閉じる

ニュース・フラッシュ

ペルー・La Granja銅鉱床の入札が2005年第4四半期に遅延

 La Granja銅鉱床(Cajamarca県)の入札は、従来、2005年第3四半期に実施予定とされていたが、地元紙(6月28日付)他によると、投資促進庁(ProInversion)の鉱業案件担当者は、本入札は2005年第4四半期に実施予定と発言した。 これらによると、投資促進庁は、本入札の実施に係わり地元と幾度の協・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ベネズエラ・Las Cristinas金鉱床の鉱業権を巡る国際調停裁判が開始

 地元業界紙(6月23日付)等によると、Vannessa Ventures社(加)は、Las Cristinas金鉱床(金量約1,300万oz:ボリバール州)の鉱業権を巡り、同社とベネズエラ政府との間で発生している問題について、国際調停裁判所の第1回ヒヤリングが7月末にロンドンで開催されると、発表した。 これによると、・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Cerro Corona銅・金鉱床開発プロジェクトのEIA(環境影響評価)提出

 地元業界紙(6月22日付)他によると、Cerro Corona銅・金鉱床開発を進めるGold Fields社(92%権益保有)の幹部は、同プロジェクトに係わる環境影響評価(EIA)の調査結果を5月にエネルギー鉱山省に提出し、遅くとも11月には承認される見込と発言した。同社は、EIA承認後、鉱山工事に着手し、工期約18・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・トロモチョ鉱床、Peru Copper社が選鉱試験結果を発表

 ペルー・トロモチョ銅鉱床のFSを作成しているPeru Copper Inc社(在バンクーバー)は、6月20日、Metcon Research Inc.(米・ツーソン)が実施する選鉱試験の進捗を公表した。同鉱床を代表する7つのコンポジット試料について浮遊選鉱試験を行った結果、得られた精鉱の平均分析品位は銅26.9%であ・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Tintaya銅山が操業を再開

 地元紙(6月21日付)他によると、地元への利益還元を求める住民デモの過激化から5月25日より操業停止中のTintaya銅山は、6月17日に行われた住民側との会談により鉱山を安全に操業できる目処が立ったとし、6月20日に操業を全面的に再開した。これらによると、鉱山側と住民側の他、本争議の仲介役を務めた政府メンバー等を交・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・2005年5月の鉱区申請件数が前年同月比で大幅に減少

 鉱業権・鉱区台帳管理局(INACC)の発表によると、2005年5月の鉱区申請件数(315件)は、2004年同月比47%減と大幅な減少となった。 ペルーの鉱区申請件数は2003年に大幅に増加し、その後も高水準を維持してきたが、この様な状況の中での大幅な減少は注目される。この現象は、ペルー各地で顕在化している、鉱業活動に・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Marcona銅鉱床の探鉱開発プロジェクトで高品位鉱体の範囲が拡大

 Marcona銅鉱床の探鉱開発プロジェクトは、2005年3月、Chariot Resources社(加)と韓国系グループ(Korea Resources & LS Nikko Copper)とのJ/Vによりスタートし、2005年4月、第1フェーズのボーリング調査(総延長約37,000m)の一環として実施した最初の15・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Alto Chicama金山が操業開始

 地元紙(6月9日付)によると、Barrick Gold社社長は、同社が開発工事中のAlto Chicama金山について、今週中(6/12の週)に金生産を開始すると発言した。 本金山は、Yanacocha金山に次ぐペルー第2の金山となり、2005年の産金量は55万oz程度、今後3年間は80万oz程度の産金量を計画してい・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Antamina鉱山で地元住民による小規模デモが発生し数人が負傷

 地元紙(6月7日付)他によると、Antamina鉱山社は6月6日、6月4日に同鉱山の地元住民約70人が道路建設等を求めてデモを行い、一部が鉱山敷地内に乱入し暴力的行為に及んだことから警察が出動し、これを鎮圧・退去させたと発表した。この事件で、住民側に数人の負傷者が出た模様であるが、操業への影響は出ていない。 これらに・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Tintaya銅山の争議解決は2週間以内の見通しと鉱山次官が言及

 地元紙(6月10日付)他によると、Tintaya銅山の操業再開に向け、政府ミッションのトップとして仲介役に努めている鉱業次官は、2週間以内に今回の争議は解決する、との見通しを示した。 鉱山次官の本発言は、これまでの住民側と政府ミッションの交渉は難航し、未だに鉱山側も含めた三者会談が実現しない中、表面的にはとくに根拠も・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・リマ市民の8割以上が鉱業活動による環境汚染が大きいと認識

 地元紙(6月6日付)によると、リマ大学は、鉱業と環境汚染の問題についてリマ市民の意識調査を行った。 これによると、鉱業活動が環境汚染に与えている影響について、五つの選択肢(大変大きい(mucho)、かなり大きい(bastante)、少ない(poco)、ない(nada)、分からない(no sabe))により回答を求めた・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・2~4月期の鉱業ロイヤルティ徴収額は23.2百万ドル

 地元紙(6月9日付)によると、エネルギー鉱山大臣は、国会の鉱業委員会に対し、2005年2月に徴収を開始した鉱業ロイヤルティの4月までの3か月間の徴収状況を報告した。 これによると、この期間の徴収総額は、39社より75.3百万ソーレス(約23.2百万ドル)で、この内約6割の46.2百万ソーレスはSPCC社からの徴収、こ・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Volcan社の鉱山ストが集結

 地元紙(6月4日付)他によると、去る5月26日に始まったVolcan社の鉱山ストは、6月2日、労使協議が合意に至り、Cerro de Pasco鉱山他の同社亜鉛鉱山の操業は、6月3日より通常レベルに回復した。 これらによると、労働側は経営側に対し、2004年の同社収益(22百万ドル)の8%を労働者に還元すべく要求し、・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Cerro Verde銅山への住友グループの出資比率は21%で確定

 地元業界紙(6月2日付)によると、Cerro Verde鉱山社は、リマ証券取引所に、443百万ドルの増資が完了し参画企業各社の最終的な出資比率が確定したことを明らかにした。 これによると、最終的な各社の出資比率は、Phelps Dodge社が53.56%、住友グループ(住友金属鉱山、住友商事)が21%、Buenave・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Milpo社が2005年9月にChapi銅鉱床の採掘を開始

 地元業界紙(6月1日付)他によると、亜鉛生産大手のMilpo社は、ペルー南部に位置するChapi銅鉱床(Arequipa県)の採掘を、2005年9月より開始すると発表した。 これによると、同社は、過去に採掘実績のあるChapi銅鉱床(マント型)を探鉱の結果、約1千万tの鉱量(二次硫化鉱8.35百万t(Cu 1.69%・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・Tintaya銅山の操業停止は継続

 地元業界紙(6月3日付)他によると、地元への利益還元を求める住民デモの過激化から5月25日より操業停止中のTintaya銅山は、その後、鉱山周辺は平穏に戻ったが、鉱山側は安全操業が確保できないと判断し、操業停止を継続している。 これらによると、鉱山次官をトップとする政府ミッションは、鉱山側、住民側両者の対話による解決・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・長期安定化契約締結プロジェクトの多くは鉱業ロイヤルティ免除か

 ペルーでは、鉱業ロイヤルティの適用を巡り、長期安定化契約を締結している鉱山に対しても鉱業ロイヤルティを徴集するか否かの問題が、新たな論点となっている。 本件に係り、地元紙(5月31日付)によると、エネルギー鉱山省が経済財務省に提出した、安定化契約締結のプロジェクトリストを入手した。 これによると、対象プロジェクト数は・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・リマで第4回探査技術者国際会議(ProExplo 2005)開催

 5月25日~27日の3日間、持続可能な開発に向けた探査活動をテーマに、リマで第4回探査技術者国際会議(ProExplo2005:ペルー鉱山技術者協会主催)が開催(隔年)され、ペルー、南米を中心に約千人の関係者が参加した。 会場は、講演会場と展示会場に分かれ、講演は、メイン会場と各日毎にテーマを設けたフォーラム会場の2・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー、亜鉛生産最大手のVolcan社で鉱山労働者がスト

 地元紙(5月30日付)他によると、ペルー亜鉛生産最大手のVolcan社の鉱山労働者(約2,500人)が、企業収益の労働者への還元を求め、5月26日よりストに入った。 これらによると、同社が操業する亜鉛鉱山で最大のCerro de Pasco鉱山(昨年亜鉛生産量13.1万t:ペルー第3位)では、ストの完全実施により操業・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 ベースメタル
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史

ペルー・リマ証券取引所にジュニア企業が初の上場

 リマ証券取引所は、2003年9月、ジュニア企業が探鉱目的のリスク資金を調達する市場を開いたが、その後、上場企業がなかったことから、最近、トロント、ロンドン等の他の同様の市場に上場しているジュニア企業も上場可能な措置を取った。 本件に係り、5月25日から27日の間、リマで開催されたProExplo 2005(国際探査技・・・ 続きを読む
海外事務所:
リマ
担当者:
辻本崇史
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ