閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:

ロシア・Udokan銅鉱床開発の入札は外資を排除した非公開で実施か

 ロシア地元紙等は、地下資源利用鉱区の入札に関して、大規模鉱床開発は外国企業の参加を認めない非公開方式で実施される可能性があることをロシア天然資源省のVladimir Bavlov副局長の2月3日の発言を引用して伝えた。同副局長によれば、外資を排除した非公開入札を実施したいと政府が考えているのは、Sukhoi Log(・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
アルマティ
担当者:
酒田 剛

ロシア・UGMK社、2004年の電気銅生産量は342千t

 地元業界紙等によれば、ロシア第2位の銅生産者Urals Mining & Metallurgical Company(UGMK社)は2004年の電気銅生産量が対前年比14%増の342千tであった。粗銅生産量は264千t(前年比12%増)、亜鉛生産量は81千t(同20%増)だった。一方、銅精鉱は対前年比5%減の・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
アルマティ
担当者:
酒田 剛

Antofagasta社2004年銅生産量498,400tに

 1月26日付けAntofagasta社の発表によると、Antofagasta社は、チリに有するLos Perambles鉱山、El Tesoro鉱山、Michilla鉱山からの銅生産は、2003年の471,800tに対して5.64%増の498,400tになった。3鉱山のキャッシュコストは、モリブデンの価格上昇に支えら・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

チリ・Escondida鉱山2004年の銅生産量119.5万tに

 1月25日付け地元紙等によると、Escondida鉱山の2004年の銅生産量は、2003年の99.5万tに対し20.2%増の119.5万tに達した。その内訳は、SX-EWカソード15.2万t、硫化精鉱(銅量)104.3万tである。これは2002年に完成したLaguna Seca選鉱プラント新設による年産125万t体制・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

チリ第II州でQuadra Mining社、酸化銅鉱床捕捉

 1月26日付けQuadra Mining社の発表によると、同社は、かつてOutokumpu社により捕捉されていたCatalina鉱床周辺の探鉱結果、同鉱床の北北西(Catalina Norte)と東(Isabel)の2地区において酸化銅鉱床(ポーフィリー鉱床)を捕捉した。同社は2004年11月~12月にかけてボーリン・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

チリ・2004年銅生産量540万tを記録

 2004年のチリ銅生産量が統計局から発表された。それによると、2004年の同国銅生産量は、対年比9.8%増の5,388,427tを記録した。その内訳は、SX-EWカソードを含む電解銅は前年比1%減の2,404,242t、硫化精鉱(含銅量)は前年比20.2%増の2,811,969t、その他172,216tである。・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

中国・青海省徳尓尼銅鉱山、開発に着手

 安泰科によれば、青海省国土資源庁の情報として、投資総額1.86億元となる徳尓尼銅鉱床開発プロジェクトが2004年12月初めに正式に起工したと報じた。同鉱山開発は2006年に生産開始の計画で、鉱石処理量30万t/年で、銅精鉱1.45万t/年(金属量)、19.55万t硫化精鉱を生産する。 徳尓尼銅鉱床は1960~70年代・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

中国・主要銅企業の生産量、11%増の154万tを見込む

 安泰科によれば、銅の製錬加工費が大幅に上昇したため、2005年中国主要銅生産企業は生産量を増加させるとし、国内銅生産上位9社(江西、銅陵、雲南、大冶、金川、上海大昌、白銀、上海シン※冶、煙台)の銅生産企業の銅地金の生産量は、前年比で11%増の154万tとなる見込み。 中国国内の銅生産企業はこぞって増産計画を打ち出して・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

エクアドル・Junin銅鉱床の探査再開の見通し

 資源開発協力基礎調査(平成9年度終了)により発見し、大型銅山への発展も期待されたJunin銅鉱床(斑岩型)探鉱プロジェクトは、環境問題を懸念する地元の反対により長らく探査活動が中断していたが、昨年半ばよりAscendant Exploration社(エクアドル)が探鉱再開に向け、地元との協議を始めた。 本件に係り、同・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Rio Blanco銅鉱床開発プロジェクトの概況

 Monterrico Metals社(英)が進めるRio Blanco銅鉱床開発プロジェクト(Piura県)は、ポーフィリー型の新規大型銅山(年産銅量20万t規模)として近い将来に操業開始が期待されている。本案件の見通しについて、同社の現地代表者より聴取した。これによると、 近日中に、最新の調査データ(鉱量計算値等・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

Inmet Mining社、トルコのÇayeli銅亜鉛鉱山の操業状況を発表

Inmet Mining社(加)は、1月26日、同社が所有するトルコのÇayeli銅亜鉛鉱山の操業状況を発表した。Çayeli銅亜鉛鉱山は、トルコ北東部Rize州の黒海沿岸から約8kmにあり、1994年にトルコの建設会社Gama社、トルコ政府所有のEti Holding社と同社のJVで開発された。2002年にGama社・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
ロンドン
担当者:
嘉村 潤

ロシア・Karabashmed、2004年の粗銅生産量は45千t

 地元業界紙等によれば、ロシア・チェリャビンスク州にあるKarabashmedの2004年の粗銅生産量は前年比2%減の44,682tであった。減産となった要因として、溶鉱炉に投入するコークスを無煙炭に変えたこと、酸素ステーションが機器不調のために一時休止したことが挙げられている。同社の粗銅は、親会社のKyshtym C・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
アルマティ
担当者:
酒田 剛

ラオス:中国企業が銅・亜鉛を探査

 地元紙等によると、ラオス計画協力委員会と中国Fujian Sanming社が21日、銅、亜鉛鉱床探査実施に係る合意文書に調印した。同社は130万USドルを投資して、ポーンサリー県Ban Makkanoy及びBan Taettae地域で銅を、ウドムサイ県Ban Namphaeng地域で亜鉛の探査を実施、半年以内に調査を・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
その他
担当者:
市原秋男

カザフスタン・Kazakhmys社、2004年の銅生産量は427千t

 地元業界紙等によると、カザフスタンのKazakhmys社の2004年の精錬銅生産量は前年比2.3%増の427千tであった。また、亜鉛精鉱66千t(前年78.1千t)、金地金2,683kg(同2,908kg)、銀551t(同606.8t)、金属亜鉛22千tをそれぞれ生産した。銅鉱石採掘量は、前年の40.1百万tに対し、・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
アルマティ
担当者:
酒田 剛

中国・江西銅業集団公司、銅加工強化し5年間で50万トン生産

 安泰科他現地業界紙によれば、江西銅業集団公司の2004年販売収入は150億元、税込利益20億元、2003年に続き江西省内での販売収入は100億元を突破したとのこと。同集団公司は、2007年までに年間販売収入目標250億元を実現させるために、電気銅生産能力を30万トン/年に拡張、新規に銅加工生産ラインを設置、世界の銅産・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
北京
担当者:
納 篤

ポルトガル・Neves-Corvo銅鉱山の残りのPP金額決定

 EuroZinc Mining社(加)は、1月18日、ポルトガルNeves-Corvo銅鉱山のEmpresa Desenvolviment Mineiro(EDM:ポルトガル国営企業)のPP(Price Participation)権を26百万US$で獲得したと発表した。Neves Corvo鉱山は、Rio Tint・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
嘉村 潤

チリ・2004年12月銅輸出額過去最高に

 チリ中央銀行の発表によると、2004年12月の銅輸出額は前年同月比138.3%増で過去最高の16.13億ドルとなった。また同国12月の鉱物資源総輸出額は、18.30億ドルで、銅はそのうちの88.1%を占める。銅の年間輸出額も、過去最高額の143.44億ドルに達した。一方モリブデンは、前月より40.1百万ドル減となった・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
中山 健

ペルー・Magistral銅鉱床開発プロジェクトにQuadra社(加)が参入

 地元業界紙等によると、Inca Pacific社(加)が保有するMagistral銅鉱床開発プロジェクトにQuadra Mining社(加)が参入し、JVで開発を目指す旨のLOIを両社が締結した。 これによると、Quadra社は、2006年9月までにバンカブルF/S(粗鉱量1.5万t/日規模以上)を終了することにより・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

国際銅研究会の月報(2005年1月)

 国際銅研究会は、1月12日、世界の銅需給に関する2004年10月速報を発表した。2004年1~10月の見かけ地金需給は75.7万tの生産不足(前年同期は40.5万t生産不足)となった。2004年1~10月の報告された全在庫の減少は92.4万tであった。10月の地金需給は1.0万tの生産超過、季節調整後でも3.6万tの・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
嘉村 潤

豪・Equinox社、ザンビアLumwana銅プロジェクトの100%権益獲得

 Equinox社の1月12日の発表によると、同社が51%の権益を有していたザンビアLumwana銅プロジェクトについて、パートナーのPhelps Dodge Zambia社から残りの権益を獲得し、100%権益となったと発表した。同社は1999年8月以降JVで事業を進めていたが、2003年6月にPhelps Dodge・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
ロンドン
担当者:
嘉村 潤
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ