閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: リチウム

ボリビア:政府、Coipasa塩湖のリチウム産業化を公式に表明

 2019年1月21日付け現地報道によると、ボリビア政府は約2,300mUS$をCoipasa塩湖のリチウム産業化に投資すると公式に伝えた。具体的には、同塩湖において、硫化カリウム、ホウ酸、水酸化リチウム、炭酸リチウム、塩化リチウム、金属リチウム等を、ウユニ塩湖のリチウム産業化と似た条件で生産することである。
 Ál・・・ 続きを読む
鉱種:
カリウム リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

豪:Galaxy社、Mt Cattlinリチウム鉱山の資源量と埋蔵量の更新を報告

 2019年1月23日付のメディアによると、豪Galaxy社はWA州で操業中のMount Cattlin Li鉱山の資源量を更新したことを発表した。新しい資源量は総資源量16.7mt、品位:Li2O 1.28%(カットオフ品位:Li2O 0.4%)で、資源量中のLi2O含有量は214.4ktとなり、前回2018年6月の・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

チリ:CORFO、Antofagasta市に設置するリチウム研究所への出資者を募集

 2019年1月4日付けメディア報道によると、CORFOはエネルギー転換、太陽光・太陽熱発電と蓄電システム開発およびリチウムの先端材料開発を目的としてAntofagasta市に設置予定のリチウム研究所(Instituto del Litio)への出資者を募るため、2019年1月31日から主要10か国を訪問して事業説明会・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
サンティアゴ
担当者:
村上尚義

豪:中国・Tianqi社がWA州Kwinanaに建設中の水酸化リチウム製造工場、操業立ち上げ作業を開始

 2019年1月18日付の地元メディアによると、中国Tianqi社が400mA$を投じてWA州Kwinanaで建設している水酸化Li製造工場の第1ステージは、建設がほぼ終了し2018年末から操業の立ち上げ作業を開始した。同社によると、同工場では比較的新しい技術を利用しているため、操業の立ち上げには6か月を要する見込みで・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Alliance Mineral Assets社、WA州Bald Hillリチウム・タンタル鉱山に関し、リシア輝石精鉱のオフテイク契約見直しを発表

 2019年1月15日付の地元メディアによると、WA州でBald Hill Li・Ta鉱山を操業するAlliance Mineral Assets社は、中国Burwill Holdings社の子会社であるBurwill Lithium社が保有していた同鉱山のリチウム精鉱に関するオフテイク契約を、Burwill Lith・・・ 続きを読む
鉱種:
タンタル リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:米Albemarle社、WA州Kemertonの水酸化リチウム製造工場建設のための基礎工事を開始

 2019年1月2日付のメディアによると、米Albemarle社はWA州Kemertonにおける水酸化Li製造工場の建設に向けた基礎工事を開始したことを発表した。この工場は、当初60kt/yの水酸化Li製造能力で建設され、長期的には100kt/yへ拡張する予定である。建設に要する費用は明らかにされていないものの、メディ・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Neometals社、WA州Mt Marionリチウム鉱山の権益13.8%をMineral Resources社とGanfeng Lithium社に売却する契約を締結

 2018年12月21日、豪Neometals社はWA州Mt Marion Li鉱山に保有していた権益13.8%を、豪Mineral Resources社と中国Ganfeng Lithium社に103.8mA$で売却する契約を締結したと発表した。豪州外国投資審査委員会(FIRB)や中国当局からの承認が得られることを条件・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:SQM社、WA州のリチウム探鉱プロジェクトをMetalicity社から買収

 2018年12月21日付の地元メディアによると、チリのリチウム大手SQM社は、豪Metalicity社がWA州Pilbara地域に保有していたLiの探鉱プロジェクトを1mUS$で買収しており、豪州における鉱石リチウム資源への関心を高めていると報じた。Metalicity社は、SQM社にプロジェクトを売却した後も、生産・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:豪州で建設が検討されている資源プロジェクトの総価値の回復が予測される一方で、コモディティ価格の下落が懸念されるとの報告

 2018年12月21日付のメディアによると、豪連邦産業イノベーション科学省が発表した最新の「Resources and Energy Quarterly」では、各企業により豪州内で資源プロジェクトの進行が検討されている「committed projects」の総価値は、2018年の40bA$で底を打ち、2021年まで・・・ 続きを読む
鉱種:
その他 リチウム 鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:米Albemarle社、WA州Wodginaリチウムプロジェクトで建設予定の水酸化リチウム工場のCAPEXを1.6bUS$と推定

 2018年12月19日付の地元メディアによると、米Albemarle社は豪Mineral Resources社とのJVでWA州Wodgina Liプロジェクトにおいて将来建設を検討している水酸化Li製造工場のCAPEXに関し、2bA$以上になるとの推定を明らかにした。Wodgina Liプロジェクトに関してAlbem・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

ポルトガル:政府、2019年にリチウム探査ライセンスの入札を計画

 2018年12月18日付けのメディア報道によると、ポルトガル政府のState Secretary for Energyを務めるJoao Galamba氏は2019年にリチウム探査ライセンスの入札開始を計画していると言及した。2018年9月、Joao Galamba氏の前任者であるJorge Seguro Sanche・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

豪:Kidman社、Mt HollandリチウムプロジェクトのPFS結果を公表し、韓LG Chem社との水酸化リチウムオフテイクに関する非拘束MOUを締結

 2018年12月18日、豪Kidman社はチリのリチウム大手SQM社との50:50合弁会社であるCovalent Lithium社が実施していた、WA州のMt Holland鉱山で採掘・処理したリシア輝石精鉱をKwinanaに建設する処理施設で水酸化Liを製造するプロジェクト(Mt Holland Liプロジェクト)・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:米Albemarle社、WA州Wodginaリチウム鉱山の権益50%買収に関し、豪Mineral Resources社と正式契約を締結

 2018年12月14日、豪WA州Wodgina Li鉱山の50%権益を豪Mineral Resources社から買収することで基本合意していた米Albemarle社は、14日付で買収の正式契約を締結したことを発表した。買収額は1.15bUS$で、買収完了後Albemarle社は鉄鉱石(Mineral Resource・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

ペルー:Cajamarca州・Puno州次期知事、鉱業に関する考え方示す

 2018年12月10日及び17日付け地元紙によると、Cajamarca州のGuevara次期知事は、同氏は鉱業の推進派でも反対派でもなく、あくまでも「発展推進派」であるとしたほか、Cajamarca州は農業や牧畜業の大きなポテンシャルを持つ州であるとコメントした。
 またConga金・銅プロジェクトは過去の激しい争・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
リマ
担当者:
栗原健一

ドイツ・ボリビア:ドイツ・ボリビア、リチウム開発におけるパートナーシップを締結

 2018年12月12日付けのメディア報道によると、ドイツとボリビアは工業用のリチウム開発におけるパートナーシップを締結した。独Peter Altmaier経済エネルギー大臣は、ドイツはバッテリー製造の主要国になるべきだが、生産コストの大部分は原材料に関係しており、ドイツ産業界は産業の遅れを避け、アジアへの依存を減らす・・・ 続きを読む
鉱種:
コバルト リチウム
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸

豪:Austrade、リチウムイオン電池産業の豪州におけるポテンシャルに関する報告書を公表

 2018年12月11日付の地元メディアによると、豪貿易投資促進庁(Austrade)が11日に公表した「Lithium-Ion Battery Value Chain Report」において、豪州はリチウムイオン電池(LIB)需要増大に牽引されたLIB製造の拠点となる「一世一代の」機会を逃がすリスクがあると指摘した。・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Kidman社、WA州Mount Hollandリチウムプロジェクトに関する鉱業権の有効性を巡る訴訟で和解

 2018年12月10日付の地元メディアは、豪Kidman社とチリのリチウム大手SQM社のJVがWA州で開発することを目指しているMount Holland Liプロジェクトに関し、開発の障害となる可能性があった同プロジェクトの鉱業権に関する訴訟に関して和解が成立したと報じた。Kidman社が発表した声明の中では訴訟の・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Tawana社、Alliance Mineral社との吸収合併完了により、ASXでの取引を終了

 2018年12月4日付のメディアによると、WA州Bald Hill Li鉱山を操業する豪Tawana社は、星Alliance Mineral社との合併を完了させ、豪州及び南アフリカでの株式上場を終了した。Tawana社はAlliance Mineral社に吸収合併されることとなり、12月5日からAlliance Mi・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

豪:Fortescue社、豪州の広大な自社鉱区における探鉱に衛星画像解析を利用

 2018年11月30日付のメディアによると、豪鉄鉱石大手のFortescue社は新鉱床発見に向けた有望地抽出のため、最新の衛星画像解析技術を利用している。同社は現在取り扱う鉱種の多角化戦略を進めており、豪州ではSA州、NSW州、WA州などでCu、Au、Liなどを対象とした探鉱を実施している。同社が豪州に保有する探鉱鉱・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム 鉄鉱石
海外事務所:
シドニー
担当者:
吉川竜太

その他:Moody’s、リチウム市場は2020年代初めに供給過剰になると予測

 2018年11月30日付けのメディア報道によると、格付け会社Moody'sはリチウム市場を2020年代初めに供給過剰になると予測した。EVで使用されるリチウムバッテリーの需要増加にも関わらず、2020~2022年にかけて新規リチウムプロジェクトが相次ぎ開始するこため。また、同社では今後10年間で業界構造が変化するとし・・・ 続きを読む
鉱種:
リチウム
海外事務所:
ロンドン
担当者:
ザボロフスキ真幸
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ