本のボーリング中、3本のボーリングで目を見張る成果(250m以上の間、銅平均品位 1.5%・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・閉山法の施行細則案が公表

 エネルギー鉱山省は、昨年10月に公布された閉山法に基づき、3月14日に閉山法の施行細則案を公表した。 閉山法は、操業中の鉱山、今後の新規鉱山を対象に、当該鉱山の閉山計画の策定、提出及び実施に係る義務・手順、この実施に必要な積立金制度の新設等を骨子としているが、本施行細則案には、これらの点が具体化されている。 閉山法に・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・CVRD社がトレド大統領にLas Bambas銅鉱床開発への強い関心を表明

 El Comercio紙(3月17日付)他によると、トレド大統領はCVRD社社長他と会談し、同社がLas Bambas銅鉱床の開発に強い関心を表明したと、大統領自ら発表した。 これによると、会談には、CVRD社側は在ペルーブラジル大使、ペルー政府側はキハンドリア・エネルギー鉱山大臣も同席した。 同鉱床の開発オプション・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Inca Pacific社がMagistral銅鉱床開発のF/S開始

 BNAmericas(3月10日付)によると、Inca Pacific Resources社は、同社が権益を保有するMagistral銅鉱床開発プロジェクト(Ancash県)について、来月(4月)より2年間の予定でF/Sを開始すると発表した。 これによると、本調査は3フェーズよりなり、第1フェーズ(6か月)は既存ボー・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Toromocho鉱床の鉱量が大幅に増加とDavid Lowell氏が発言

 El Comercio紙(3月6日付)によると、昨年5月の入札でToromocho鉱床(Junin県)の開発オプション権を獲得したPeru Copper Syndicate社(米)のDavid Lowell社長は、その後の探鉱活動により、同鉱床の鉱量は大幅に増加し、優良鉱床であることが確認されつつあると発言した。 こ・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・2004年の鉱産物輸出は前年比大幅増額でスタート

 ペルー鉱業協会の発表によると、ペルーの2004年1月期の鉱産物輸出額は、前年比23%増の4.25億ドルと大幅に増加し、快調なスタートを切った。 鉱種別の内訳は、全体の約半分が金(2.04億米ドル)、次いで銅(0.94億米ドル)であるが、特徴として亜鉛と鉛の輸出額が、国際市況の急激な回復を主因として大幅に増加したことで・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・2003年の鉱区申請件数は前年比58%増と大幅に増加

 エネルギー鉱山省の発表によると、2003年の鉱区申請件数は、金鉱床の探鉱ブームもあり、前年比で58%増と大幅に増加した。 これによると、総申請件数は4,799件(2002年 3,045件)、総面積は2.25百万haである。申請件数の増加傾向は、今年に入っても継続しており、2004年1月期の鉱区申請件数は、前年同期比3・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・La Zanja金鉱床の開発を決定、操業開始は2005年下期

 GESTION紙(3月1日付)他によると、地元大手のBuenaventura社は、2003年第4四半期に終了したLa Zanja金鉱床(Cajamarca県)開発のF/S結果により、同鉱床の開発を決定したと発表した。 本開発プロジェクトは、同社が53%、Newmont社が47%の権益を保有し、両社のJ/Vにより進めて・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Oroya製錬所が2005年に亜鉛製錬プラントの一部操業停止を決定

 GESTION紙(2月26日付)によると、Doe Run Peru社(米)は、自社が操業するOroya製錬所の亜鉛製錬プラントの一部を、2005年より操業を停止すると発表した。これにより、亜鉛の生産能力は、現在の年産7.5万トンレベルから4.5万トンに低下する見通しである。 今回の措置は、詳細は不明ながら、同社は、環・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・新エネルギー鉱山大臣が鉱業ロイヤリティー法案に慎重姿勢を求める

 トレド大統領の内閣改造(2月16日)に伴い、エネルギー鉱山大臣に返り咲いたキハンドリア新大臣(前経済財務大臣)は、GESTION紙(3月4日付)のインタビューに答える中で、現在国会で審議中の鉱業ロイヤリティー法案(販売額の3%課税)につき言及し、同法案の推進派に慎重な対応を求めた。 この中で新大臣は、同法案の推進派の・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Manhattan鉱山社、Tambogrande鉱床開発に係る政府側のオプション契約破棄に調停を申請

 2003年12月10日、環境問題から地元に開発反対機運が強いTambogrande多金属鉱床開発プロジェクト(Manhattan鉱山社(加);75%)、Centromin(政府側);25%)に関し、政府はManhattan鉱山社との開発オプション契約を一方的に破棄した。この契約破棄理由は、Manhattan鉱山社が、・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・新エネルギー鉱山大臣が就任

 トレド大統領は、2月16日、政界スキャンダルに端を発した政権難局を打開するため、内閣改造を行い、新内閣を発足させた。この中でエネルギー鉱山大臣として、前経済財務大臣のハイメ・キハンドリア・サルモン(Jaime Quijandria Salmon)氏が新たに就任した。フルリー前エネルギー鉱山大臣は、2003年7月の内閣・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Pierina金山の今年の産金量は前年比約3割減の64万オンス

 GESTION紙 (2月16日付)他によると、Yanacocha金山に次ぐペルー第2の金山であるPierina金山を操業するBarrick Gold社は、同金山の産金状況等について発表した。 これによると、2003年の産金量は91.2万オンスと2002年実績 (89.8万オンス)比で微増であった。一方、生産キャッシュ・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・2003年の主要鉱産物生産量

 エネルギー鉱山省は、2003年の主要鉱産物の生産量を発表した。 これによると、銅が前年並であった以外は、全鉱種で昨年実績に比較し増加しているが、とくに金、亜鉛、については10%前後増加した。 金は、Yanacocha金山の増産(72.5t→88.6t)が大きく寄与し、亜鉛はAntamina鉱山の増産(26.0万t→4・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Antamina鉱山の2004年の銅・亜鉛生産量見通し

 BNAmerica(2月6日付)によると、三菱商事が資本参加(10%)しているAntamina鉱山の2004年生産量見通しについて、同じく資本参加(22.5%)しているTeck Cominco社が言及した。 これによると、2004年は、上期に計画している採掘鉱石の50%以上が銅鉱石であることから、年間の生産量ベースで・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Inca Pacific社がMagistral銅鉱床開発プロジェクトの100%権益取得

 Magistral銅鉱床(Ancash県)開発プロジェクトは、51%の権益を有するAnaconda Peru社(Antofagasta鉱山社(英)の子会社)が、2002年4月、鉱床規模が小さいとして撤退を表明し、その権益の売却を、本プロジェクトの49%の権益を有するInca Pacific Resources社(加)・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Yanacocha金山の2003年産金量実績と2004年産金量予定

 GESTION紙(2月6日付)他によると、Yanacocha金山の最大権益を保有するNewmont社は、同金山の2003年の産金量実績、2004年の産金量見込み等について発表した。 これによると、2003年の産金量は昨年比2割増の87t(280万oz)と大きく産金量を増やし、2004年は93t程度(300万oz)にま・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ