閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種: レアアース/希土類

中国:包鋼株式は、北方レアアース集団とレアアース精鉱供給契約を締結

安泰科によれば、包鋼株式の2016年の営業収入額は310.28億元で、対前年同期比37.90%増加した。純利益は前年の赤字から黒字転換しており、8,503.37万元であった。また北方レアアース集団と「レアアース精鉱供給契約」を締結する予定。北方レアアース集団の生産に必要なレアアース精鉱を提供、年間供給量は30万t以下に・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:2016年レアアース集団の利益は継続的に低下、磁石材料企業の業績はプラス成長

安泰科によれば、2017年4月に各上場企業は、2016年度報告書を発表した。4大レアアース集団が公表した年度報告書から見ると、唯一広晟有色の営業収入だけが対前年比21.4%の増加を見せだが、北方レアアース集団、五鉱レアアース集団、中国レアアース集団と中色株式の営業収入額は2015年と比べ減少した。純利益からみると、広晟・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:南方レアアース集団、初めて重希土類酸化物上場価格を発表

安泰科によれば、南方レアアース集団は2017年4月17日、初めて重希土類酸化物価格を公表した。24日には1週間前に公表した価格に対する見直しを行う。関連企業によると、北方レアアース集団を除く他の5社レアアース集団により共同設立した南方レアアース集団が初めて話し合いにより発表した価格で、5大レアアース集団は販売価格をこの・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

豪:Australian Mines社、QLD州Sconiスカンジウム―コバルトプロジェクトの環境ライセンスを取得

 2017年3月2日、スカンジウムを対象とするAustralian Mines社が、QLD州のSconiスカンジウム―コバルトプロジェクトの採掘・鉱石処理に関する環境ライセンスをQLD州政府から付与されたことを発表した。同社は採掘権も既に認可されているため、同プロジェクトの鉱山開発・採掘を行うために必要なライセンスや認・・・ 続きを読む
鉱種:
スカンジウム レアアース/希土類
海外事務所:
シドニー
担当者:
矢島太郎

中国:第3期レアアース国家備蓄は落札

 現地報道によれば、3月28日、第3回レアアース国家備蓄の入札が行われた。
 今回、包頭鉄鋼、中国アルミ、贛南鉱業、広晟、厦門タングステン業、中色株式等の企業が入札に参加した。情報によると、そのうち酸化ネオジム入札価格は約27万元/t、入札数量は220tであった。酸化ジスプロシウム入札価格は125万元/t・・・ 続きを読む
鉱種:
イットリウム エルビウム ジスプロシウム テルビウム ネオジム プラセオジム ユウロピウム ルテチウム レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

豪:Australian Mines社、Flemingtonスカンジウム―コバルトプロジェクトのスコーピングスタディの結果を発表

2017年3月15日、Australian Mines社はFlemingtonスカンジウム―コバルトプロジェクト(NSW州)のスコーピングスタディの結果を発表した。nこれによると同プロジェクトはマインライフの最初の18年間において6億7,700万A$の税引き後のキャッシュフローを生み出すことが見込まれる。また、同社は7・・・ 続きを読む
鉱種:
スカンジウム レアアース/希土類
海外事務所:
シドニー
担当者:
山下宜範

中国:包頭レアアース取引所の取引量増大

安泰科によれば、2017年1~2月の包頭レアアース取引所の取引量は、対前年同期比7.45倍増の1.94万tであった。n過去1年間で、レアアース取引所で取引を行った業者は当初の56社から1,450社に増加し、会員は一般企業9社、仲介企業8社、貿易会員企業121社となった。取引業者が増えたことによって、取引が活性化し、取引・・・ 続きを読む
鉱種:
イットリウム ジスプロシウム ホルミウム ルテチウム レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:2回目のレアアース国家備蓄における入札終了

地元報道によれば、2017年1月19日、2回目のレアアース国家備蓄における入札が終了した。入札数は2,000t余りである。
今回、中国アルミ、贛南鉱業、広晟、中色株式、厦門タングステン業が入札に参加している。そのうち酸化プラセオジム・ネオジムの入札価格は26万元/t、入札量1,300t。酸化ユーロピウム入・・・ 続きを読む
鉱種:
ジスプロシウム テルビウム ネオジム プラセオジム レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:中国五鉱集団、大規模レアアース企業集団設立の審査通過

安泰科によれば、2016年12月27日、北京にて中国五鉱集団公司のレアアース集団の設立作業に対する審査会議が開かれた。審査専門家チームは五鉱レアアース集団の設立状況説明を聞き取り、関連資料を審査した後、五鉱レアアース集団をプラットフォームとして大規模レアアース企業集団の設立作業に関する審査は認可された。 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類 亜鉛
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:レアアースの国家備蓄実施により業界内の供給過剰問題を緩和か

安泰科によれば、レアアースの国家備蓄入札募集会議が12月13日に北京で開かれた。酸化プラセオジム、酸化ネオジム、酸化ジスプロシウム等商品が落札された。合計1,400t余りが取引された。そのうち酸化プラセオジム・ネオジム及び酸化テルビウムに関する入札は中止となった。酸化プラセオジム・ネオジムは入札募集数が最も多い製品であ・・・ 続きを読む
鉱種:
ジスプロシウム テルビウム ネオジム プラセオジム レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

中国:8部署、レアアース業界の取締を再度実施

現地報道によれば、中国工業情報化部、公安部等8部署は再度連携し、2016年12月から2017年4月までに国内レアアース違法行為取り締まり特別行動を行い、レアアース違法採掘、“総合利用”という名目による違法鉱産製品の加工行為に対して厳しく取締り、レアアース製品取引の規範化を徹底的に実施し、低価格によるレアアース製品の輸出・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

ベトナム:中国・盛和資源、レアアースのVREX社を買収

現地報道によれば、盛和資源は、持株企業におけるVietnam Rare Company Limited社(ベトナムレアアース有限公司、以下VREX社)買収の進捗状況を公表した。nttttt盛和資源傘下の持株子会社である楽山盛和レアアース株式有限公司の全額出資子会社である盛和資源(シンガポール)有限公司(以下シンガポール・・・ 続きを読む
鉱種:
レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

豪:Scandium International社、NSW州Nynganスカンジウム鉱床の開発許可を州政府から取得

2016年11月10日、カナダのトロント株式市場に上場しているScandium International社が、権益80%を保有しているNSW州Nynganスカンジウム鉱床の開発許可を州政府開発・環境省から取得したことを発表した。同社は同鉱床の開発に関する環境影響評価書を2016年5月に州政府に提出・・・ 続きを読む
鉱種:
スカンジウム レアアース/希土類
海外事務所:
シドニー
担当者:
矢島太郎

豪:Australian Mines社、2つのスカンジウムプロジェクトを取得する契約を締結

2016年10月10日、豪州の上場企業Australian Mines社(Australian社)が、NSW州とQLD州のスカンジウムプロジェクトをそれぞれ取得する契約を締結したことを発表した。 一つはJervois Mining社(Jervois社)が100%の権益を所有している・・・ 続きを読む
鉱種:
スカンジウム レアアース/希土類
海外事務所:
シドニー
担当者:
矢島太郎

豪:Clean Teq社、NSW州Syerstonニッケル―コバルト―スカンジウム鉱床のPFS結果発表

2016年10月5日、豪州のClean Teq Holding Limited社(Clean Teq社)が、権益100%を保有しているNSW州Syerstonニッケル―コバルト―スカンジウム鉱床のプレFS(PFS)結果を発表した。n PFSでは、資源量1億900万t(Ni 0.65%、Co 0.10%・・・ 続きを読む
鉱種:
スカンジウム レアアース/希土類
海外事務所:
シドニー
担当者:
矢島太郎

豪:Scandium International社、NSW州Nynganスカンジウム鉱床のDFS結果を発表

2016年4月18日、カナダのトロント株式市場に上場しているScandium International社が、権益80%を保有しているNSW州Nynganスカンジウム鉱床のDFS結果を発表した。DFSにより、同鉱床がスカンジウム酸化物(98.0~99.9%)を年間37,690㎏生産することが可能との・・・ 続きを読む
鉱種:
スカンジウム レアアース/希土類
海外事務所:
シドニー
担当者:
矢島太郎

ロシア:Rosatom社、投資プロジェクト「Dalur社のスカンジウム随伴生産」への資金提供を決定

 2015年8月24日付け地元報道等によると、Rosatom社は投資プロジェクト「Dalur社のスカンジウム随伴生産」への資金提供を決定した。プロジェクトで最も重要なのは生産基盤の存在である。地下資源からのスカンジウム回収はウラン回収と併せて行われるため、スカンジウム精鉱生産には、ウラン生産企業の主要生産棟に接続する小・・・ 続きを読む
鉱種:
スカンジウム レアアース/希土類
海外事務所:
モスクワ
担当者:
木原栄治

中国:中科三環、日立金属と合弁企業を設立予定、ハイレベルネオジム鉄ボロン合金磁石材料市場に注目

 現地報道によれば、中科三環は、日立金属株式会社(以下、日立金属)と「基本協定」を締結した。両社は中国国内で性能の高い焼結鉄ボロン合金磁石材料の製造を目的とする合弁企業を設立する予定。日立金属または日立金属傘下の在中国企業が、合弁企業の過半数以上の株式権益を単独または共同で取得することを前提条件とする。 中国で工場を設・・・ 続きを読む
鉱種:
ネオジム レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
森永正裕

ロシア:カザフスタンと合弁によりスカンジウム酸化物生産へ

 2014 年3 月5 日付け地元報道によると、Uranium One Holding N.V.(Rosatom傘下、略称U1H)及びIntermix Metは、カザフスタンの国営原子力会社Kazatomprom社と共同で、カザフスタンのウラン採掘企業におけるスカンジウム精鉱生産と、その後の処理を行う。 当初はスカンジ・・・ 続きを読む
鉱種:
スカンジウム レアアース/希土類
海外事務所:
モスクワ
担当者:
木原栄治

中国:レアアース産業協会、軽希土の生産指令性計画を次第に拡張し、ランタン・セリウムの輸出割当の取消を提案

 安泰科によれば、2013年8月8日、包頭市で開催された第5回中国包頭レアアース産業フォーラムで、中国レアアース産業協会の馬栄璋秘書長は現在のレアアース産業の現状を説明し、闇の産業サプライチェーンが横行する理由及び業界内に存在する重要な問題について詳しい分析を行い、レアアース産業の健全かつ持続的な発展をいかに促進するか・・・ 続きを読む
鉱種:
セリウム ランタン レアアース/希土類
海外事務所:
北京
担当者:
篠田邦彦
チェックを付けた記事をまとめて印刷
ページトップへ