閉じる

ニュース・フラッシュ

豪:Hazer Group社、Hazer Processにより生成した合成グラファイトのリチウムイオン電池向け性能試験の結果を発表

 2018年5月10日付の地元メディアによると、豪Hazer Group社は同社が製造した未最適化の高純度グラファイトサンプルが、リチウムイオン電池向けに完全に最適化された商用グラファイト標準サンプルと遜色ない性能を示したことを発表した。同社の純度99%のグラファイトは、150回以上の再充電実施において充電能力低下無し・・・ 続きを読む
鉱種:
グラファイト
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:2018/19年度豪連邦予算案に対する各鉱業関連団体の反応について

 2018年5月8日に豪連邦財務省が発表した2018/19年度の連邦予算案に関し、豪州鉱物資源評議会は、2017年の豪州からの資源輸出額が総額207bA$となり、資源業界の豪州経済に与える影響が大きいことが改めて明らかとなったとしている。予算案の中で、資源輸出額成長率が2017/18年度は4%、2018/19年度は6.・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Neometals社、WA州Barrambieチタン‐バナジウムプロジェクトの選鉱製錬試験実施のため、53tのDSOを中国に出荷

 2018年5月8日付のメディアによると、豪Neometals社はWA州のBarrambie Ti-Vプロジェクトから、53tのDirect Shipping Ore(DSO)を中国での選鉱製錬試験のために出荷したと発表した。これは、オフテイク契約を検討している中国のバイヤーの求めに応じ、鉱石からのチタン、バナジウム、・・・ 続きを読む
鉱種:
チタン バナジウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Core Exploration社、NT準州Finnissリチウムプロジェクトの資源量更新を発表

 2018年5月8日、豪Core Exploration社は、NT準州で推進するFinnissリチウムプロジェクトのGrants鉱床に関する資源量を更新した結果、資源量が2倍に増加したことを発表した。Li2Oカットオフ品位0.75%での資源量は2.03mt、品位:Li2O 1.5%で、今後同社はリシア輝石精鉱あるいはD・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

ホンジュラス:加Ascendant Resources社El Mochito鉱山の2018年第1四半期売上、増加

 2018年5月10日付け地元紙によると、加Ascendant Resources社(本社:トロント)は、同社がホンジュラスに保有するEl Mochito亜鉛・鉛・銀鉱山の2018年第1四半期売上高が前年同期の7.92mUS$から28.0mUS$に増加し、亜鉛生産、全維持コスト(AISC)は1.66US$/lbから1.・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:Sonora州Bacanoraリチウム・プロジェクト、2018年9月から建設工事開始

 2018年5月10日付け地元紙によると、Sonora州Claudia Pavlovich Arellano知事は、Bacadéhuachi市に位置するBacanora Minerals社が保有するリチウム・プロジェクトは、2018年9月に建設工事を開始すると発表した。なお、同社は、FS調査を進めており、許認可手続、イ・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:加Megastar Development社、Rama de Oroプロジェクトを買収

 2018年5月10日付け地元紙によると、加Megastar Development社(本社:バンクーバー)は、米Paradex社及び墨Minera Zalamera社とOaxaca州Rama de Oroプロジェクトの100%権益取得に係るオプション契約を締結した。Megastar Development社幹部は、同・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
森元英樹

メキシコ:Grupo México社、San Martín鉱山再開に向けた動き

 2018年5月10日付け地元紙は、墨Grupo México社が保有するSan Martín鉱山(Zacatecas州)の生産再開に向けた動きに関し報じている。2007年から労働組合によるストライキが続いていた同鉱山では現在市役所、各関係省により法的観点から評価が進められているが、手続きは難航している。生産停止となっ・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:国内銀生産量第5位のOaxaca州鉱業概要

 2018年5月9日付地元紙は、Oaxaca州の鉱業に関し特集しており、概要は以下の通り。
 メキシコ南部に位置するOaxaca州は国内銀生産量第5位であり、2017年年間生産量は10百万ozを超え、さらにラテンアメリカの中でも最大の鉄埋蔵量を誇っている。同州の鉱業による年間収入は平均8,440百万ペソに上る。鉱業は・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

メキシコ:加Leagold Mining社、Los Filos金鉱山最新の調査結果

 2018年5月7日付の報道では、加Leagold Mining社(本社:バンクーバー)がGuerrero州に保有するLos Filos金鉱山において実施したボーリング調査の結果が報じられ、同鉱山内のNukay鉱床4.1m間で品位:Au 24.2g/t、Conchita鉱床6.95m間においてAu 23.6g/t、Cr・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
メキシコ
担当者:
佐藤すみれ

中国:生態環境部、汚染排出費用徴収に関する書類を廃止する

 安泰科によれば、中国生態環境部が正式に第2号部令「汚染排出費用徴収に関する規則と規範的文書を廃止に関する決定」を発表した。生態環境部の決定によると、「汚染排出費用徴収業務における検査方法」(元国家環境保護総局令第42号、2007年10月23日は公表)の規則を廃止する。同時に、汚染排出費用徴収の検査に関する常用法律等2・・・ 続きを読む
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:中国五鉱の豪州Dugald River亜鉛鉱山はビジネス化を実現

 現地報道によれば、中国五鉱集団有限公司傘下の五鉱資源有限公司(以下、五鉱資源と略称)は、豪州Dugald River亜鉛プロジェクト(Dugald River亜鉛鉱山)が5月1日に予定通りにビジネス化を実現したと発表した。同時に会計処理ではプロジェクトにおける支出を資本化からコスト化に変わる。現在、Dugald Ri・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:2018年第1四半期、インドネシアからのボーキサイト輸入は約110万t

 安泰科によれば、税関統計によると、2018年第1四半期、インドネシアからのボーキサイト輸入量は110万tであった。第1四半期、ボーキサイト輸入量は前年同期比47.16%増の2,040万tで、そのうち3月の輸入量は前月比19.3%増の727万tであった。
 中国政府は、2017年7月よりインドネシアのボーキサイト輸入・・・ 続きを読む
鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:盛屯鉱業は、コンゴ民主共和国(DRC)で盛屯鉱業有限公司を設置

 安泰科によれば、盛屯鉱業の全額出資子会社である盛屯尚輝は、コンゴ民主共和国でDRC盛屯鉱業有限公司を設立する予定。主にDRCの鉱業権における統合買収や探査、生産管理を行う予定。登録資本金は100万US$である。DRCは世界で最も多いコバルト資源を保有しており、地元のコバルト及びコバルト製品コスト面の利点が極めて顕著で・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

中国:五鉱資源、2018年第1四半期の電解銅生産量は前年同期11%増

 安泰科によれば、五鉱資源の2018年第1四半期の電解銅生産量は前年同期比11%増の4.03万tであった。同社の第1四半期の銅精鉱生産量前は年同期比22%減の8.75万tであった。
 最新情報によると、五鉱資源は、2018年生産目標を維持する方針である。銅生産量を56万tから59万tに設定し、亜鉛生産目標を19万tか・・・ 続きを読む
鉱種:
亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
関淳夫

豪:2018年3月までの1年間におけるQLD州の資源輸出額が55bA$強に増加

 2018年5月7日付のメディアによると、QLD州の資源産業による2017年4月~2018年3月までの一年間の輸出額は55bA$強となり、QLD州の商品輸出総額70bA$の78%を占めていることが明らかになった。特に石炭は前年比で12.4%増の30.1bA$を輸出しており、石炭の輸出額は輸出品目の中で最大となっている。・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:NT準州政府、機能強化したGeophysics and Drilling Collaborations制度の申請受付を開始

 2018年5月7日付のメディアによると、NT準州政府は4年総額26mA$の探鉱・鉱業促進政策の一環として、今年度のGeophysics and Drilling Collaborations(GDC)の申請受付を開始したことを発表した。GDCは鉱山・探鉱企業が同州内の地質情報が不足している地域において実施する探鉱事業・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

DRコンゴ:鉱山省、新鉱業法の最終化は間近だと言及

 2018年5月9日付のメディア報道によると、DRコンゴの鉱山省は、新鉱業法は最終化に向かっているとした。Glencore、Randgold Resourcesを含む鉱山会社は、2018年3月に新鉱業法案の修正に向けてJoseph Kabila大統領と会合を開いているが、鉱山省は鉱山会社が求めている大幅な変更に対しては・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

南ア:Impala Platinum社、2018年に入り株価が40%以上低下

 2018年5月10日付のメディア報道によると、Impala Platinum社の株価は今年に入り40%以上下がり、1999年以来の最安値となった。Anglo American Platinum社に次ぎ世界2位の白金生産者であるImpala Platinum社は、2018年4月下旬に発表した第3四半期生産レポートで、2・・・ 続きを読む
鉱種:
その他
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

セルビア:Rio Tinto及びRaiden Resources社、銅・金の探査プロジェクトを開始

 2018年5月10日付のメディア報道によると、Rio Tintoとジュニア鉱山会社であるRaiden Resources社はセルビアでの探査活動を開始するとした。Raiden社は、銅・金斑岩鉱床があるWestern Tethyan鉱床生成帯に位置するZapadni Majdanpek、Majdanpek Pojas、・・・ 続きを読む
鉱種:
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ