閉じる

ニュース・フラッシュ

Rio Tinto社、オーストラリア株主総会で株主集団訴訟を制限する議案を撤回

 Rio Tinto社(本社メルボルン/ロンドン)は、5月4日にメルボルンで開催された株主総会において、米国における株主集団訴訟を制限する議案を撤回した。 議案は、Rio Tinto社に対する株主による訴訟について、Rio Tinto Limitedに対してはオーストラリア(ビクトリア州)、Rio Tinto plcに・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

豪州・商品ブームの終焉はいつか

 銅と亜鉛は最高価格を更新し、金価格は700US$/ozに達している。こうした状況下で豪州では、商品ブームの終焉がいつかの議論が活発になっている。 財務大臣Peter Costelloは、商品ブームの永続性についての議論に参加し、「ブームはあと2~3年間続くと思うが永久には続かない」と述べた。鉱業関係の消息通の多くは、・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
永井正博

豪州・Kingsgate社、2006年第1四半期報告

 Kingsgate Consolidated Limited(本社シドニー)は、4月28日、Chatree金鉱山(タイ王国)の生産量が30,435oz(前年同期比10%減少)となったことなどを含む2006年第1四半期報告を発表した。 生産量の減少は、低品位鉱(2.0g/t Au)の採掘によるもの。同社は、金・銀探査ジ・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

豪州・Bluestone社、Metals Exploration社と合併へ

 Bluestone Tin Limited(本社パース、以下Bluestone社)とMetals Exploration Limited(本社パース、以下Metals Ex社)は、5月1日、合併を発表した。 Bluestone社は錫の探査・生産を、Metals Ex社はニッケルの探査をそれぞれ主として行ってきた企業で・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

豪州・Newcrest社、2006年第1四半期報告

 Newcrest Mining Limited(本社メルボルン、以下Newcrest社)は、4月26日、2006年第1四半期報告を発表した。 第1四半期の金生産量は367,790ozで前期の430,009ozを、銅生産は23,219tで同28,325tを下回った。 各鉱山とも生産量は減少。Cadia Hill鉱山(ニ・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

PNG・Emperor社、Tolukuma金鉱床で富鉱帯発見

 Emperor Mines Limited(本社クィーンズランド州、以下Emperor社)は、4月28日、坑内探鉱中のTolukuma金鉱床(PNG)において富鉱帯を発見したと発表した。 富鉱帯は、低硫化系金鉱化作用を示しTolukuma構造帯の東350mに脈状に2ゾーン。第1ゾーンは長さ36mに渡り、幅1.9m・金・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

BHP Billiton社、2006年第1四半期報告

 BHP Billiton社(本社メルボルン/ロンドン)は、4月26日、2006年第1四半期報告を発表した。 第1四半期の各鉱種の生産状況は、ニッケル40,000t、銅319,000t、アルミニウム340,000tが記録的な生産となり、それぞれ、前年同期比122%、25%、1%増加。 操業面では、西オーストラリア州の鉄・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

PNG・Lihir社、2006年第1四半期報告

 Lihir Gold Limited(本社PNG、以下Lihir社)は、4月24日、2006年第1四半期報告を発表した。 第1四半期の金生産量は184,000oz、急騰する金価格の影響から今期収入は初めて100百万US$を上回った。 Lihir社は、年間の金生産量は670,000ozに達すると予想している。また、鉱山・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

ソロモン・Gold Ridge金鉱山の再開、暴動の影響なし

 地元紙等によると、Gold Ridge金鉱山(ソロモン諸島)の再開計画は、今のところ4月初旬の総選挙後に発生した暴動の影響を受けていない。 Gold Ridge金鉱山は、Delta Gold社によって操業されていたが、2000年におきた部族間紛争により操業を停止していた。その後、Australian Solomon’・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

Iluka社、2006年第1四半期生産報告

 Iluka Resources Limited(本社パース、以下Iluka社)は、4月20日、2006年第1四半期報告を発表、ジルコン生産の伸びなど好調な生産状況を報告した。 第1四半期は、売上量は前年同期比26.3%減少したが、売上額は同比8.2%増加の214.1百万A$であった。 ジルコンは、前年同期比10.5%・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

Rio Tinto、2006年第1四半期生産報告

 Rio Tinto(本社メルボルン/ロンドン)は、4月20日、2006年第1四半期報告を発表、サイクロンの影響で西オーストラリア州での鉄鉱石生産が減少するなど幾つかの鉱種で生産減少となったことを明らかにした。 原料炭は、買手が2006年の価格が下がることを期待して買い控えたことから需要は弱含みで、生産量は前年同期比4・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

PNG・Highlands Pacific社、Kainantu金鉱山を再開

 Highlands Pacific Ltd.(本社ポートモレスビー/ブリスベン、以下Highlands 社)は、一時中断していたPNGのKainantu金鉱山の操業を4月15日に再開した。 同鉱山では、先週Barola Kafe族と鉱山の土地所有権を主張している地域住民グループにより、会社の資産と人の安全が脅かされた・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
シドニー
担当者:
永井正博

フィジー・Emperor Mines社、Vatukoula鉱山の労働者を解雇

 フィジー政府とEmperor Mines Ltd.(本社ブリスベン、以下Emperor社)及びフィジー鉱山労働組合は、フィジーのVatukoula金鉱山で、経営不振のため解雇を言い渡されていた労働者を支援するため、労働者救済基金からの拠出と解雇をパッケージにすることを取り決めた。Emperor社は1,800人の労働者・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
永井正博

PNG・銅輸出による輸出額、過去最高を記録

 PNG中央銀行はPNGの2005年第4四半期の銅の輸出65,400tによる輸出額が369.9百万A$と報告した。これは、2001年の年間輸出額に相当し、第4四半期としては過去最高である。 PNG中央銀行のQuarterly Economic Bulletinによると、PNGの2005年の銅輸出は2004年の173,9・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
シドニー
担当者:
永井正博

Rio Tinto、Pilbara地域の鉄道開放による損失を試算

 地元紙等によると、Rio Tinto社(本社メルボルン、ロンドン)は、4月12日、Pilbara地域(西オーストラリア州)にあるRio TintoやBHP Billitonの保有する鉄道への第三者のアクセスを許せば、オーストラリアは今後20年間に430億A$の輸出額、130億A$の初期投資の機会を失うと試算するレポー・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

Rio Tinto社、ギニアで鉄鉱山開発のFSを実施

 地元紙等によると、Rio Tintoは、ギニアで政府により鉱業使用権が認められた、Simandou鉄鉱床の開発を計画している。鉱床の探査は1997年に始まり、Rio Tintoは2006年末までに完成予定のプレFSに30百万US$を支出する。さらに最終決定がなされる2008年半ばまでに1億US$を支出する見込みである・・・ 続きを読む
鉱種:
鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
永井正博

Toro社、ウラン探鉱開始

 Toro Energy Limited(本社アデレード、以下Toro社)は、4月10日、Yanineeプロジェクト(Toro社権益100%、南オーストラリア州Streaky Bayの東50km)において、ボーリング調査を開始したと発表した。 Toro社は、堆積性ウラン鉱床を対象に同地域2,733km2の範囲で7,00・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

豪州・Intec社、Hellyer鉱山尾鉱から亜鉛回収へ

 湿式冶金特許技術「Intec Process」を保有するIntec Ltd.(本社シドニー、以下Intec社)は、4月5日、Polymetals Mining Services Pty Ltd.(本社クィーンズランド州)と、Hellyer亜鉛・鉛鉱山(タスマニア州、両社50%権益保有)の尾鉱から湿式冶金技術を用いて亜・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛 ベースメタル
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

ラオス・Pan Australia社、Phu Kham鉱山開発へ

 Pan Australia Resources Limited(本社ブリスベン、以下PanAust社)は、4月3日、Phu Kham銅・金プロジェクト(ラオス)のF/S調査の結果、採算性があるとの結論に達したと発表した。同プロジェクトは、開発費用230百万US$、生産量銅5万t/年・金10万oz/年・銀40万oz/年・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

中国、PNGのRamuニッケル鉱山開発に合意

 地元紙等によれば、PNGのMichael Somare首相と中国の温家宝首相は、4月4日、Ramuニッケル・コバルト鉱山プロジェクトの開発に中国冶金建設集団公司(China Metallurgical Construction Corporation、以下MCC社)が3年間にわたって651百万US$を投資することに正・・・ 続きを読む
鉱種:
レアメタル ニッケル
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ