閉じる

ニュース・フラッシュ

Alcan社、職員が抗議行動

 地元紙等によると、Alcan社の労働者500人以上が、同社の西豪州にあるアルミナ精錬所拡張工事後(費用20億豪ドル)、飲料水中に危険なレベルに達する水銀が検出されたことに対して抗議行進をおこなった。 水銀のレベルはG3プラントでの4月の定期検査の際に検出されたもので、推奨レベルの7倍の濃度であった。Alcoa社の現場・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

Howard首相、インフラ整備政策を発表

 地元紙等によると、Howard首相は、豪州の輸出事情改善のためのインフラストラクチャーのボトルネック(供給障害)に備えるため、規制緩和計画を発表した。 計画は、首相直属のタスクフォース(調査機関)によって策定されたもので、港湾施設の所有者と利用者間の交渉によって施設の利用と費用を決定することなどを内容とするもの。 し・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

豪・Michilago社、ソロモン諸島Gold Ridge鉱床開発へ

 地元紙等によるとMichilago社は、権益47.5%を保有するAustralia Solomons Gold Pty Ltd社を通じてソロモン諸島のGold Ridge鉱山取得のための最初の支払いを行い、同鉱山の開発に着手した。 Gold Ridge鉱山は、1990年代に探査・開発が行われたが中断していたもので、金・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

豪・Oloya社、Roe Hillsニッケル鉱床発見

 地元紙等によるとOloya Mining Limited社は、Roe Hillsプロジェクトにおいて硫化ニッケル鉱床を発見した。鉱床はKalgoorlieの南東120km、Talc Lake地区で実施中のボーリング3孔によって確認された。深度131m、幅1.9m、ニッケル品位1.64%、銅品位0.28%。 Oroya・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

Reefton社、Namibia・Erongoプロジェクトの探査許可更新

 地元紙等によるとReefton社は、プロジェクトの遅れを理由にナミビア政府鉱山エネルギー省(Namibia Ministry of Mines and Energy)に対してこの2か月間、法的措置を検討していたが、鉱山エネルギー省は同社が申請していたErongo多金属鉱床のベースメタル、レアアース、工業原料、貴金属、・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

豪・Union Resource社、ロンドン上場へ

 地元紙等によるとUnion Resource社は、ロンドン市場(London Alternative Market:AIM)上場へ向けて手続きを開始した。今回の上場は、イランで進めているMehdiabad亜鉛鉱床開発への資金調達の目的と言われている。 Mehdiabad亜鉛鉱床は、イラン中央部、テヘランから550km・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

Newcrest社、Telfer鉱山火災

 地元紙等によると、豪州最大の金生産者であるNewcrest社は、5月26日、Telfer金鉱山(西豪州)の坑道開発現場で火災が発生したと報告した。 同社は、今回の火災による負傷者はなく、坑内の開発や生産スケジュールにも影響を及ぼさないと発表した。 Telfer金鉱山開発は、当初開発費14億豪ドルで計画されたが工期の遅・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

BHP社、WMC社を買収

 地元紙等によるとBHP Billiton社は、WMC社買収の期限としていた6月3日、WMC社の権益72.99%を取得し、これまでに取得した分とあわせてWMC社の権益80.56%を取得した。 BHP社は、残りの株主に対して更に2週間買収期間を延ばすと提案している。約20%の個人投資家はWMC社の株式買収には応じないとの・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

豪・Iluka社、大規模ジルコン鉱床発見・開発へ

 地元紙等によると、Iluka Resources社(本社パース)は、5月12日、Ecula Basin地域(南オーストラリア州)の同社が2004年11月に発見したJacinth鉱床、Ambrosia鉱床(重砂中のジルコン品位52%、ルチル品位7%)に隣接する地域(Colona JV)で新たに高品位のジルコンを含むミネ・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

BHP社、WMC社買収へテコ入れ

 BHP社は、(WMC社への)買収提案に対して投資家からの株式取得を促進させるため受入れ機関を設立するとした。株式受入れは機関投資家を対象にMerill Lynch社を通じて行われ、少なくともWMC社の株式10万株の取得を目指す。 BHP社は、WMC社に対する買収期限を6月3日まで延長しているが、同社が3月に買収提案を・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

PNG・Highlands Pacific社、Kainantu探査継続

 地元紙等によると、Highlands Pacific社(本社ポートモレスビー)は、Kainantu金鉱床(PNG、金177万oz、品位21.8g/t)開発に関して、資本を165百万豪ドルに引上げ、更に、Kainantu金鉱床周辺756km2の範囲で同鉱床と同じタイプの鉱床をターゲットとしたボーリング調査等のために10・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

豪・Murrin Murrin鉱山操業再開

 Minera Resource社は、5月9日、Murrin Murrin鉱山操業再開を発表した。同鉱山は、高温加圧酸処理工程等のプラントの不具合を修理するため、4月16日より3週間の予定で操業を停止してメンテナンスを行っていた。修理に要した費用は19百万豪ドル(予算内)であった。上流工程から順次下流工程へ操業を再開し・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

Rio Tinto社、WMC買収の可能性は薄れる?

 Rio Tinto社は、自社株買戻しを当初予想されていた400~500百万豪ドルの約2倍の1,000百万豪ドル(同社株式の8.7%分に相当)となることから、市場ではこれ以上の支出、即ちWMC買収の可能性は薄れたと見る向きがある。Rio Tinto社は今回の自社株買戻しとその他の購入(WMC社買収)は何れも財務上留保さ・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

豪・Sempra Metals社、Angas亜鉛鉱山へ参入

 Sempra Metals & Concentrates Corp.社(米国Sempra Energy社子会社)は、5月9日、Terrranin Australia limited社からのAngas鉛・亜鉛鉱山(南豪州)の戦略的買収提案に応じTerrranin社の権益を取得することに合意したと発表した。 Se・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル 亜鉛
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

Crescent Gold社、中国で銅探査許可取得

 Crescent Gold社(本社パース)は、5月6日、中国新彊で銅探査の探鉱権を取得したと発表。探鉱権はXinjiang Tianau Mining Company Ltd社(95.5% Cresent Gold社保有)に対して許可されたもので、Xinjiang Tianau社はWulasteプロジェクトに75%の・・・ 続きを読む
鉱種:
ベースメタル
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

豪・Havilah社、地熱開発に着手

 Havilah Resources NL社は、南オーストラリア州のLake Frome地区の4か所で地熱の探査許可を取得、今後12か月かけて探査を行うと発表した。同社は、放射性元素を含む大規模な花崗岩体に伴う地熱エネルギーが得られるものと期待しており、これに成功すれば更に探査対象を広げることも考えている。同社は、Cu・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

Hillgrove社、Kanmantooで新鉱床発見

 Hillgrove Resource社は、南オーストラリア州の旧Kanmantoo銅鉱山付近で新たな鉱化作用を確認したと発表。旧Kanmantoo銅鉱山の北200mのCooper Findで実施したボーリングで幅26m、銅0.66%の鉱化部を捕捉し、現在の資源量18.37百万t、銅1.1%、金0.2g/t、銅量197・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

豪・Jubilee社、Bannockburnニッケルプロジェクト

 Jubilee Mines NL社は、Breakway Resources Ltd社とのBannockburnニッケルJV(西豪州)を解消・再構成し、同JVのニッケル権益100%を取得する代わりに金権益100%(489,000oz)はBreakway社に移すと発表した。現在のJVは2002年1月から開始されたもので、・・・ 続きを読む
鉱種:
ニッケル レアメタル
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

豪・Kagara Zinc社、Munganaプロジェクト

 Kagara Zinc社は、5月6日、クイーンズランド州Chillagoe付近のMunganaプロジェクトにおいて実施したボーリングで、幅10.44m、亜鉛20.3%、鉛3.8%、銅1.2%、銀100g/t、金1.57g/tの鉱化帯を捕捉したと発表した。
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志

Rio Tinto社のWMC社買収について

 Rio Tinto社幹部は、4月29日に開かれた豪州での同社株主総会において、WMC社買収の可能性を否定しなかった。また、Rio Tinto社はウラン資産を探しているとしながらも、WMC社のOlympic Dam鉱山には言及しなかった。 他方、Inco社会長は、メルボルンでの鉱業関係者の会合のあと、WMC買収の可能性・・・ 続きを読む
海外事務所:
シドニー
担当者:
久保田博志
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ